fc2ブログ

SATIAN/39 -頽廃放浪記-

廃墟/旧共産圏/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル頽廃放浪記。

【COMITIA147】コミティア147「 レトロホテル寫眞録」東1 L28a にて売り子します

急ではありますが2月25日のコミティア147(COMITIA147)「 レトロホテル寫眞録」にて売り子します。◆概要◆ 日程:2024年2月25日(日)11:00~16:00場所:東京ビッグサイト東(東1 L28a)サークル名「 レトロホテル寫眞録」那部亜弓氏(@aisiyon)と、さかもツインねね氏(@sakamotwin)のサークルです。愛欲空間写真本、すがも本、サハリン廃墟本、火サス諸々販売予定です。私も物販を置いて良いとの事で有り難く南オセチア旅行記...

2024
17

『神保町好事家倶楽部プレゼンツ 「共産趣味ファンミーティング」北朝鮮&ロシア国境』出演します

『神保町好事家倶楽部プレゼンツ 「共産趣味ファンミーティング」北朝鮮&ロシア国境』…に、出演します。【概要】日 時 3月2日土曜日    開場13:45 開演14:00 終了17:00予定場 所 神保町RRR(神保町2-7 芳賀書店5階)値 段 2,500円 ワンドリンクつき出 演 大江・留・丈二 (北朝鮮アニメ研究家・神保町好事家倶楽部会員・著作『北朝鮮アニメ大全』他)星野藍 (写真家・著作『ソ連のバス停』『ソ連の乗り物』『旧共産...

2024
03

映画『すべて、至るところにある』 イメージフォーラムトークイベント出演

映画『すべて、至るところにある』イメージフォーラムトークイベントに出演させて頂きます。2/3(土)13:30の上映後です。よろしくお願いします。それにしても1/27(土)〜2/8(木)の間、リム・カーワイ監督全日トークイベントとはすごいエネルギーだ…!国境と言葉を超えて映画を作り続ける、旅する映画監督リム・カーワイの無国籍映画の真骨頂!ミス・マカオのアデラ・ソーと、国際派俳優 尚玄 のラブサスペンスロードムービー!是非...

2024
18

【写真展告知】『ソ連のバス停』出版記念パネル展

例の如く遠征へ出ており告知が遅れましたが、現在神保町にて展示を開催中です。『ソ連のバス停』出版記念パネル展会場:ネオ書房アットワンダー神保町店(東京都千代田区神田神保町2-5-4 @ワンダー2階)入場料:無料開催日程:2024年1月10日(水曜日)〜 1月20日(土曜日)開催時間:11時〜19時(火曜日〜土曜日)/11時〜18時(日曜日)/月曜定休 『ソ連のバス停』出版記念トークショー出版記念トークショーを開催します。開催日...

2024
17

【イベント出演情報】1月27日・東京キララ社presents「大神仏と旧共産遺産」写真家対談

2024年1月27日(土)イベントに出演します。東京キララ社presents写真集『大神仏』『ソ連のバス停』ダブル刊行記念「大神仏と旧共産遺産」写真家対談概要『大神仏』の著者・小林伸一郎と『ソ連のバス停』の著者・星野藍、そしてこの両作品の編集者である東京キララ社代表・中村保夫でお贈りするトークショウ。ここでしか話せない写真集制作秘話にご期待ください! トークショウ終了後、写真集販売、サイン会も行います。日時 202...

2023
26

APAアワード2024 写真作品部門 金丸重嶺賞 受賞 & YouTube出演情報

この度APAアワード2024 写真作品部門にて金丸重嶺賞を受賞しました。入賞・入選作品は東京都写真美術館で開催されるAPAアワード2024 公募展(2024年2月24日(土)~3月10日(日))に展示されます。京都市美術館 別館2階にて2024年4月30日(火)~5月5日(日)巡回展があります。こちらにて受賞作品を見る事が出来ます。2013年にチェルノブイリから始まった旧ソ連構成国(旧共産圏)を巡る旅は、こんな形で節目を迎えるのでした...

2023
11

『ソ連のバス停』上梓します

この度東京キララ社より『ソ連のバス停』を上梓します。概要星野藍による「旧共産遺産シリーズ」第2弾!! 旧共産圏の魅力を写真で伝え続ける星野藍による「旧共産シリーズ」第2弾は「ソ連のバス停」。ソビエト連邦崩壊後のロシア、キルギス、ジョージア、タジキスタン、アブハジアなどで現存する、西側諸国の我々からは想像もつかない奇抜で魅惑的なデザインのバス停の写真を123点収録。今回6冊目の単書は旧ソ連構成国に残るバス停...

