SATIAN/39 -廃墟の影片-

廃墟/旧ソ連/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル頽廃放浪記。

2012
11
2012
07

蒼に、堕ちる

闇より深い蒼に堕ちる煌めく星々烈の瞬き...

2012
06

松尾鉱山 薨去 伍

光華断つ白夢霧、自制亡き巨躯、蒼白に揺らぐ墓標と化す招かざる冥府の来客、迎え撃つ無音の皇終幕...

2010
18

松尾鉱山 薨去 四

真白の深淵に揺蕩い流る泪、導亡き墓標は黒檀と問われる地を這う言霊六花に埋もれ続...

2010
17

松尾鉱山 薨去 参

静寂の風琴が吹き落ちる彼の地に道標は果て、古に沈みゆく奉霊続...

2010
14

松尾鉱山 薨去 弐

想いは白妙と共に消えゆく熒火の如く続...

2010
13

松尾鉱山 薨去 壱

一色無幻の灰音に佇訃音を告ぐ、久遠の絆断と共に続あえて冬にしてみるのよさぬ北海道レポは、間に挟みながら…...

2010
12

さよならまつおちゃん 六

過去を見据え胎動を抱き指先で感じる心を辿り明日へと続く久遠の旅路にほんブログ村にほんブログ村...

2010
23

さよならまつおちゃん 伍

愚にも付かぬ愛想笑いよりも、足音立てぬ滑らかな上の空を。白菫のヨヲコ。一月早かったが、壱拾六の祝いにと彼はヨヲコにアールヌーボー調の金細工を施したミーアシャムの環を贈った。冬生まれのヨヲコに似つかわしい白妙を湛える覗き込むもの全てを真白に吸い込んでしまいそうな、環だった。ヨヲコは曖昧な表情の儘、環を左薬指にはめた。ぴったり。ぽつりと呟き。有り難う、ナトリさん。有り難う。ヨヲコが嬉しいのか哀しいのか...

2010
18

さよならまつおちゃん 四

二重の羽衣軽やかな板飴をパリポリと、移ろう睛瞬かせヨヲコはかじる。そうだ、ヨヲコは飴もよく好んだ。彼はよとヨヲコと丘陵の上白い風車を見に行った。そこでもヨヲコは板飴をかじった。水筒にたっぽり冷やし飴、冬は其れを人肌に温め。肉桂の薫りが彼女と彼の唯一の繋がり。ヨヲコに他の周防の匂いは薄々感じていたが、彼は此れといいヨヲコを責める事は無かった。夢から醒めた時、其れは全て終わるだろうと云う事を、彼はよく...

2010
17

さよならまつおちゃん 参

白菫の鏡面世界。彼は、ヨヲコ程多面的な少女を他に知らない。佰も千も億すら越えて、ヨヲコは何処にもいなかった。ヨヲコは悉く餡菓子を好んだ。金鍔、石衣、羊羹。ヨヲコは彼によくカステイラを焼いた。南蛮よりもハイカラ風味、楓蜜と月桂樹の隠し味。珈琲と食べて。オオヤミノルじゃないと嫌よ。本物より本質を知りなさい。年に相そぐわない軽やかなダンディズムとも取れる装いを知るヨヲコは魔性だ。本人死して知らずの計算霧...

2010
16

さよならまつおちゃん 弐

墓標は硝子、卒塔はアルヘイ、華には紫陽、其の言の葉堪えるは。ヨヲコは莫迦だね。彼は云う。眸に紺碧を湛え潤みに一葉、シュミィズから伸びる幽の細足で絡むヨヲコ。莫迦で結構、馬でも鹿でも無いんでしょう。だから、莫迦なんだよ。彼は亦、云う。解れ掛け生成のトーションレースを手わすら、ヨヲコはむくれる。あなたは夏野菜に日照りる蟷螂よ。九醒宮の常しえ、醴千酩の築きし楷書のよふな芯強きしなやかさ。激流に崩れぬ緩流...

2010
15

さよならまつおちゃん 壱

……2009年。参回、足を運んだ、まつおちゃん。男はね、引き際が肝心なの。しつこい男は嫌われるわよ。………好きです!!暫し続く。にほんブログ村...

2010
12