SATIAN/39 -廃墟の影片-

廃墟/旧ソ連/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル写真ブログ。

湯原ロープウェー/ご

本日にて、湯原ロープウェーさん、らすとで御座います。わしわし緑生す長い道、「本当にあるのかなー」と若干の不安と大きな期待を抱きもしもし踏み締める歩。あってよかったロープウェーさん。こちら、山頂と、もうかたっこ、あるのですが、もうかたっこには行きませんでした(すけじぅるの都合上…嗚呼なのでもうかたっこは、情景探索記のponichiさんにお・ま・か・せ(はぁともう、声を発する事の無い此の場所で。物言わぬ貝は何...

2009
16

湯原ロープウェー/しの

山頂から望む静寂に馳せる杜若の想い。杜若のヨヲコ/参そしてヨヲコは、彼の前から消えた。畳に投げ忘れた囓り欠けの林檎飴。戸棚に忘れた残り49枚のオブラァト。卓上に忘れたハリマヴァイオリン。枕に忘れた、白檀の薫り。其れ等は夢幻で無かった事を否定してくれる。だが、肯定もしてくれない。何処に、いてもヨヲコは愛された。何処に、いてもヨヲコは孤独だった。孤独なヨヲコは、孤独に果てた。そう言えば何時だったか、あの...

2009
12

湯原ロープウェー/さんの

山頂から望む静寂に馳せる杜若の想い。杜若のヨヲコ/貳熊って、冬が来る前に松脂を沢山食べるの。そしてたんまり腹が膨れる程食物を喰らうの。冬眠の準備なんですって。ふふ、私、たんまり食べるならふわふわのシフォンケーキがいいわ、冬眠している間に間違って飛んでいきそうじゃない。ヨヲコは彼の眼鏡を大層気に入っていた。ロイド君。彼の歳相応で無い鼈甲の丸フレームを嬉しそうに摘まみ、ヨヲコはコロコロと笑った。でも、...

2009
11

湯原ロープウェー/にい

山頂から望む静寂に馳せる杜若の想い。杜若のヨヲコ難くなに信を貫く椿の葉のように、ヨヲコのG線は高らかに響き渡った。ヨヲコ自身は其の華椿、たをやか且つ孤高の美熄。ヨヲコはまるで余命幾ばくも無い夕凪のような少女だった。曉には、為れないの。ヨヲコは言った。朝焼けは、いつだって残酷よ。蝌蚪も読めぬヨヲコの奏でる音は金糸雀の一啼よりも伸びやかなフラジオレット、水牛の叫びよりも力強いビブラート、金色の王者の行...

2009
10

湯原ロープウェー/いち

ぬぎっぱなしやりっぱなし、ぱなしの国の女王様ははだかのままどこかへ飛び去ってしまいましたもいもいと飛び去った先は、ただならぬもりもりおはようゆはらさん、こむにちはですよ某情景探索記の某ponichiさん(バレバレです)が湯原ロープウェーをのっけていたので、あちしも、まねっこどんどん。クロスプロセスの湯原さんはこれだけです。続きは、また明日。...

2009
09