FC2ブログ

SATIAN/39 -頽廃放浪記-

廃墟/旧共産圏/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル頽廃放浪記。

実話ナックルズ 2019年10月号に寄稿しました 他

実話ナックルズ 2019年10月号に寄稿しました。全国の書店やコンビニ、又はアマゾンなどでお買い求めください。最近、ありがたい事に様々な媒体で取り上げていただける事が多いので、改めて記載致します。Numero TOKYO星野藍が写し出す、旧共産圏の未来遺跡たちHUFFPOST「SFの世界のような異質感」 宇宙怪獣っぽい記念碑は、共産主義の夢の跡だったHAGAZINE旧共産遺産は「僕たちの想像力がいかに制限されているか」ということを僕た...

2019
04

玄光社『未承認国家アブハジア 魂の土地、生きとし生けるものと廃墟』上梓します - Publish a new photo book " Unrecognized State Abkhazia " -

玄光社『未承認国家アブハジア 魂の土地、生きとし生けるものと廃墟』上梓します。『アブハズ人はこの地をApsny…『魂の土地』と呼んでいる。それはまた、転じて『死の国(死すべき存在)』という意味でもある。』(序文より) 未承認国家・アブハジアを巡る記録。まだ誰も知らない国のリアル。2019年8月31日発売B5横判 136ページ定価:本体2,000円+税ISBN978-4-7683-1231-5何卒よしなに。未承認国家アブハジア 魂の土地、生...

2019
09

「Numero TOKYO」9月号にて『旧共産遺産』を紹介していただきました - Ai Hoshino : the past is in the future -

「Numero TOKYO」9月号にて『旧共産遺産』を紹介していただきました。webの方にも掲載が御座います。よろしければご覧くださいませ。Numero TOKYO 2019年09月号...

2019
01

紀伊國屋新宿本店にて『旧共産遺産』(東京キララ社)刊行記念トーク 開催します。

(公式サイトより)世界中の廃墟、旧共産圏、未承認国家を被写体として旅するカメラマン星野藍が、バルカン半島を中心に、旧共産圏に遺る奇抜な廃墟と朽ちゆくスポメニック(戦争記念碑)を収録した写真集『旧共産遺産』の刊行を記念して、トーク&サイン会を行います。     日  時|2019年7月24日(水)  19:00開演 18:45開場      会  場|紀伊國屋書店新宿本店9階 イベントスペース     参加方法|参加...

2019
11

2019年7月20日(土)~31日(水) 新宿眼科画廊で個展を開催します

写真集「旧共産遺産」発刊記念(東京キララ社)新宿眼科画廊にて開催します。新宿という場所柄このまま四谷方面に歩いて行ってギャラリー巡りをしても楽しいかもしれません。是非お散歩がてらいらしてくださいませ。〔日時〕2019年7月20日(土)~31日(水)12:00~20:00(水曜日~17:00) ※木曜日休廊新宿眼科画廊スペースM〒160-0022 東京都新宿区新宿5-18-11​〔概要〕1945年、第二次世界大戦。東部戦線における峻烈劇甚なる戦い...

2019
04

DOMMUNE 6月27日(木)19:00~21:00 東京キララ社アワー#29「旧共産遺産」出演します

旧共産遺産発売記念に、DOMMUNEで配信していただく事になりました。概要はこちらから。スタジオ観覧も出来るようなので、↑こちらよりお申し込みください。何卒よろしくお願いします。旧共産遺産...

2019
24

東京キララ社『旧共産遺産』上梓します - Publish a new photo book " Old Communist Heritage " -

この度、東京キララ社『旧共産遺産』を上梓致します。[ 内容紹介 ]バルカン半島を中心とした旧共産圏に遺る奇抜な廃墟と、朽ちゆくスポメニック(戦争記念碑)ケレンフェルド発電所(ハンガリー)/戦闘機の墓場(ハンガリー)/人民蜂起記念碑(クロアチア)/サラエボ五輪跡(ボスニア)/自由の記念碑(モンテネグロ)/スポメニック群(セルビア)/セルビア正教会(コソボ)/廃工場(アルバニア)/トーチカ(アルバニア)/イリンデンモニュメント(マケ...

2019
12

写真家 星野藍トーク 第6回カメラマンの履歴書

現在『未承認国家の肖像・アブハジア』の展示を開催させていただいているギャラリーさんにて、イベントを開催します。写真家 星野藍トーク 第6回カメラマンの履歴書【詳細】星野藍氏がどのようにして写真を撮る道を歩んできたか、過去の写真をスクリーンに投影しながら語っていただきます。トーク後は星野氏を交えた懇親会を行います。同会場で開催中の写真展「未承認国家の肖像・アブハジア」もご覧いただけます。……との事で、...

