SATIAN/39 -廃墟の影片-

廃墟/旧ソ連/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル写真ブログ。

旧細尾送電所 其の貳

何も見えない真っ白な空からフルフルと舞い降りる粉雪を、ぽっかりと空いた天井から見つめ続ける何とも云えない静寂感は一生忘れられないと思う。12月、雪の降る日に行って、本当に良かったと思った。冬の廃墟が1番好き。1番、寂しいから。1番、切ないから。静寂の中における臨場感で行ったら、この日の感覚が1番好き。…だけどこの日は同時に、生まれて初めて冗談抜きで「あ、マジで、死ぬかもしれない」と思った日でもありました...

2009
23

旧細尾送電所

2008年、年末。路は氷、空は曇り、辺りは雪舞う、冬景色。行きましたは煉瓦造りの忘らるる廃墟。…本当に、送電所跡…?と思わせられる、趣深い建物さん。片方のお屋根がステンステンでした。(…全く同じ構図で白黒でも撮ってたんだ。今気がつきました。)漂う西洋のかほり。雪が、こんもりと。雪が降っているだけで、無償に嬉しくなる。手が真っ赤に固まっても、そんなの関係ないのです。白黒写真さんだと何だか不気味。好き。西洋...

2009
19