SATIAN/39 -廃墟の影片-

廃墟/旧ソ連/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル頽廃放浪記。

キエフにて 3 Молитва в Києві

キエフ地下鉄は、ソ連時代の1960年に最初の区間(1号線ヴォグザーリナヤ駅~ドニェープル駅間5.2 km)が開通した。これによってキエフは、モスクワ、レニングラートに次いで地下鉄を有するソ連3番目の都市となった。その後も延伸を続け、1976年には2号線のクレニーウスィカ・チェルヴォノアルミースィカ線、1989年には3号線のスィレーツィコ・ペチェールスィカ線が開業した。共産圏の名残りが残る、デザインの素敵な駅が数多くある...

2014
24

キエフにて 2 Молитва в Києві

この国の野菜は、しっかり野菜の味がするなぁ。なんて、のほほんと過ごしたあの時間が、また戻ってきますように。銃器類がなくても、ここを見ると戦争に等しい武器は一通り揃っているな…と、感じる。...

2014
23

キエフにて Молитва в Києві

季節の合間を縫うかのように、寒さの少し和らいだ頃、この地を訪れた。東ヨーロッパを彷彿させる街並(だけどウクライナの人々は、自分達の住んでいる場所をヨーロッパ、という認識では余り捉えていないらしいと聞いた)、飴売りの女の子、観光客相手のパフォーマー、移動式遊園地、鉛色の空の下だけど街はとても、明るかったように見えた。こんな事言うのも難だけど、元より自分はオリンピックと云うものに、てんで興味がない。滅...

2014
22

ジュリャーヌィ国際空港の飯が兎に角美味しかった。 ---Міжнародний аеропорт

星野です。師走です、例年の如く、師走です。息抜きにゆるりと美味しいものの写真を載せます(自分への癒しの為に…ジュリャーヌィ国際空港。どうやらキエフの中ではちょっとマイナーな空港のようで、「ん?何処にあるの?」なんて首をかしげる現地の方もいらっしゃいました。そこにあるとあるレストランのご飯が…うまい…うますぎる。パスタはメインディッシュ、まずはピザから(何故か姉様口調で何種類ものチーズを惜しみなくこれ...

2013
27

「私がこの世で我慢ならんものが二つある。一つは冷えたブリヌイ、そして…」

…冷えたワレニキだ。か、どうかは知らないが取り敢えずブリヌイとは直径13cmから18cm位の薄いクレープ又はパンケーキのような食べ物である。ブリヌイを専門とするファーストフード店もあるらしいので、いつか、いつかは食べてみたい。ある日ある時ある曜日の、あるレストランにて。まずは、サラダから。ピクルス、ザワークラウト、パセリ…てんこ盛り。ピクルスの酸味がかなりパンチが効いている。幸。お芋や茸が入ったキツネ色のス...

2013
10

ボルシチはメインディッシュ、まずはマカロニから。

好きです、ボルシチ。其れがロシア料理ではなくウクライナ料理であると知ったのは今年8月。日本で云うお味噌汁のような存在。近世以後、ベラルーシ、ポーランド、モルドバ、ラトビア、リトアニア、ルーマニア、ロシアなどの東欧諸国に普及。現在東欧文化圏のほかに、中央ヨーロッパ、ギリシャ、イランや北米在住の東欧系ユダヤ人によっても作られており、多くの国で世界三大スープとして愛されている。(他にトムヤンクン・ブイヤ...

2013
04