2019
28

5月25日より『未承認国家の肖像・アブハジア』開催します - 25.5.2019-15.6 Photo exhibition " The Portrait of Unauthorized National Abkhazia " held -

星野藍 写真展 「未承認国家の肖像・アブハジア」日本橋のego – Art and Entertainment Galleryにて写真展を開催させて頂きます。〈概要〉独立の主張がありモンテビデオ条約が定める『国家』の資格・・・領域、住民、政府、外交能力を満たし得ると考えられるものの、国際政治的な諸事情により国際社会から広く国家として承認を得られぬ国際連合加盟国となれていない事実上独立した地域の事を『未承認国家』という。旧ソ連、ジョー...

2019
05

今年3月より、郵政博物館にて写真展を開催させて頂きます 他

あけまして2つ目の記事が宣伝ですみません。実は3月にこんな催しがあります。星野藍写真展「頽廃放浪記」明治改元150年記念 企画展「THE STEAMPUNK―螺子巻奇譚―」の関連イベントとして開催して頂ける運びとなりました。スカイツリーへの観光がてら、是非お越しください。〈場所〉郵政博物館 多目的スペース〒131-8139 東京都墨田区押上1-1-2東京スカイツリータウン・ソラマチ9F〈会期〉3月16日(土)〜4月7日(日)休館日は不定期...

2019
09

謹賀新年 2019

2018年も2017年に続き相変わらずな年であったような気はしますが、何かと新しい事も色々とあり楽しいというより感慨深い不思議な年になったな、という印象であります。2019年もまた、何卒よしなに。星野 藍2019年、3月と5月に東京都内での個展開催が既に決まっているので、宜しければ遊びにいらしてくださいませ。概要追ってお伝え致します。...

2019
01

11/17(土)〜11/25(日)大阪・画廊モモモグラにて 「共産圏廃墟写真展 - 共産主義が見た夢の痕 - 」開催

来る11/17(土)〜11/25(日)、画廊モモモグラにて 「共産圏廃墟写真展 - 共産主義が見た夢の痕 - 」 を開催。共産圏独特の文化が痕跡として残る建造物の数々を展示。 当方11/23〜25在廊予定、是非お越しください。「共産圏廃墟写真展 - 共産主義が見た夢の痕 - 」 〒556-0005大阪府大阪市浪速区日本橋5丁目7-10 山田ビル405★地下鉄堺筋線「恵美須町駅」1-A、1-B出口から徒歩2分★各線なんば駅から徒歩10分open13:00 close19:00 ※...

2018
15

11/25(日) 「地球お散歩 vol.1」イベントに出させて頂きます。

11/25(日)「地球お散歩 vol.1」open12:30 start13:001000円(1ドリンク別)出演/B・カシワギキョン(大阪奇食倶楽部・写真家)スペシャルゲスト:星野藍(写真家)MC:天野宇空大阪奇食倶楽部で食の探検家、写真家キョン。魔女でラブドール愛好家のB・カシワギ。偶然にも同じ時期にチェコを訪れた2人。そこに「共産圏写真展 – 共産主義が見た夢の痕 – 」を終えたばかりの写真家、星野藍を迎え、異色の3人によるチェコをはじめ、共産圏の...

2018
23

2019 Communism Calender 2019年・共産主義都市探索カレンダー発売です

2019 Communism Calender!と、いうわけで発売となりました。壁掛け横位置縦位置、卓上タイプの3種ございます。【横位置】絵柄を大きく見たい方に!【縦位置】スケジュールを書き込むスペースが大きめなので、壁掛けカレンダーで予定管理をしたい方に!【卓上タイプ】コンパクトに飾りたい方へ!共産主義都市探索な光景でお部屋に彩を!ページ内にサンプル画像がございます。何卒よしなに。http://mm-style.jp/SHOP/31955.html...

2018
01

明日から『日本統治下時代の痕跡・日本人街』個展開始です - Photo Exhibition " Traces of Japanese era era · Japanese town " -

いよいよ明日からです。7/21〜28、名古屋の特殊書店・BiblioMania(@BiblioManiaY)さんにて、曾て大連に存在した日本統治下時代の痕跡「日本人街」の写真展を行います。2015年〜2016年にかけて再開発により消えた「東関街」を中心に、幾つかの日本人街の写真を展示します。web未公開写真ばかりです。■開催日:7/21(土)〜28(金)営業時間:平日14時~20時/土日祝13時~20時定休日:月・火・不定休(ビブリオマニアのツイッター...