2023
05

YouTube『角由紀子のヤバイ帝国』出演させて頂きました

【巨大建築】旧共産圏に魅入られた女性写真家・星野藍に訊く不思議世界の歩き方!! …と、いう訳でオカルト編集者角由紀子さん&地下編集者福田光睦さんの『角由紀子のヤバイ帝国』出演させて頂きました。ありがとうございます。当方ぬるぬる喋っております。動画は第二弾も出る予定で御座います、待っていただけますと嬉しいです。そして旧共産遺産シリーズ第二弾も、現在練り練りしております…第一弾『ソ連の乗り物』共々何卒よろ...

2023
05

『週刊新潮 2023年10月5日号』掲載されました

『週刊新潮 2023年10月5日号』に、当方の写真掲載されました。旧ソ連の廃墟遺産の写真を幾つか掲載しています。開いてすぐ1ページ目にドン!と写真が載っていたので驚きました。新潮の扉…!是非お手に取ってご覧くださいませ。...

2023
28

『渋谷のほんだな』に出演させて頂きました 他

先日ラジオ『渋谷のほんだな』に出演させて頂きました。「朽ち果てた物の退廃美と、生きる人の力強さ」 こちらより聞く事が出来ます。お時間ある時是非聞いてみてくださいませ。と。繊研新聞7月25日「知見 知恵 知行」コーナーにて『ソ連の乗り物』を取りあげていただきました。 知人友人や見てくださった方達から戦車の墓場、船の墓場、廃造船所、表紙のロープウェイが特に気になると言われる事が多いです。何卒よしなに。『ソ連...

2023
24

悲観レーベル『souk "3songs"』写真提供しました

この度、悲観レーベル『souk "3songs"』に写真提供しました。店売りは8月下旬(まだ正式には未定)開始予定、ディスクユニオン各店、高円寺BASE、高円寺BOY、大阪PUNK&DESTROY、大阪Revenge Recordsになります。souk "3songs"1200yen (tax inc.)Label:悲観レーベル @hikanlabel Rec:Nakamura @mestalla6666 Ikeda Ryosuke @ikd175 Mix:hisanePhoto:Ai Hoshino @satian39 Design:Hirano (yokujitsu)side A1. kaeru2. @side B1. ...

2023
02

旧共産遺産 スポメニックシール 発売しました

旧共産圏に点在する朽ちゆくスポメニック(戦争記念碑)を、『旧共産遺産』著者自らが描き下ろした可愛いイラストがシールになりました!おまけとして、著者のSNSのアイコンやサインなどにも頻繁に登場している、カブトムシの描き下ろしイラストも追加!画像の点線に沿って型抜きしてあるので、スマホや冷蔵庫などいろんなところにペタペタ貼り付けてください!6月21日から7月2日まで開催中の『ソ連の乗り物』出版記念写真展@ネオ...

2023
22

神保町で出版記念写真展開催します

『ソ連の乗り物』出版を記念して、6月21日から7月2日までネオ書房アットワンダー 神保町店にて写真展を開催します。期間中、会場では『ソ連の乗り物』掲載作品のプリント受注販売を行います。最終日の7月2日は在廊しますので、是非遊びにいらしてくださいませ。...

2023
19

新刊『ソ連の乗り物』アレコレ

2023年6月6日、東京キララ社より『ソ連の乗り物』発売しました。それに合わせた書店特設コーナーなどのご紹介です。三省堂書店 神保町本店4階 K06-02棚新刊『ソ連の乗り物』のパネルを展開中。既刊『旧共産遺産』と併せて展開中。紀伊國屋書店 新宿本店5階 B15の棚新刊『ソ連の乗り物』のパネルを展開中。既刊『旧共産遺産』と併せて展開中。インターネットニュースサイト「よろず~ニュース」に当方のインタビュー記事がアップさ...

