SATIAN/39 -廃墟の影片-

廃墟/旧ソ連/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル写真ブログ。

陶製手榴弾の墓場 - Abandoned ceramic grenade -

雑魚で在ろうと夢は見る。兵の背に、残そうぞ爪痕を。何年か前に、陶器製の手榴弾が大量に遺棄された場所がある、という話を聞き、写真を見た。そんな場所があるんだ。いつか機会があったら見に行こう。その機会が、先日漸くあった。近いようで遠い場所、遠いようで近い場所、というものは思いの外なかなか腰が上がらないものらしい。常々思う。川、というよりは湿地、というような…水量が多い時は多いらしい。一瞬貝塚の跡か何か…...

2017
01
2015
03

The abandoned cow 廃れし牛の見た夢 2

草食む事無く 人の夢食み 今日も白昼夢廃牛。正直これが何故そこまで持て囃されたのか、理解に苦しむ。意外と廃墟マニア以外の友人が、これを知っていた。今ではもう撤去されてしまったらしい。[ 合掌 ]...

2014
16

The abandoned cow 廃れし牛の見た夢

夜を前に 願い決まらず 徹宵す七夕ですね。天の川は例の如く曇り空。廃牛。ぽつんとひとり牛は何を願うのか。私は牛タンが食べたいです。[ 続 ]...

2014
07
2012
19

そしてあるく

言葉も浮かばぬ曇りの日は大抵現に現つ己を悩ませる停止するのは思考か心かはたまた今と云う時間なのか初日。モノツクリでも幸せになれる場所はある、道を開くのは古き礎よりも、新しき力なのかもしれない。と。元広告業界、脱広告業界の僕は思うのでした。口で云う程生易しいものじゃないけどね、新しい○○、なんて。新しい筆の書き心地は最高です。これぞ本当の筆おろs(強制終了...

2011
05

なにのためにうたう

意味と云うものは、確かに最初はあったのかもしれない。時が経つ中で次第に、その意味を忘れてゆくのは、何時の時代も変わらぬヒトの性質でありましょう。そんなわけで。今年もフィルムでゆくよ廃墟の写真でらぶずっきゅーん。相対性理論はめじゃぁでびぅしてからめっきり聴かなくなりましたがやっぱりらぶずっきゅんは良いですね。フィルムでゆくよとか言いながら最近はデジデジさんもがっつりですが。あれ、悪魔でも手段なわけで...

2011
04

きのこのもり

。うん、まともに撮っていないんです(腐キノコをモサモサしていた場所みたいだよ。肺に菌付着しそふだヽ(´ー`)ノちぃと暑さで脳みそダダ漏れですが明日はきちんと更新します。...

2010
23

アナダラケ ニ

*******************************************...

2010
22

アナダラケ 廃坑道にてゲシュタルト崩壊

アナアナナアナアナアナアナナアナナアナアナアナアナアナアナアナアナナナナアナアナナアナアアナアナアナアナナナナナナアナナアナアナアナアナアナアナナアナキ アカ キ アカ キ アカ キ アカキ アカ キ アカウエモシタモカシコモオンケイアナダラケ72時間後に続く...

2010
09

大谷鉱山 + α

…にゅるり。田舎道走らせ何時間、山の奥にちょろんと見えるは遺構さん。秋晴れのお空に東北の空気は清々しく、心から、美味しい。ぷち。ぷちぷち。こちら、現役施設内にあるのと、非常に目立つのと、正直廃墟としての見所と云うものも、どうなのかしら、と云う事で。遠巻きに見、秋を撮って終了、と云うお散歩と、なりました。資料館があるので、そちらで鉱山の魅力を堪能されると、良いかしら、と。まったりまったり、鑑賞出来ま...

2010
27

らぶズッ♂きゅん(性的な意味で)/2発目

♪大人の階段の~ぼる~♪君はまだ、シ♂ン♂デ♂レ♂ラ、さアッーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!………終幕。つかれているんだな、自分……orz現在、渋谷にある何処ぞのラブホテルに現役の回転ベッドがあると聞いたのですが、本当でしょうか…?次から、きちんと更新します…初めて回転ベッド見たから、きっとおかしかったんだよ……予告(?)ガリッと硬派に某鉱山・開幕。...

2010
17

らぶズッ♂きゅん(性的な意味で)/1発目

モジャモジャ♂生い茂るしげみの奥は……オォフ。21世紀に入ってから童貞の僕にはちょっと刺激的すぎ、るぅっ……っ…!ゴールデン♂バスタイ、ムッ……!……タイトル出オチで終わるかもしれない…orzいちよう続きます。そういや昔、(みくちぃでも書きましたが)弟に、奴が育成しているウツボカズラの写メ送って貰った時、写真に写る、机の上に、ペペが、置いてあったんだよ、なぁ……あれはなかなか、おねぃちゃん衝撃的だったよ………(どうでもいい話...

2010
15

某廃団地

イサナマナコ硝子越し覗いたフェンスの向うは、時止まる息遣いの坩堝。微かな海の音が、空に消える。限りなく冬に近い秋空に馳せる気持ちもあっただろう。とうに師走、去り行く季節。こちらSATIAN/39、〆が廃団地とはちょいと地味かもしれませぬが、まぁバタバタと過ぎ去りました今年2009、最後位まったりと地味ぃに………でも、良い被写体です。来年も。来年は。なんだかもっさりな予感です。是非、よしなにしてくださると、嬉しいの...

2009
31