2018
20

名古屋のサブカル・アングラ特化型ライブハウス・金色鮫コンジキザメ…の、こけら落としイベントに乱入する事となりました。

コンジキザメとはなんぞや。詳しくはこちらをご覧くださいませ。7/21(土)オープン。そのこけら落としイベントに参加させて頂く事となりました。今の所樹海SPとありますが、自分は北朝鮮か、同時期名古屋で開催する日本統治下時代の痕跡の写真展に絡ませ日本人街の話をするか、旧共産圏の廃墟の話をするか、父から聞いた九龍城の話をするか…悩ましいところです。。場所:名古屋市中区栄4-7-1 ニューユタカビル402時間:夜(19:00...

2018
28

名古屋の本屋さんにて『日本統治下時代の痕跡・日本人街』個展開催します - Photo Exhibition " Traces of Japanese era era · Japanese town " -

7/21〜28、名古屋の特殊書店・BiblioMania(@BiblioManiaY)さんにて、曾て大連に存在した日本統治下時代の痕跡「日本人街」の写真展を行います。2015年〜2016年にかけて再開発により消えた「東関街」を中心に、幾つかの日本人街の写真を展示します。web未公開写真ばかりです。■開催日:7/21(土)〜28(金)営業時間:平日14時~20時/土日祝13時~20時定休日:月・火・不定休(ビブリオマニアのツイッターをご確認ください)■場所...

2018
05

共産党ホールの廃墟・バズルジャ(Buzludzha)の各種グッズを作ってみました。

SUZURIさんにての共産党ホールの廃墟・バズルジャ(Buzludzha)の各種グッズを作ってみました。共産党カラーの赤が眩しいTシャツ。しかしお色は各種選べます。さわやかなロングTシャツ。こちらもお色が選べます。ハンカチなど以外は色が選べるのでお好きなカラーを選択してください。サコッシュというバッグです。元々は自転車ロードレース時にレーサーに渡すドリンクなどを詰める為に使用されるショルダーバッグのことで、必要最...

2018
04

現在ゴリラクリニックdigさんに寄稿させて頂いております - Articles on other media -

今年の夏辺りから『ゴリラクリニックdig』という「オトコの“気になる”を刺激するメディア」にて記事を書かせて頂いております。当ブログの趣旨とは違う記事をもりもりと書かせて頂いているので、興味がありましたら是非チェックしてみてください。今回は今まで書いた記事を紹介させて頂きます。※中には刺激が強い記事もございます、くれぐれも読む際は自己責任でお願い致します。【閲覧注意】富士の樹海は想像以上に美しく、発見し...

2017
31

【ありがとうございました】コーカサスの虜・キヤノンギャラリー銀座終了しました。次回は札幌で…

と、いうわけで無事キヤノンギャラリー銀座での展示が終わりました。次回、及びそれ以降のスケジュールは下記となります。● 概要『コーカサスの虜』アジアとヨーロッパの中間と言えようコーカサスの国々は「山を越えれば民族が変わる」と揶揄されるように少数民族を数多く抱える他民族国家だ。山を、谷を、国境を超えるたび民族、景色、宗教、文化が変わる様子はまるで一回しするごとに模様が変わる万華鏡のようだ。故に、何百年も...

2017
08

モーターマガジン社さんよりカレンダー『コーカサスの虜』が発売されました

この度、『月刊誌「カメラマン」で活躍する写真家たちのカレンダーシリーズ』として当方の写真のカレンダー『コーカサスの虜』が発売されました。サイズは横410mm×縦300mm(A3サイズ相当)。大きめサイズでお部屋を彩ります。受注販売なので、注文してから2週間後くらいのお届けになります。アルメニア、グルジア(ジョージア)、アゼルバイジャン。そしてそれらに付随する未承認国家や自治共和国の写真です。何卒よしなに。ご注文...

2017
19

11月より写真展『コーカサスの虜』キヤノンギャラリー全国巡回開始します

2017年11月よりキヤノンギャラリーさんにて写真展を開催します。アルメニア、グルジア、アゼルバイジャン、ナゴルノ・カラバフ、アブハジア、ナヒチェバン…の写真を展示させて頂きます。今回銀座、札幌、大阪、名古屋と全国巡回となります。● 概要『コーカサスの虜』アジアとヨーロッパの中間と言えようコーカサスの国々は「山を越えれば民族が変わる」と揶揄されるように少数民族を数多く抱える他民族国家だ。山を、谷を、国境を...

