SATIAN/39 -廃墟の影片-

廃墟/旧ソ連/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル写真ブログ。

視覚崇物症患者 5

完廃墟に魅入られた視覚崇物症患者達の旅は、きっとまだまだ暫く遠く、終わらない。僕らはこれからも、病気だ。...

2012
27

視覚崇物症患者 4

続もうすぐクリスマスも終わりの時間帯ですね。当方は、弟が小学校卒業する迄、サンタさんが枕元にプレゼントを置いてくれておりました。弟が中学に上がってからは、直接手渡しで(笑)。小学一年生の時、サンタさんに「四次元ポケットが欲しいです」とお手紙を書いて、わくわくしながら25日朝、枕元を見ると置いてあるのは手作りケーキ作りキット(あの、抜き型やらトッピングやらが沢山ある、幼女向けのコテコテ可愛いファンシー...

2012
25

視覚崇物症患者 3

続「新しい建物を作り古い建物を壊す人間の立場から言うと、君たちは可笑しいよ」「そりゃ、“かっこいい”と思う気持ち、建築美が分からないわけじゃない、けど、立場上否定しなければならないんだよ」まぁ、色々、あるよね。廃墟に抱くはフェティシズム、視覚崇物もまた一つであり。「どうせなら、廃墟と云う“新しい建物”を作ってよ。ほら、あれ、クリスマスプレゼントだ」「それは無理だよ!」...

2012
23
2012
21

視覚崇物症患者 1

続……先日、こちらが解体されましたと聞きまして、当方悲しくて悲しくて仕方がありませぬ…願わくば今一度相見えたいと考えてはいたのですが…ちょろり駆け足の撮影だっただけに、悔やまれます。廃墟とはナマモノである。改めて、最近復活した(!?)と朗報の入った某氏のお言葉が蘇ります。...

2012
19