FC2ブログ

SATIAN/39 -頽廃放浪記-

廃墟/旧共産圏/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル頽廃放浪記。

2012
03
2012
29
2012
27
2012
25
2012
23

夜明けは、近い。おはよう、世界。

この身ひとつにカメラさえあれば、何処へだって飛べるに違いない。続く。...

2012
17

おはよう、世界。この日に相見える時は来た。

此の、残酷な朝焼けに、乾杯。いつだったか、君はあの鉄の塔の上で言ったね。世界の終わる日が来たとしたら、他愛も無い誰かじゃなくて、多少でも愛のある誰かと、煙突の先っぽ辺りでこう取り留めのない話しをしながら空を見上げ、そーいや何処ぞの写真ブログで末期色なんてシリーズやってたけど、本当に世界の終焉ってこんな色だったんだねー、と。乾いた笑いを上げて、君の大好きな山崎のクリームパンを齧りながら。そして交わさ...

2012
08

おはよう、世界。

明けまして、おめでとうございます。今年も、当サティアン何卒よしなに。幕開けは、ちょっと刺激的に参りますか。ブログを見ている方から「最近廃墟やめたの?さみしい」と時々云われますが、大丈夫、やめてないよ(笑たぶんね、回り道こそ、近道なのだよ。世界はそう単純じゃない。時間は随分掛かったけど、でも、結局死ぬ程、楽しかったから。高い勉強料ではあったけど、いいんじゃないかな。気まぐれに続く。...

2012
07

.Base of the U.S. military in Fuchu 2

That the nightmares they will come to pass .Can't hear what they're saying ......…ひとつ気になったのだが。近々、何か動きでもあるのだろうか…...

2010
19

.Base of the U.S. military in Fuchu

Now they come again .I am falling down to meet with them .Fears within us all .…よくわからないけど、言葉を借りればきっとそうなのだろう。...

2010
18

府中米軍基地跡 ~参度逢見える 其の四

トランクの中と云うモノは、意外と心地が良かったりするもんです。ドラえもんが押し入れの中で眠るのと一緒じゃないけどあの閉鎖的空間が妙な興奮作用をもたらすのでして。切りも限りも意味も無いのに闇から漏れる一寸の光を指で押さえて押さえて難点は、トランクに何かをぶつけると音が反響しすぎて耳が痛くなる事位。フタは何処いっちゃったんだろうなぁ。アレです、ピンポンダッシュは楽しいんです。へいへいぼんぼん平坦な毎日...

2009
01

府中米軍基地跡 ~参度逢見える 其の参

様々な書籍や廃墟サイトで見かけます、謎の落書き。この、うんこっぽいやつ。は。どうやら。此が、元ネタ(?)らしいです。★☆…DEVOというバンドの被っている赤い帽子(エナジードーム)が。うんこの正体らしいです。情報提供してくれた某氏には感謝。もう会えないけど…色々と面白い、アメリカ色の廃墟さん。府中米軍基地跡 ~参度逢見える 其の参本来なら真っ暗な場所ですが、懐中電灯を駆使し撮影。てきとーにピント合わせたけ...

2009
28

府中米軍基地跡 ~参度逢見える 其の弐

Million Miles Away幾千ノイズが道を阻む脳髄浸食嘘付ジョニー喩えそうであろうとOne Fine Day変わらないでいるからThe End of The Lineギ酸を辿る蟻と一緒辿り着く先はいつも同じ終着駅は変わらないStaring At The Sun 白く甘い粉に咽せる汚い部屋で待っているからThe Meaning of Life大丈夫、全部知ってる君が両生類と腐れ外道の屎を摺り合わせる程かっこ悪い事なんてDammit, I Changed Againヘーゼル・ナッツ・クリームは今日も...