2023
06

『ソ連の乗り物』上梓します

この度東京キララ社より『ソ連の乗り物』を上梓します。概要1991年、巨大な社会主義国家・ソビエト連邦が崩壊。それから30年以上の年月が経過するが、その遺産の多くは廃れつつもかつての場所に鎮座し続けている。その退廃的な魅力をカメラに収め続ける写真家・星野藍による「旧共産遺産シリーズ」の第1弾となる『ソ連の乗り物』。車、鉄道、飛行機、船舶、ロープウェイ…など、西側諸国とは趣の異なる魅力的な風景を113点収録。今...

2023
15

『廃墟マニアックス! 廃界本』寄稿しました

この度『廃墟マニアックス! 廃界本』に寄稿しました。●定価:2,200円(本体2,000円+税)●体裁:A5判/総192頁/オールカラー●発売:2023(令和5)年4月28日(金)※Amazon.co.jpは絶賛予約受付中、一般書店は28日(金)全国一斉発売●編:中田薫(『廃墟本』シリーズ著者)●発行・発売:株式会社大洋図書アマゾンでの予約はこちらから。〝廃墟的世界〟を「廃界」と呼ぶ廃なる世界に取り憑かれた廃界の旅人13人の饗宴!!廃界の旅人...

2023
15

写真展『旧ソ連時代の構造風景』

Webサイト冒頭より -----2月24日、ロシア軍によるウクライナへの武力侵攻が始まりました。民間人も巻き込まれ、今もなお数多くの人命が失われています。こうした不幸が起きた背景となったロシアの歴史や思想、文化について考えながら、旧ソ連の構造物を撮っている写真家・星野藍さんの写真集をめくってみました。私がそこから何を読み取り、どう感じたかはあえて記載しませんが、色々な感情が押し寄せました。皆さんがそれぞれどう...

2022
28

【第14回朝鮮観光ファンミーティング】登壇させて頂きます

第14回「朝鮮観光ファンミーティング〜いつも心にPyongyangを~」にて、「最新!コロナ禍の露朝国境から見た共和国のいま」を発表させて頂きます。イベントは事前申し込み制です。こちらをご参照ください。第14回「朝鮮観光ファンミーティング〜いつも心にPyongyangを~」日時/11月27日(土)14:00〜17:00(13:30開場)会場/東京・北とぴあ・第1研修室(JR京浜東北線・東京メトロ南北線王子駅すぐ)http://www.hokutopia.jp/access/...

2021
22

『最後にして最初の人類』トークイベント出演致します

直前ではありますが、アップリンク吉祥寺にて8月29日(日)トークイベントに出演させて頂きます。#最後にして最初の人類トークイベント実施決定🎉8月29日(日)ゲスト:写真家・星野藍さん(@satian39 )場所 :アップリンク吉祥寺(@uplink_joji )*実施時間は決定後、劇場HP&本アカウントにて改めてお知らせいたします。『旧共産遺産』撮影時に訪れたスポメニックについてお話を伺いします。 pic.twitter.com/V0nI0jad9J— 映...

2021
25

極東ロシア放浪記 - 2020コロナ禍の旅 - 通販開始

極東ロシア放浪記 - 2020コロナ禍の旅 -通常通販開始しました。〔 概要 〕2020年冬、突如出現する変異株、加速するコロナのカオスの真っ只中…私は何故か極東ロシアにいた。ロシアでの年越しカウントダウン。しかし刻一刻と日々悪化していく第三波の猛威、強化される日本入国の検疫。これは本当に帰国出来るのだろうか。コロナ禍で見た真冬の限界旅行極東ロシアの記録。B5 オールフルカラー54ページ。こちらBOOTHよりご購入頂けま...

2021
03

『旧共産遺産』増刷、イベント配信 他

この度東京キララ社『旧共産遺産』増刷しました。7月23日から始まる映画『最後にして最初の人類』との帯コラボレーションしております。版元様の宣伝で「日本初のスポメニックを大フューチャーした写真集」と書かれており、そうか、日本初だったな改めて…とちょっと感慨深い感じです。全国の書店で絶賛販売中です。何卒よしなに。そして今週末はこんなイベントに参加させて頂きます。東京キララ社presents映画『最後にして最初の人...

2021
13

【イベント】東京キララ社presents 映画『最後にして最初の人類』&写真集『旧共産遺産』特集 魅惑のスポメニックと共産廃墟』

東京キララ社presents映画『最後にして最初の人類』&写真集『旧共産遺産』特集魅惑のスポメニックと共産廃墟こちらに出演させて頂きます。【概要】2021年7月16日(金)開場19:00/開演19:15チケット:1,000円出演:村田らむ(ゲスト)/星野藍/中村保夫ほかwebサイトより日本にスポメニックの存在を認知させたのは、2019年6月に刊行した写真集『旧共産遺産』(星野藍著)だと考えて間違いはないと思う。担当編集として、旧共産圏...

