SATIAN/39 -廃墟の影片-

廃墟/旧ソ連/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル写真ブログ。

『鹽壺日誌』販売開始しました。and『八画文化会館vol.5 特集:駅前文化遺産 ~地方都市のすがた~』に当方も寄稿致しました。

『鹽壺日誌』鹽壺から一匙の鹽を掬い舐め、世の辛みを偲び憶う。同人写真集を、刊行致しました。鹽壺日誌・第一弾は極寒の旧ソ連の記録。ロシア、アルメニア、ナゴルノ=カラバフ、グルジア、そしてトルコ。廃墟と未承認国家と豪雪と、「まだ見ぬ故郷に憶いを馳せる。」悠久なる旅路。旅の記録のフォトエッセイ・ミニ写真集。文庫本サイズで持ち運びも便利。料金は送料込み1000円。72頁。しまうまプリント様にて印刷。此方通販フォ...

2016
30

2016年、今年も12展出展します。

毎年恒例の、「写真の忘年会。」的展示の12展。今年も出展させて頂きます。【開催日】2016年12月9日(金)・10日(土)9日 12:00~20:0010日 12:00~19:00【会場】イロリムラ[89]画廊1F・2F大阪市北区中崎1丁目4番15号TEL:06-6376-0593 (電話受付 10:00~18:00)http://irori2005.com/今年は当方、どうしても都合がつかず直接足を運ぶ事はできないのですが、遠方の地より展示の成功をお祈りしております。マニア☆まにある内で...

2016
02

『中川翔子のマニア☆まにある』に、出演させて頂きました。

10月18日(火)7:15頃より、『めざましテレビ』のここしらというコーナーで廃墟特集に出演させて頂きました。めざましのスタッフさんたちは、凄かった。プロのお仕事!刺激を沢山、頂きました。そして11月12日(土)夜23時~より、『中川翔子のマニア☆まにある』に、千秋さんしょこたんさんと共演させて頂きました…!恐縮過ぎます、名誉過ぎます。本当に、有難う御座いました。ポケットビスケッツをやっていた頃、千...

2016
24

廃墟について様々改めて考えさせられる機会があった。なので危機管理についてなど色々まとめてみた。

ソ連遠征中突如あった出来事。帰国後の怒涛の日々。今回、廃墟について様々改めて考えさせられる貴重な機会がありました。美しく儚い、荒れるに任せ朽ちゆく愛おしい廃墟。しかしここ近年特に、その危機管理について叫ばれる事はなくなっているのではないでしょうか。当方なりに、色々考えてみました。1…廃墟とは。建築物や鉄道、集落などが使用されぬまま放置され、荒れ果てた状態になっているもの。遺跡はそこに含まない見方も...

2016
17

八画文化会館叢書vol.06 チェルノブイリ/福島 ~福島出身の廃墟写真家が鎮魂の旅に出た~

八画文化会館さんより、『八画文化会館叢書vol.06 チェルノブイリ/福島 ~福島出身の廃墟写真家が鎮魂の旅に出た~』を出版して頂ける事となりました。8月6日(土)の発売です。震災後、様々な想いを抱き訪れたチェルノブイリ。その後自ら赴く事を自粛していた福島の禁止区域へ。チェルノブイリと福島。「どうして一緒にするの?」「同じにする事の意味が分からない」…、ああこれは、表には出してはいけないものなんだ、世の中...

2016
27

無何有郷、ブロンズ像の廃病院を公開しました。 …他総集編。

サイトの方にブロンズ像のある廃病院、アップしました。宜しければよしなにです。と。サイトにアップしている写真について、ぬるっと紹介します。(今迄訪れた場所の総集編のようなものですね…)お時間ありましたらそちらも是非ご覧くださいませ。...

2016
07

ひとつめかぶとむしTシャツ、販売はじめました。

オリジナルキャラクターの、ひとつめかぶとむし。謎のカブトムシのキャラクターの落書きは、遡る事中学生の時から、ずーっとちまちま描いていたりします。かぶとむし、大好き!そんなひとつめの彼のTシャツが、出来ました。ひとつは、シンプル白Tシャツ。もうひとつは、怪しいまっくろ魔術的Tシャツ。一枚税抜き価格2900円。よろしければ、よしなにです。...