2009
24

府中米軍基地跡 ~参度逢見える 其の壱

何だとかんだで、3回訪問致しました府中に御座います米軍基地跡。仲良く並んだパラボラちゃんが見物の都内数少ない規模の大きい廃墟で御座います。壱回目。大雨で大惨事。→こちら弐回目。まったり楽しく探索。→こちらから府中米軍基地跡 ~貳度逢見える光が軌跡を翻す時のよふな、キンと耳に瞬き掠める、仄暗い粒子は残酷な朝焼けを優しく包み込む白昼夢の空中遊泳形の無い公園の散歩道皮膚に伝う鈍色の緊張感骨を通し息づかいを...

2009
23

府中米軍基地跡 ~貳度逢見える   其の伍

もう行くね、時間なの府中米軍基地跡 ~貳度逢見える一度目は2008年の夏の終わり、ザァザァの大雨に見舞われ外観のみを撮り撤退。(URLこちらhttp://21152.blog2.fc2.com/blog-entry-395.html)青々と力強く茂る葉は生命の象徴のようでとても美しかった。今回アップした2度目の散策は、2008年10月。パラボラだけが見物かと思いきや、建物内のインパクトの大きさに兎に角驚きました。街の中にこんな優良物件があるなんて…様々な魅...

2009
01

府中米軍基地跡 ~貳度逢見える   其の四

「おじさん、あめちょうだい」幼女様はすかぁとをはしたなく捲りあげ、身に纏わず在られもない蜜の園を見せつけました。「・・・ごめんよ、おじさん、ネンネテンテンなんだ」おじさんは頬を赤らめ、可愛いお帽子を手に取りもそもそとダンゴムシのような声で言いました。「ファッキンアスホール。此でも喰らえなの」幼女様の心無いお言葉に、おじさんは深く、深く傷つきました。「ゴミはゴミの山に帰れなの」真っ白に、なったような気...

2009
25

府中米軍基地跡 ~貳度逢見える   其の参

香を纏うは堰帝の抱擁未だ見ぬ外界を想うぼろぴっしゃん箱・箱・箱買いギシギシの骨っぽちはぽっきり貳萬で本番行為棘海に柔肌が喰い込み迸る飛沫は何故かシャボンの薫り泡のように掻き消える無数の朧なメランコリー破壊の美学は創造の美学諸刃の剣を携え闘う理由は其処にあるのです続きます...

2009
24

府中米軍基地跡 ~貳度逢見える   其の貳

乾涸らびた胎児を産み落とした時、彼女は言いましたふふ、なんか、干し柿みたい。意外とそっけないものね。嗤っちゃうわ。鎖に繋がれた暗闇の生活も正直悪くはない申し出許しさえ得れば監獄と云う名の楽園を自由に歩く事が出来るから月に壱度だけ、銀の首輪は外される埃舞うこんな処でも皮膚に触れる空気と云うものはやはり心地良い裸足の柔肌に硝子が喰い込み、鮮血が転々と水玉模様を描く結構、好きなの。こうしていると、あの干...

2009
20

府中米軍基地跡 ~貳度逢見える

貴方はただの道化だ彼の声は嗤った彼の眸は真っ黒な、ぽっかりと空いたただの穴だったねむり猫は血を絞り光亡き部屋で銀伺去に生卵を堕とし、たいそう美味そうに喰らう皮膚病の猫は剥げ汚れた躯をそうしてまた毟る毀れた皮膚を掻き集めては木の基へ埋める破れ被れの荒廃の地に癒しは無いけど、気がついた忌み嫌う耀を何故か仰ぎ窓を覗いた時嗚呼、此処には楽園があると。続きます。...

2009
18

府中米軍基地跡

鹿島海軍航空隊跡の続きを載せる前に。。8月の終わりに行った、米軍基地跡を。。あの日はあいにくの大雨で、写真を何処からどう撮ろうか考える余裕もなくパッパッとてきとーに撮って雨から逃げるようにして帰ってしまった。。こりゃリベンジですね。とあるアパート(団地?)の駐車場から見る事が出来ます。別な駐車場からは2つ並んで見る事が出来ます。夏のせいか、建物にはびっしと蔦が這っておりました。吃驚するほどの密度。ざ...

2008
18