2017
14

唐突ですがイベント決まりましたその2『幽幻廃墟 – 未承認国家から日本まで 幽幻なる景色を求めて -』

唐突ですがイベント出演が決まりました。誰が驚いているって自分が一番驚いています…という催しその2です。大阪にあるロフトプラスワンウエストさんにてのイベントです。- イベント概要 -国として認められず、紛争により廃墟ばかりが残った未承認国家。チェルノブイリ原発事故で生まれた大規模な廃墟都市。そんな廃墟を収めた写真家・星野藍による初の本格廃墟写真集『幽幻廃墟』。イベントでは、チェルノブイリ原子力発電所の事...

2017
13

唐突ですがイベント決まりました『星野藍「幽幻廃墟」出版記念トーク』

唐突ですがイベント出演が決まりました。誰が驚いているって自分が一番驚いています(笑星野藍「幽幻廃墟」出版記念トーク- イベント概要 -1986年、ソ連崩壊の遠因とも言われるチェルノブイリ原子力発電所事故が発生。負の遺産を引き継いだウクライナには、まるごと廃墟と化した都市が存在します。本書では、病院・遊園地・冷却塔・電波塔(ミサイルレーダー用)などの廃墟を収録しています。ソ連崩壊は、一方でソ連を構成していた...

2017
04

Fashion Press様にて、当方の写真集紹介して頂きました。

三才ブックス様より、この度二冊目の写真集となる『幽幻廃墟』を上梓する事となりました。こちら書籍の紹介を、ファッションプレス様にして頂きました。有難う御座います。ファッションプレス様の方では本文見本をちらちらーっと見る事が出来ます。宜しければ、よしなに。なんやかんやと、発売日が明後日となりました。Amazon様での発送は9/3より、書店では9/1〜5よりと少しばらつきがあるそうです。...

2017
30

【未承認国家から日本まで】三才ブックス様より幽幻廃墟を上梓致します

三才ブックス様より、この度二冊目の写真集となる『幽幻廃墟』を上梓する事となりました。未承認国家から日本まで、幽幻なる廃墟の冒険。印象的な不思議な表紙は、なんここちら廃噴水。こんな形の噴水があった事に、自分も見た時は驚きました。9月頭発売予定です。何卒よしなに。...

2017
16

【あと9日】2017/8/2〜8/10 EIZOガレリア銀座さんにて個展を開催します

…と、いうわけでいよいよ9日後となりました。EIZOガレリア銀座さんにて個展を開催します。2017/8/2〜8/10、10:00~18:30「チェルノブイリ・邂逅」EIZOガレリア銀座東京都中央区銀座7-3-7 ブランエスパ銀座ビル3F日・月はギャラリー休館日です、ご注意ください。チェルノブイリのプリントの他、5台のモニターによるスライドショーを公開します。こちらは国内各地の様々な廃墟を写真を公開する予定です。何卒よしなに。...

2017
23

2017/8/2〜8/10 EIZOガレリア銀座さんにて個展を開催します

EIZOガレリア銀座さんにて個展を開催します。2017/8/2〜8/10、10:00~18:30「チェルノブイリ・邂逅」EIZOガレリア銀座東京都中央区銀座7-3-7 ブランエスパ銀座ビル3F日・月はギャラリー休館日です、ご注意ください。チェルノブイリのプリントの他、5台のモニターによるスライドショーを公開します。こちらは国内各地の様々な廃墟を写真を公開する予定です。何卒よしなに。...

2017
06

ラジオライフ2017年5月号 北尾トロさんの連載『マニアッ区紳士録』で紹介されました

ラジオライフ2017年5月号、北尾トロさんの連載『マニアッ区紳士録』で紹介されました。『マニアッ区紳士録』初の女性登場となったそうです(笑)名誉です。愛おしく惚れ抜きまわっている未承認国家についてわっしゃわっしゃーと話させて頂いております。お近くの書店または通販にて。ラジオライフ2017年5月号定価710円(本体657円 + 税)A5判 並製何卒よしなに。...

2017
31

『鹽壺日誌』販売開始しました。and『八画文化会館vol.5 特集:駅前文化遺産 ~地方都市のすがた~』に当方も寄稿致しました。

『鹽壺日誌』鹽壺から一匙の鹽を掬い舐め、世の辛みを偲び憶う。同人写真集を、刊行致しました。鹽壺日誌・第一弾は極寒の旧ソ連の記録。ロシア、アルメニア、ナゴルノ=カラバフ、グルジア、そしてトルコ。廃墟と未承認国家と豪雪と、「まだ見ぬ故郷に憶いを馳せる。」悠久なる旅路。旅の記録のフォトエッセイ・ミニ写真集。文庫本サイズで持ち運びも便利。料金は送料込み1000円。72頁。しまうまプリント様にて印刷。此方通販フォ...

2016
30