FC2ブログ

SATIAN/39 -頽廃放浪記-

廃墟/旧共産圏/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル頽廃放浪記。

TOKYO 2015

スキマミユ...

2015
05
2015
22

いつかみたむこうがわ

臓物ぶちまけるまでぶん殴れ、サンドバッグ3時33分33秒首都高速7号小松川線...

2014
06

ABONNU

國から海を越え遥か遠くへ行っている筈なのに、どんなに遠くても遠くても遠くに行ったと云う実感が、しない。常々思う事だけど、真の旅とは外なるものではない、内なる旅こそが、旅であるのだ。と。今年の夏空は例年に比べ低いような気がする。1年で一番空が高いのは秋だけども。なんでだべね。取り敢えずマンゴーがおいしいしろくまを食べよう。...

2014
20
2014
19

オムライス

この仕事が終わったら…俺…写真撮りに行くんだ…(死亡フラグ初めて一人旅をした時、暫く西成のホテルに泊まって辺りをほっつき歩いていた。その時(迷子になって)偶然通りがかり、ふらっと入った南自由軒で食べたオムライスの味が忘れられない。あの感動も。…が、なんと南自由軒が2012年の暮れに閉店したと、一昨日知った…創業90年の老舗洋食店がついに…。ショックを隠せなかった…が。昭和町駅前で三代目が別なお店を開いてい...

2014
08

夏の幻 11

にゃほにゃほたまくろーはいぱーもいもいはいきょ以外で何を撮っていますか、はいきょ以外のボロいのとか寂しい景色とかしんしょう写真とかどーぶつとか、あとコソコソ男子撮っていたりします。表に出さない写真が殆どですが。モデルさんとかじゃなくて、身近なアジノアル男性をこう、カショカショと。こやつは、いいですね、何がいいって手が最高の造形美。この人の手に勝る手は無いと思った。本当、切り取って持って帰りたい位(...

2013
06

夏の幻 10

どうでもいいハナシ。“アタイ”と云う一人称について。大体の人に「なんでアタイなの?」と突っ込まれる。普通使わないよね、と。うんそうだよね、アタイもリアルで使っている人、地元の友達とこっちだとおねぇ系にーちゃんとオカマさんしか知らない(笑「アタイはアタイだからアタイなんだよー」「気がついたらアタイだったんだよー」とは、言っていたけど、3ヶ月程前唐突に思い出した。ヒロコだ。ヒロコと仲良くなってからだ。6...

2013
02

夏の幻 9

夢から醒めなくてもいいなら、私はずっと夢を見ている方を選ぶだったっけか初めて聞いた時、ああ、そうだな、そうだよな、とまともな青春送れなかった高校時代それでも夏の味だけは、スンと通り抜ける炭酸ラムネみたいに何処か愛おしいものだったような失った時間と云うものはきっと美化されている、くそくらえだ嘘だけど言い訳を虚構の優しさで包み込んで自己肯定するのも今となっては遠い遠い昔の事のように感じる...

2013
26
2013
14

夏の幻 7

うにとレバーと砂肝と。おっさんにはキャベツだけあげるよ。...

2013
10

夏の幻 6

ピンク色のクリームソーダはお色気むらむら...

2013
08

夏の幻 5

エチオピアのカレーにガスター10はちょめこ太刀打ち出来なかったよ...

2013
06

夏の幻 4

結局いかなごは2/3を炒飯にしてしまったよ余りにもそれが旨過ぎたのだよ...

2013
05

夏の幻 3

一度腰が砕ける程電気ブラン飲んでみたいけどその前に死ぬよね...

2013
04

夏の幻 2

今ではアタイの方がキャベツばっかり食べているよ...

2013
02

夏の幻 1

隣の店のメンチカツがすんごい悩ましげだったなぁ...

2013
01

不可解なこの鉛色の空の下、猫は俯きホゥホケキョ

嗚呼、きっと、ただただに、悲しいんだ...

2011
28

あすもみえぬぼくたちへ

201005xx鵐に濡れるは頬か枕か虚構の権化、黒い鋼鉄は全てを打ち砕いた全てに意味があるだろうと云う事に、この時はまだ気がついていないそんなもん。201006xx少しだけ眠たい身体と重たいまぶたをこすりながら、理由も無く取った有給は、未だぼんやり硝子玉寒くも暑くもなかった気がする過ぎ去る嵐の虚無感201007xx重ねるは肢体か行為か、はたまた嘘か真夏の夜、露草の香りコンクリートは無機質な肢体最初から希望等持たなければ、...

