FC2ブログ

SATIAN/39 -頽廃放浪記-

廃墟/旧共産圏/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル頽廃放浪記。

空谷跫音 肆

濫觴刎空 槿花いちぢつ[ 終幕 ]...

2013
04

空谷跫音 叄

凌雲爛虧く[ 続 ]...

2013
02

空谷跫音 貝

塵疎恢恢[ 続 ]...

2013
27

空谷跫音 一

夢渓幽悠[ 続 ]...

2013
26

非現実の疆域で 7

眀くる鍊金の跗儀の赐物㭲めて羙麗の弌対の侽汝上澄みの水緋色の土皐月の露に砢片チンキ时は環と成り镹远を廵る終幕...

2012
18

非現実の疆域で 6

萵苣の枽蝕べる䰋長㚶重ねる夆濑に着の儘放逐続く王㜽も身を投げ盲い柒の旹を放浪す続...

2012
15

非現実の疆域で 5

谜えど迷えど森㴱く空腹ヘンゼル剭根齧り炚を㤅さぬ深碧 見兼ねた惡魔が真昼皨に愿う我が気偶礼は銀河の小麦と五芒の糖花でよしなに続...

2012
13

非現実の疆域で 4

石段小道にヴァイツェンロッケン音無し背後の追従者 親指でパン屑拾いハーファーゲァステマイスヒァゼ もっと頂戴囃し立てる続...

2012
12

非現実の疆域で 3

蒼青の瞳のイズンの林檎、胡桃は战い空しく齩み碎かれる死を认めぬスィアチ、その欠片瞗篭に幽囚す続...

2012
07

非現実の疆域で 2

賜わりし絆、孤高の㱦士が死して尚護り続ぐ事焉より大なるは莫し摘み朽、集めよ花よ乙女耳を劈く静寂は栄華の衰微続...

2012
06

非現実の疆域で 1

躻者めがロート・ケップヒェンを柹落とし仮喪の王国は现つと成り世に知れる重ねる歔歌が残したのは大きな影と、空にも描けぬ虗遘の城続...

2012
05
2012
04

零の銀河、人の為す偽り、黒の鐙   参  - 旭川トーチカ -

続明治日本の産業革命遺産 ラストサムライの挑戦! 技術立国ニッポンはここから始まった...

2012
03

零の銀河、人の為す偽り、黒の鐙   貳  - 旭浜トーチカ -

続産業遺産の記憶と表象: 「軍艦島」をめぐるポリティクス...

2012
30
2012
29

羽幌炭鉱跡 壱

もう、ここへ行って2年以上経ってしまうのか。美しい場所。素敵な廃墟だと思うけれど、この頃の写真のネガは全て焼き捨ててもよかったかもしれない。続。北海道炭鉱遺産...

2012
01

the edge of heaven .

やわらぐ光 掴む其の手に 一握りの藁深淵の縁 煉獄覚える暁鼠の唱歌ほんのり続く。...

2011
21

空の青さに、泣きたくなる

「最初から、死ぬともう決まっていたから」「泣く事なんて許されない」「だから空は青いんだろうね」...

2011
19

曾て学童が通いし其の場所は

今と生っては暗鬱に聳え立つ墓場の如し雪と共に閉ざされるのは、活路だけでは無い北海道炭鉱遺産...

2010
02

曾ての歩みに想いを寄せ

名も無き先人達はかくかたる炭鉱遺産でまちづくり 幌内炭鉱の遺産を主題にした「場」のマネジメント...

2010
23

栄華の果て、煉瓦の記憶 参 - 北炭夕張炭鉱 大新坑 -

静寂掻き消え綺晶は残る刹那の雪華 啓蟄に溶け行く永劫刻ま続ける煉瓦の記憶炭鉱遺産でまちづくり 幌内炭鉱の遺産を主題にした「場」のマネジメント...

2010
28

栄華の果て、煉瓦の記憶 弐 - 北炭夕張炭鉱 大新坑 -

銀糸混じりの赤頭巾跛引き摺り何処へ向かう煉瓦を齧ろう甘美な林檎臓物の奥迄詰め込む灰と錆の叙事詩籠一杯に枯れた希望続炭鉱町にうまれて...

2010
25

栄華の果て、煉瓦の記憶 - 北炭夕張炭鉱 大新坑 -

仄灰色濃く口惜し花弁鉛の空高く、攫もうものなら虚にして啌噛み締めるは黒色の土感ずるは苦み続北海道炭鉱遺産...

2010
24

清水沢発電所

…近くのダム。と云った方が、正しいよふな、写真。鉛色の空、鉛色の街、鉛色の。緊急出版 報道写真集 2018.9.6北海道胆振東部地震...

2010
21

奔別炭鉱跡 八

花刳退廃 最期に色を覚え散り際にもう一華 咲かせませうの百の昼 億の夜更けますの 東雲ですの栄枯渇水故味は蜜終幕...

2010
15

奔別炭鉱跡 七

翳すら見えぬ足音反芻ざわり耳残りぞわり肌は鮫立ち口に覚えるあらめざらめの鼈甲色満ち足りぬ日々に寄り添うは仄蒼鼠続...

2010
10

奔別炭鉱跡 六

天上の光 天華の享楽白妙ちりぬる跫知らず不味入れますわ愚か優か続...

2010
09

奔別炭鉱跡 伍

尊ふべきも塵に埋み嗚呼無常情すら湧かぬ穢れは不本世は無常続...

2010
05

奔別炭鉱跡 四

沸仏沸仏沸仏沸仏沸仏沸仏沸仏沸仏沸仏沸仏沸仏沸仏沸仏沸仏沸仏沸仏沸仏沸仏沸仏沸仏沸仏沸仏沸仏沸仏沸仏沸仏沸仏沸仏沸仏沸仏沸仏沸仏沸仏後ろの正面能生し加虐初夏の虫蟲 たゆたうまなこ続...

2010
26

奔別炭鉱跡 参

無言の佇み存厳存偉彼晴清々しく鋼鉄は今日も変わらぬ昨日に微睡む続...

2010
19