SATIAN/39 -廃墟の影片-

廃墟/旧ソ連/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル退廃放浪記。

2015
24
2015
23

海が哭いた

彎竟禾溟[ 続 ]...

2015
20

彼の地 3

彼の握る鉛筆は4Bだった彼の筆圧は頬を撫でる風より優しかった描く線走る筆迹形象化する輪郭見えぬ世界を肯定する死ぬ事は、失う事だけど、与える事でもあるんだこの世の果ての言葉は極彩の無彩色〔合掌〕…いつも、私の書く文章は意味が分からないと定評ですが(笑)実は色々、含まれている意味はあったりします。ないと言ったのは嘘。その後付け加えるように、ないようである、と答えたのはその為であり。ただ、別にそれは誰かに...

2013
04

彼の地 2

先に誰かが待っている楽園はきっと宛も無い紛れもない真実だけど天高い虚栄に気がつけ〔続〕...

2013
03

彼の地

33年前、みやこさんと云うおんなのひとが、浜に打ち上げられてきた。それから毎年、みやこさんにそっくりなおんなのひとが、毎年、必ずひとり浜に打ち上げられ何処かからやってくる。去年は、れいこさん。あなた、れいこさんとおなじはっぱを持っている。「?」センジュガンピ。きっと、流れ着いてきて、それから誰かがあなたの胸に、乗せたのだと思う。蒼い海だったと思う。わたしはみんなに見守られながら海に入った。「ウミヨ...

2013
02