SATIAN/39 -廃墟の影片-

廃墟/旧ソ連/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル頽廃放浪記。

Чорнобиль чотирнадцять - チェルノブイリ 14 - день незалежності 1991年8月24日、独立記念日

1991年8月24日。17世紀から18世紀の間にはウクライナ・コサックの国家が興亡し、その後この国はロシア帝国の支配下に入った。第一次世界大戦後に独立を宣言するも、ロシア内戦を赤軍が制したことで、ソビエト連邦内の構成国となった。1991年、ソ連崩壊に伴い漸く独立したが、チェルノブイリという負の遺産を抱きかかえる事となった。8月。日中35度を超える夏日となれど木陰に入ると思いのほか涼しいカラリとした気候。死の街と...

2015
25

Чорнобиль тринадцять -チェルノブイリ 13- Самосели 還りし者達

原発事故により禁断の領域と化したチェルノブイリ。一度離れた愛しい故郷に、再び戻ってきた人々がいた。人は彼らの事を、サマショールと呼ぶ。日本語では自発的帰郷者、帰村者等とも表現される彼らの中には事故当初から疎開を拒み、移住先の生活になじめず30km圏内の住み慣れた村に戻ってきた者もいた。基本的に立ち入り禁止区域に入るには、事前登録等手続きが必要とされ、退出の際は全身の放射能検査を行い、高い数値が出た場合...

2015
21

キエフにて 3 Молитва в Києві

キエフ地下鉄は、ソ連時代の1960年に最初の区間(1号線ヴォグザーリナヤ駅~ドニェープル駅間5.2 km)が開通した。これによってキエフは、モスクワ、レニングラートに次いで地下鉄を有するソ連3番目の都市となった。その後も延伸を続け、1976年には2号線のクレニーウスィカ・チェルヴォノアルミースィカ線、1989年には3号線のスィレーツィコ・ペチェールスィカ線が開業した。共産圏の名残りが残る、デザインの素敵な駅が数多くある...

2014
24

キエフにて 2 Молитва в Києві

この国の野菜は、しっかり野菜の味がするなぁ。なんて、のほほんと過ごしたあの時間が、また戻ってきますように。銃器類がなくても、ここを見ると戦争に等しい武器は一通り揃っているな…と、感じる。...

2014
23

キエフにて Молитва в Києві

季節の合間を縫うかのように、寒さの少し和らいだ頃、この地を訪れた。東ヨーロッパを彷彿させる街並(だけどウクライナの人々は、自分達の住んでいる場所をヨーロッパ、という認識では余り捉えていないらしいと聞いた)、飴売りの女の子、観光客相手のパフォーマー、移動式遊園地、鉛色の空の下だけど街はとても、明るかったように見えた。こんな事言うのも難だけど、元より自分はオリンピックと云うものに、てんで興味がない。滅...

2014
22

恋のトンネル  …木枯らし編。2。

恋のトンネル…ウクライナのクレヴァニ村(「村と町の間くらい」の地域という地区名)に現存する線路。廃線に見えるこちら、何と現役であります。チェルノブイリから直線で約360Kmに位置しており、元は冷戦時代旧ソ連でロケットを作る為の物資を工場に運ぶ為作られた私鉄なのだそうです。衛星から情報をキャッチされないように、木々で囲いトンネルのようにしたとの事。緑豊かな季節は本当にトンネルのように見えるものの、木枯らし...

2014
15

恋のトンネル  …木枯らし編。

一時期話題になった、「緑のトンネル」。是非、行ってみたいと、ずっと思っておりました。が。紅葉を期待して行ったら、紅葉どころか完全枯れ果て………まぁそれも、いとをかし。枯れた景色の方が、自分は好みではあるので、まったりと散歩をしてきました。途中、可愛いわんこと遭遇。とても人懐っこく、暫く共に行動しました。にょしにょし。[ 続 ]...

2014
14
2014
07

Чорнобиль дванадцять -チェルノブイリ 12- Кому молитву або ви отримаєте 誰に祈りは届くのか

テーブルの上にぽつん、と置かれた折り鶴。いつからそこに在るのかは分からないが、割と最近であろう。もしかしたら、3.11があったからこそ、平和への願いを込められ折られた鶴かもしれない。教会などではなく、バーやカフェ、売店を兼ねた施設であったが厳かさを感じずには、いられなかった。[ 続 ]...

2014
06

Чорнобиль одинадцять -チェルノブイリ 11- Кладовище заліза мовчання もの謂わぬ鉄の墓場

彼の有名な「船の墓場」は、年々船が水の中へと沈んで行っていると云う。二年程前チェルノブイリへ行った仲間に写真を見せたら「こんなに沈んだんだ」と驚いていた。遺棄された物々の寿命は、急速に加速する。原発事故当時、原子炉の中で使われた機械は、余りの線量の高さに活躍をする前に動かぬものとなった。名も無き鉄達は時の流れる儘朽ちるが儘に其処に在り続ける………ってのなら、実にロマンチックなのだけど…近年の鉄の高騰に...

2014
04

Чорнобиль десять -チェルノブイリ 10- Образ пожежників,Ликвидатор 消防士達の像、リクビダートル

ゾーン内には原発事故をテーマにしたモニュメントが至る所に展示してある。その中の一つに、「世界を救った人たち」と記された、消防士達を象った像がある。消火や放射能流出防止の為、事故直後に突入していった消防士たち。バルブを閉める人、放射線を測定する人、放射線の影響で吐き気をおこしうずくまる人、それを気遣う人。石像は、高線量の放射線の飛び交う中、放射線のことを知らされず無防備のままに作業にあたり、急性放射...

2014
30

Чорнобиль дев'ять -チェルノブイリ 9- Копачи деревня детский сад コパチ村の幼稚園2

コパチ村に唯一残された建築物の一つである幼稚園。(もう一つは役所らしい)中には子供達が描いた絵や、遊んだ玩具、ベッド等が残された儘になっている。ここもまた、訪れる誰かによって意図的にメッセージ性のある、残留物をセッティングされた痕跡が見受けられる。事故当時村には1114人程の人々が暮らしていた。事故の36時間後にプリピアチ市は知らせを受け約3万人が避難したが、コパチ村の人々が避難したのはそれからだ...

2014
25

Чорнобиль вісім -チェルノブイリ 8- Копачи деревня детский сад コパチ村の幼稚園

死もなく、悲しみもない。そこにはいのちの書に名が書かれている者だけが入ることが出来るチェルノブイリ原発から3〜4キロ離れた場所にあったコパチ村。事故後、村中の家屋や木々は壊され、土に埋められた。幼稚園は何故か取り壊されずに残されており、観光スポットの一つにもなっている。ガイドが指をさした道路から幼稚園に向かう小道の線量がかなり高く、未だ土壌は汚染された儘であると云う事が伺える。[ 続 ]...

2014
16

Чорнобиль сім -チェルノブイリ 7- колгосп コルホーズ

コルホーズ、とはソビエト連邦の集団農場のことである。勤労農民が自発的に連合して共同経営を行う団体と定義される、半官半民で協同組合に近い経営体系だ。全て国有であったソビエト連邦における大規模国営農場の事は、ソフホーズと云う。無料で提供された国有地を耕作を行った。主な農機具・家畜等は共有で、労働者は組合員としてコルホーズで農作業を行い賃金を得る。その生産物は政府に売却する組合組織による経営であった。各...

2014
09