SATIAN/39 -廃墟の影片-

廃墟/旧ソ連/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル写真ブログ。

鹿島海軍航空隊跡…回帰/弐

彼方は心を固く閉ざし、そう其れは恋を忘れた小綬鶏の如く。…分院跡は、入りたくても、入れないのです…(涙がっちりと、固い扉、頑丈な鍵。素直に諦めます。泣く亡く鳴く。遠くで聞こえる轍の音。風に揺れる背高のっぽの草の音。心地よいお天道が入る工場跡は、いつ来ても静かにこっくりと、あるがままに受け入れてくれるような温かみを感じる。やっぱり好きな場所だなぁ…此処で、体育座りしてぽやーっと、一日していても、飽きな...

2009
02

鹿島海軍航空隊跡…回帰/壱

2009年、3月。鹿島海軍航空隊跡。なんやかんやで、4回訪問致しました。思い入れのある場所です。廃墟を美の被写体として捉えたのは、3回目からなのですが。とてもとても、好きな場所です。(前のお写真は、こちらからどうぞ。)ただただに澄み渡る青空に、ただただに伸びる煙突が気持ち良い。会うたんびに、違う、新しい発見があるのです。時間帯によって、光の入り方も違いますしね。この度は、午前中。前回は、午後。なるほろり...

2009
26

霞ヶ浦分院 其の貳

あの夜屋上から皆で見た夜景が忘れられない。もう一度見たかった。名残惜しさと悔しさとは全く違うけどそれに似た歯痒さを奥歯で噛み締め花の香し方はひとそれぞれ。3度も足を運んだこの場所に、きっとまた訪れるのだろうなと根拠のない予感を胸に抱き。…ほかの写真現像しなくちゃ(腐...

2009
26

霞ヶ浦分院

…の、すぐ近くの倉庫跡。なかなか良い空間です。こちらはもう完封されました、霞ヶ浦分院跡。前回行った時は、心霊目的で真夜中に凸。いやはや、屋上の眺めなんて絶好に良かったのに、入れなくなった事が悔やまれます。仕方ないですけどね。流石に破壊してまで入りたくないしなぁ。人為的破壊は美学に反します。続きます。そういえば何処かにデジカメのデータだったらあったな内部の…何処だっけ。...

2009
22

鹿島海軍航空隊跡 ・其の四

何に使っていたのかよく分からない設備です。外は草ボーボー。冬にはきっと、すっきり刈り取られます。何となく、温室っぽいなぁと何故か思った。窯の上に登っていたりします。ここは尽く窓が好きかも。ぬーんごみごみしいです。好きな感じです。割れた画面にそそられます。見て明らかな負の絵。お外に出て、工場を後にし、再び倉庫を撮ったところでフィルム切れ。T-MAXをセット。まだ現像していません(;´Д`)...

2008
20

鹿島海軍航空隊跡・其の参

緑の隙間から見える、隣接する廃病院。去年は中に入れたのに、今年になってなんと窓全部に分厚い板及び鉄板が……板は壊そうとした形跡があったが、どうやら無理だったようで。破壊してまで入る気にはなれなかったので、諦める。残念だったなぁ… 屋上から眺める霞ヶ浦、好きだったのに。屋上は柵もなーんもないので、キワ迄ゆくとちょっとゾワゾワ。工場跡は2つあるので、お次へ参りまする。コンクリートが侵食される様を見ると、...

2008
15

鹿島海軍航空隊跡・其の弐

さて。続きなのです。今回は軽井沢の失敗の反動か、やたらとシャッターきりまくっていたような気がします。其の壱と写真の仕上がりが違うのはフィルムの違い等々です。アナログ、お金はかかるけど、銀塩の魅力、嗚呼、やっぱりしっぽりすっぽり…接近。   中に入ります。緑がきれい。侵食の美。  骨組みに萌える。 石段に萌える。きっとお休みするところだったのかな? 窓に、うっとり。 やっぱり窓がきれい。      ...

2008
11

鹿島海軍航空隊跡

秋晴れの心地よいある日に。訪れる事3度目になる鹿島海軍航空隊跡。2度は、心霊スポットとして夜に。今回、廃墟にハマり出して初めて昼に。侵入口側から、倉庫。滑走路跡。戦闘機を飛ばしていたそうです。夜歩くと、なんか不気味で長いし広いしなんだこれって感じだったのですが。昼来てみると、なんだか良いですね。今はもう、電気の通っていない電線。木の電柱。煙突が見えます。目的地は、背よりも高いボーボーの草を掻き分けて...

2008
10