SATIAN/39 -廃墟の影片-

廃墟/旧ソ連/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル退廃放浪記。

隣ノ街ノ、ハカモリサン

終雪は命と代わりて幸畑陸軍墓地。明治35年冬、青森歩兵第五連隊210名が八甲田山雪中行軍に失敗して199名もの犠牲者を出した山岳遭難事故・八甲田雪中行軍遭難事件。雪中行軍に参加した兵士の墓標、墓碑が連なる。多行松と桜に囲まれ、八甲田山を望む。春にはまだ早い春分の日だった。...

2016
21

墓石の墓場 - Tombstone Gestaltzerfall -

爾時千世界 微塵等神も仏も無い世界墓地の墓地。墓石の墓場。そんな言葉がしっくりと来る。今、全国各地で墓石の不法投棄が相次いでいる。過疎化の進む地方から始まった墓の無縁化、参る人間がいない無縁墓の急増。通常、不要となった墓石は運搬業者に引き渡し処分場へ運ばれる。処分場で墓石は細かく砕かれ、道路工事用の砂利などとして再利用される。費用は1トン5,000円〜1万円。悪質な運搬業者はこの支払いを渋り、石材...

2016
14

END OF SUMMER INVADERS

Do Invaders Dream of Mechanical Doll ?...

2015
13

TETOLA 2009 / 2

二十歳で死んだロック・スターがいた。彼は死して『英雄』となった。奴は言った「ハタチでしにゃ英雄になれるってんなら、俺は今すぐでも死んでやったさ」ハタチで死んだら英雄。自殺なら英雄。他殺なら同情お涙劇場。事故ならうつけ者。エイズならアスホール。同じく奴は言った「45歳でセミ・リタイア、糖分の海に溺れて死んでやる」馬鹿なんだねー。近しい昔の遠い笑い話。奴の遺影は、清々しい程舐め腐り切っていた。モノクロー...

2009
04

TETOLA 2009

父には、姉がいたようだが、一人っ子だと何故か言い張る。祖父祖母親族誰に聞いても首を横に振る、「姉」の存在。きっかけは、偶然書斎で見つけた一枚の写真からだった。其の「姉」は、不敵に笑う。朽ち果てた煙突の天辺、両手を広げ片足立ちでケラケラと。太陽に届きそうなその笑顔から、写真から、甲高い笑い声が聞こえてきそうだ。書斎の奥に隠された、古いアルバム。廃墟写真。「姉」であろう女性の、ポートレィト。「姉」はど...

2009
03