2016
29

“かさぶた 福島 The Silent Views” に、原稿寄与させて頂きました

中筋純氏著の新作写真集・かさぶた 福島 The Silent Viewsに、当方の原稿を寄与させて頂きました。震災から、今年で5年になろうとしています。めくれては血が滲み、癒えぬまま再び剥がれるカサブタのような現実を突きつけられるような一冊。残酷な現実ではあるけど、その写真からは不思議と、“明日”を感じるのは中筋さんの人柄か。A4判 並製 160頁で2000円の写真集は、此のご時世出血大サービスなお値段だと思います…すごい。是非...

2016
26

【告知】去年に引き続き、なにかを喋っています【扇風機評論家・星野祐毅大聖誕祭2016】

去年もなにやらぁゃしぃ話しをさせて頂きました謎のイベント、扇風機評論家・星野祐毅大聖誕祭。今年も出させて頂きます、ありがとうございますw同じ名字のこの星野祐毅、一体何者か?実は私の、旦那さん…な、わけがない。その昔、魔○な危○(何故伏せ字)氏のイベントで偶然隣にいた変なおっさんです。不思議なご縁です。トークしたり炉端焼きしたり何やらフリーダムなイベントです。ゆるゆるです。当方は今回、北朝鮮や旧ソ連の話...

2016
26

『無何有郷』、開設致しました。

日刊、週刊のような役割は“ブログ”で。月刊的な役割は“webサイト”で。……「webサイトを作る!」と言い、さて何年の月日が過ぎ去ったでしょう…時折友人知人に突っ込まれる「まだ?」に罪悪感に後ろめたさを覚えつつ漸く、出来ました。無何有郷。むかうのさと、と読みます。自然の侭で、何の作為もない理想郷、と云う意味です。廃墟とは、人の意図とは関係なく生まれた理想郷のように見える。世の無常観を伝えるべく、作成致しました...

2015
30

「原発と人間」市民フォーラム(パートⅢ)どうする!自然・いのち・くらし~会津で語り合う未来~ …にて、当方の写真、一部展示されます

直前になりましたが、「原発と人間」市民フォーラム(パートⅢ)どうする!自然・いのち・くらし~会津で語り合う未来~ …にて、当方の写真の一部が展示されます。浜通りでは叶いませんでしたチェルノブイリの写真です。取り敢えず会津へは進出しました(笑お盆休み真っ只中、暑くてお忙しい時期かとは思いますが、お近くに立ち寄られた際は宜しくお願い致します。■日時8月13、14、15日■場所〒965-0807福島県会 津若松市城...

2015
11

WELTGEIST FUKUSHIMA 2015年7月発行 夏号(通巻3号) に、執筆させて頂きました

福島で創刊された総合雑誌、WELTGEIST FUKUSHIMA 2015年7月発行 夏号(通巻3号) に、執筆させて頂きました。戦争の小窓という特別企画に原稿とお写真を載せております。宜しければ、よしなにです。...

2015
11

「流転 福島 Times & Seasons」写真展 にて、当方の書道を展示させて頂いております

昨日から開催されております、「流転 福島 Times & Seasons」写真展 にて当方の書道を展示させて頂いております。新宿西口プロムナードギャラリーにて7月18日 - 8月1日まで開催。新宿西口プロムナードギャラリーは6メートルの壁面を持つショーケースが7カ所あり、駅に降り立ったついでにふらりと立ち寄れます。富岡、浪江、大熊、双葉、………フクシマの現実を中筋氏の目線でまっすぐにとらえた写真の数々、必見です。素晴らしき...

2015
19

【中止になりました】徜境 SHOKYO -チェルノブイリ in 福島- …2回目、6/27よりいわきにて開催致します。(最終日時間変更)

詳しい概要はこちらより。今月末から開催致します徜境 SHOKYO -チェルノブイリ in 福島- …inいわき。最終日の時間のみ16:00→15:00に変更となりました。会期も割と長いので、ご都合あいましたら是非お越しくださいませ。故郷の隣に、絶望がいる。1986年、チェルノブイリ。2011年、福島。チェルノブイリとは、日本にいる自分にとって知ってはいるけど現実感の無い遠い存在だと思っていた。3.11以降自分の故郷...

2015
23