SATIAN/39 -廃墟の影片-

廃墟/旧ソ連/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル写真ブログ。

千と千尋の神隠しで、豚になったお父さんが食べていた謎のプルプルちゃん

台北を代表する観光地のひとつ・九份。ここは、千と千尋の神隠しの舞台のひとつである。赤い提灯が並んだ何処か懐かしい町並みは、インターネットや旅行雑誌などで数多くの日本人が見た事があるに違いないだろう。私も心躍る大好きな場所の一つで、台湾に行った時は毎回足を運んでいる。この日は途中から天気が崩れ、九份に到着する頃には土砂降りの雨の夜になった。が、これはこれで、趣き深い。今回、初めて食べた食べ物がある。...

2016
13

士林夜市へ、ふらふらと吸い寄せられた夜の事。2。

やっぱり、小籠包は外せないよね。と云う事で小籠包。豚肉のと海老のと、両方注文。どっちも美味しかったよ!臭豆腐は、私が大好きな、台湾の食べ物の中で1、2番を競う程好きな食べ物だったりします。が。美味しい。けど、こんなに臭い臭豆腐、初めて食べた…って位、ここの臭豆腐は臭かった。いや、名前が臭豆腐なんだから、臭いのは当たり前なんだけども。同行者の一人は拒絶反応しか示していなかった。もう一人も結構拒絶して...

2015
14

士林夜市へ、ふらふらと吸い寄せられた夜の事。

やっぱりその日も、相変わらず、食い倒れておりました。MRT剣潭駅前の臨時用地から、リニューアルが済んで以前の場所に戻りました。途中から雨が降ってきたけど、まぁ、よいよい。雨の中、傘を差さずに踊る人間がいてもいい。自由とは、そういうことだ。って、ロジャー・スミスも言ってた。やんぐごーごー。地下の美食区、何を食べようかクルクルします。[ 続 ]...

2015
13

またふらり、と。

懲りずにふらり、と。此処の大根餅と牡蠣オムレツが、美味いんだっけ。魯肉飯には目玉焼きも乗せて貰い。その辺に座り込んでビールやらと一緒に。またふらふらと、出掛けよう。夜は更ける。...

2015
12

夜が明ける

何を喰らうても美味いこの国。色々と落ち着いたら、難しい事は何も考えずぼーっと喰っちゃ寝しに行く為だけに、足を運びたい。...

2015
01

提灯も消える頃に

散々歩き疲れ、現地のアマチュアカメラマンと一緒に撮影した後車に乗せて貰い目的地へ。無事友とも合流を果たし、空いていた唯一の飯店にて飯を喰らう。それがなんと美味い事か。容赦なくデザートも流し込み、黄砂によりもんやりと霞む夜景を横目にほっと今ある平和に一息を吐く。...

2015
30

腹が、減った。…西門町へ行こうか。

そんなわけで、西門町です。炒飯を焼く勇士に惹かれホイホイ店内へと吸い込まれます。ご家族で団欒の一時を過ごされる方々もいれば、座るだけで注文も取らず、何故か鞄の中からデンデン太鼓を取り出し鳴らし始める不思議な男性もおれば…まぁま。まずは牡蠣の麺線から。外さぬ美味しさ。牡蠣の新鮮さ故に成せる。見惚れ焦がれた炒飯。特別格段に特殊、と云う訳ではありませんが、やはり美味しい。パラリと炒められた軽やかなご飯、...

2013
07

台北、やはり裏路地と牡蠣と大根餅と。

裏路地がどうも堪りませぬ台湾。極限迄建築物や物々を使い倒すその精神、脱帽。こちらのお国のルンペンさんは、どうも移動式ハウスを持たないようです。日本より放浪心地は良いのでしょうか。丁度そう遠く無い日、台湾で高校生2人がホームレスの男性に、自分たちの糞尿を混ぜた飲料をかけるという事件が発生しましたが…台北市西門町、その現場付近です。何にせよ、同じく問題は抱えていそうです。少し歩いたら、何やらまた魅惑のカ...

2013
16

台北、裏路地と猫と臭い豆腐と。

前回の台北プラリの続き。なかなかに肝っ玉の座った猫さんと暫し戯れ、うろりうろりと。都市化が年々進んでいるとは言え、使い込まれたとことん使い倒されているような素敵な建築物がわさりわさりと健在しております。昼間よりも夜に拝見する方が、壁に刻み込まれた時の重みが闇夜と共にズンと押し寄せてきそうで。ドキリと致します。この晩食べました初めての現地料理は、牡蠣麺線。麺線とは、日本のそうめんに似た台湾独自の細い...

2013
15

台北、裏路地と書道。

その日、日本は雨でした。寒い冬の冷たい雨は、憂鬱になるので、嫌いです。どうせ冬なら、雪がいいな。雪は、大好き。そんな訳で、台湾に行った時の、お話し。飛行機もバスも遅れ、台北駅に着いた頃はもう夕の刻。それでもまだ、友人と待ち合わせる迄まだ時間がありました。うろりちょろりと、好奇心で覗いた裏路地。バイク上でくつろぐにゃんこ様は、撮っている間終始リラックスモード。幾らシャッターを切っても怯みも怯えもしま...

2013
10