2010
30

夏の幻

こけこっこーぽえーんバイクで風を切れ暑い日差しも照り付く太陽も忘れ白い肌を焦がすに任せ戻れやしない、夏の幻...

2010
25

続 ・ 人 間 砂 袋

「それ」がなにかと知ったのは、13歳のある日ある時ある曜日でした。白い粘膜はただただの情欲でした。...

2010
21

人 間 砂 袋

ぺいんと・ぺいんと・ぺいんと・いっと・ぶらっくおやまのてっぺんでやっほー「やっほー」ぶっころすと云う意味の地球語と教えてくれたハイレグにゃんこは、今日も僕の脳内でダダ漏れビザール「こんな日はマンホール、穴ですね」デルモブスは産業廃棄物...

2010
18

大黒ふ頭

ゆうぱっくが届かない犬犬犬犬猫猫猫猫犬犬犬犬猫猫猫猫犬犬犬犬猫猫猫猫何も無い晴れ空広がる満月月夜が小憎たらしく「嗚呼何故、今日自分は此処にいるのだろうカメラも持っていなくフィルムは野菜室、何故に故故環七通りを歩いている」精一杯の嘘笑い、憎悪を堪え出る言の葉美しい事と言ったら硝子の瞳に乾杯です、嗚呼そうとも完敗だ一体幾つの名前を持つ気だね嗚呼、此処ではそうだねなんちゃらちゃん此の時代、「300」で人生...

2010
05

モドラナイ

もどれない。...

2010
03

あの日あの時あの場所で、家にも帰りたくなかったから駄々こねたんだ

あーーーーーーーーーー時間、無い無い。モツ鍋食べようぜ<誰か...

2010
08

続・マエカブ

前略、マエカブ。マエカブよろしく顔面エロス日本代表五本松。お風呂いっぱいにね、お湯を張ってね、そこに、ゼリーのモトを入れてね、あ、メロン味がいいな、きれいな、グリーン、そこに、女の子入れて固めて、そのゼリーを少しずつ舌で掬い取って、食べるのが、僕の、夢。マエカブよろしくほろ酔い営業職は社内トルコよろしく枕で客を取る奴さ。ああ、代理店?そうだな、イノツカさんは云う、中指突き立てて心から死ね。俺は仕事...

2010
12

ハシレナイ

最近作ったもの:ゴーヤチャンプル浅漬けアボカド春巻き福島の郷土料理パッタイガパオオムレツオムライスよくわかんないけどピザ味のうまいパスタ生姜の味噌汁...

2010
08

マエカブ

マエカブよろしく当社の科学キッドは、歩く公然猥褻よろしく通称ビッグ・ボーイ。ビーツの赤黒輪切りは肉厚、そんな小さな口でくわえられんのかよ佐々木ヒトエ。マエカブよろしくAD候補芥川君、少しは謹みなさいファッキン・アスホール。ネンネテンテンの桃尻抱えて今日もひよこのおさんぽかわいいわね。鼻で笑うわ。マエカブよろしく時雨時二哭ク孤高の乙女ハスヌマちゃん。三角関数は四角革命を起こしませんでしたよ三角関係。此...

2010
25

アナ

こっこね、できたの。彼女は、云う。ほしい?と、彼女は聞く。円さな眸に見つめられると、僕はいつも、なにもいえなくなる。いらない、そんなもの、君じゃなくなるものなんて、なにもいらない。...

2010
12

ハリアナ交えつつ雑記でも

12日。参加させて頂きました12展が、無事、終了致しました。いい夢見たような、気がします。今までブログでしか知らなかった人達に、ああ云った形で交流を取るのは初めてで、嗚呼なかなか、お話し等出来なくて色々すみません…とても、楽しかったです。参加者様のお写真のレベルの高さに…恐縮しっぱなしでした。また何かの機会がありましたら…是非…よしなに…。2009年総括な、雑記でもぶつぶつと…たまにはな廃墟以外の、写真とかぶつ...

2009
21