SATIAN/39 -廃墟の影片-

廃墟/旧ソ連/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル写真ブログ。

東京爆心地 ~初夏の幻~

そういえば次で最後ですと言いながらずっと載せていなかった、電波住宅の続きを…前にアップしたものども…東京爆心地 ~ほっこり~東京爆心地 ~ぬっほり~東京爆心地 ~げっそり~東京爆心地 ~まっほり~東京爆心地 ~むっふり~しかし、この前千葉県某所をうろうろしていたら、これまたヘビィな電波住宅(ゴミ屋敷)を発見しました。(電波住宅は、ここではゴミ屋敷の類いとしております)集めに集めた山のようなガラクタの...

2011
28

東京爆心地 ~むっふり~

呪い、と云うものは。念、との勝負といいます。よく、呪いをかける時、「知られてはいけない」、と聞きます。が、そうでも、ないみたいです。と、まぁプロでもないので言いきれませんが。こう云う狂気に取り付かれた人物なら、さぞかし強い念を持って呪えるだろう、いやいやいやとんでもないプロセスを理解しないだろうから到底呪いだなんて……分かりませんけどね。どんな人物かも、分かりませんから。知りません、知りません知れば...

2011
30

東京爆心地 ~まっほり~

とりあえ。ず。裏手に回ってみる事にしました。弛み無き裏切り無きクオリティですね。なんだかやたら火に怯えているようですが、ゴミ屋敷の類いって、家にワシワシ小汚いの色々溜め込んでそこからよろしくないガスがもりもり発生していそうですね。よく燃えるのかな。かな。電波 vs 街の図式のようです。続く。...

2011
29

東京爆心地 ~げっそり~

こちら、入り口の、上で御座います。黄色い縦長の物体は、どうやら靖国神社のオフダのようです。何故、黄色い紙?で包んで?る??英霊達も涙目です。パッチワークみたいですね。容赦無くナンバー晒し上げです。慈悲の欠片もありません。一体何の襲撃から身を守っているのか分かりませんが、やっぱり何処を見ても狂気なのです。近隣住人の方々は、普通(?)に暮らしてはいるのですが……近づくと、なんか、ね、くさい、んですよね。...

2011
27

東京爆心地 ~ぬっほり~

こんにちは、新世界。僕にはなにがなんだかわかりません。や。世に言う。電波住宅と、カテゴライズされる住宅が、この世界にはあります。いつ、どこで、だれが、始めたのかは知りませんがとりあえず狂気ただただその二文字に限るのではないかと思います。アンパン禁ジャムおじさん涙目です。まだ続くかもな予感。...

2011
26

東京爆心地 ~ほっこり~

ある日ある時ある曜日。初夏の頃太陽きらきら晴れの日に。今日も僕はカメラを片手にワンデルングよろしくまちさんぽ。きもちいいなぁー。その日僕はとても気分がよかったのでキチガイの家にいました。ちょっと続くよ。...

2011
25

/Uninstaller

月下は白埋み雲海の如く、真昼の輝きを闇に映し道標も無い侭船は漕ぎ出す顔すら見せず、無言で立ち去るのだ...

2010
04

スカイツリーで魚眼&ティルトでシフトしてみた 続き

前回ぬるんした続きですん。(前回の→★☆★)違う角度でぬるぬる攻めてみました。みにちゅあーんなスカイツリーさん。と云うか建築現場。いいですよ、ぬ、こう云う、ガリガリしたものもの。大好き。小学生の時は、建築途中のなんかや、建築放棄のなんかや、解体放棄のなんかや、思い返すと、そんな所でよく遊んだり、秘密基地にしたり、していました。秘密基地は、ある日近所のガキに「おめー何やってんだ!」と喧嘩ふっかけられ、やり...

2010
15

スカイツリーで魚眼&ティルトでシフトしてみた

イロモノレンズが大好きです。こんにちは、星野です。3月の暇な日曜日、近所のお友達に「暇だからどっかいきましょー」とお声かけ、建設絶賛ぬるぬる中のスカイツリーさんに、お会いしてきました。ぬるん!…でかい。いやはや、京葉道路を爆走している時から思っていたけど、思いの他、でかい。この時確か、334m位迄出来ていたのかな。それがまだ倍近くもりもり伸びると云うのだから正気の沙汰では、無いですよぬ。えろいおまた…ハァハ...

2010
28

奈良少年刑務所

奈良公園近くにある、煉瓦造りに漢を感じる刑務所さん。これまた近くにある、釜飯屋の釜飯が、とっても美味しいのです。此処は、明治41(1908)年に7年の歳月をかけ奈良県監獄署として完成しました。建築家・山下啓次郎が手がけた明治の五大監獄と呼ばれる監獄の一つです。現存するのはここと千葉……のみだったはずです。...

2010
20

東京23区内・ゴミ屋敷(…人、住んでたよ…※2010年、確認)

被写体の「美」としてはともかく。都会のド真ん中に、廃墟が御座います。しかも、ゴミ屋敷。裏道をコソコソと行った所に、あるのですが。…絵に描いたようなゴミっぷりです。いきなり現れるものだから吃驚します。この町にお世話になるようになってかなり長いのですが、全然気がつかなかった。びっちり、溢れまくっております。居住者は現在いないようで、ゴミも真新しいものが増えた形跡は御座いません。裏手に廻って撮ったもの。...

2009
13

軍艦マンション・其の弐

先日の続き、軍艦マンションのお写真。2006に取り壊す、2007年に取り壊す…と聞いていたものの今だ健在のこの物件。居住者の方も少ないながらおりますし、1階には会社さんが入っているようなので、また取り壊さないのかすら。しかし、ネットでマンションを覆ってある事から、やはり建築物としての寿命は、刻々と近づいているのでしょう。でっかいゴッキーに出くわし叫びそうになりまし…Gコワイ…扉を開けると、そこは不思議の町でし...

2008
04

軍艦マンション・其の壱

東京都新宿区。大久保韓国街。…を。抜けたその先に。一際異形なマンションが御座います。その名も・通称軍艦マンション。正式名称・ニュースカイビル(旧 第3スカイビル)。設計者。昭和を駆け抜けた天才・渡邊洋治。大日本帝国海軍出身の建築家で、建築物にその名残を見出す事が出来ます。狂気の建築家、異端の建築家…とも呼ばれていたそうです。威圧感のあるまるで鉄のようなマンション。一見、人によっては不気味にも見えるかも...

2008
02

某ハイツ

先日、1年ぶりに足を運んだ千葉県某所にある廃アパートかと思っていた某ハイツ。 2年程見てきたがその間人の気配もなく朽ち果てているがままだったのに、久々に行ってみると1階に居住目的か何かしらの営業目的かしらないけど人がいました。 おや? ん、まぁいいや。 準廃墟(笑)を一通り眺めて次の物件に行くとでもするか。 中に入れないのは残念だけど、立派に廃墟みたいですよね。 この日もアナログ一眼。ハイキーな仕上がりで...

2008
24