2021
30

【おまけ付予約販売分】極東ロシア放浪記 - 2020コロナ禍の旅 - 予約開始

【おまけ付予約販売分】極東ロシア放浪記 - 2020コロナ禍の旅 -予約開始しました。〔 概要 〕2020年冬、突如出現する変異株、加速するコロナのカオスの真っ只中…私は何故か極東ロシアにいた。ロシアでの年越しカウントダウン。しかし刻一刻と日々悪化していく第三波の猛威、強化される日本入国の検疫。これは本当に帰国出来るのだろうか。コロナ禍で見た真冬の限界旅行極東ロシアの記録。予約販売のみ『ソ連の秘密のおまけ』付き...

2021
27

建築ジャーナル 2021 2月号「新・廃墟論」座談会参加及び寄稿しました - I contributed to a Japanese architectural magazine -

建築ジャーナル 2021 2月号 No.1313特集「新・廃墟論」こちら、「座談会」に参加させて頂きました。及び「写真で見る廃墟」寄稿しました。興味ありましたら是非ご覧ください。特集 新・廃墟論人はなぜ廃墟に惹かれるのだろう。18世紀から19世紀のヨーロッパでは芸術の対象として、日本でも1970年代にはじまり、1980年代以降、何度かブームが起こるなど、廃墟はながく人々を魅了してきた。建築がその機能を失い、朽ち果て、自然...

2021
30

『旅の賢人たちがつくった海外グルメ旅最強ナビ』に寄稿しました - I contributed to a travel gourmet book. -

『旅の賢人たちがつくった海外グルメ旅最強ナビ』丸山ゴンザレス&世界トラベラー情報研究会に、当方も寄稿しました。(Amazonより)すべての食はエンターテイメントだ!旅人なら誰でも経験するひと皿からはじまる物語。屋台・ストリート・珍味・辺境食・高級食材・思い出の味…あらゆる食をたべてしてみよう。◎本書は、『最強ナビ』シリーズにおける1冊で、海外での“食事"にテーマを絞ったものになります。◎旅の賢人たちが旅行先で出...

2020
21

ART & FASHION EVENT 「STYLES」に参加します

気が付けば今週末…過ぎ去る日々の慌ただしさに告知を出すのを忘れていました…すみません。アート&ファッションイベント「STYLES」で『旧共産遺産』写真の展示とトークショーをします。日 時 : 2020/12/12(土),13(日)  10:00〜20:00トーク:両日共に15時より30分程度場 所 : OZ STUDIO渋谷東東京都渋谷区渋谷東1-25-5-3F初めて参加するタイプのイベントです。よろしければよしなに…旧共産遺産...

2020
08

南オセチア旅行記、通販開始します - South Ossetia Travelogue -

南オセチア旅行記の通販を開始します。2020年冬、 旧ソ連の未承認国家のひとつ『南オセチア共和国』へ訪れた時の記録。モスクワから北オセチア共和国、そして南オセチア共和国へ。B5 オールフルカラー54ページ。2000円。通販はこちらより。よろしくお願いします。あっという間に、あれから一年になろうとしている事が恐ろしい。あの後すぐにコロナ禍になって、南オセチアと北オセチアの国境も封鎖され。外国人が入国出来るようにな...

2020
18

2021 カレンダー発売します - 2021 Carender " An unrecognized state of the former Soviet Union " -

今年も出ます、カレンダー。カメラマン 2021カレンダーシリーズ 24 星野藍 「未承認国家カレンダー」。旧ソ連の四カ国の未承認国家。ナゴルノ・カラバフ(アルツァフ)。アブハジア。沿ドニエストル。南オセチア。これらの風景を1年間堪能出来るカレンダーです。玄光社『未承認国家 アブハジア』の表紙にもなりました不思議なソ連のバス停が表紙です。1月はナゴルノ・カラバフ。カラバフのシンボル『我らの山』の雪景色です。4月は...

2020
03

【大阪にて写真展開催】 10/10(土) 〜10/25(日) 365日の1日1旧ソ連 未承認国家妄想濃厚接触旅行展

タイトルが滅茶苦茶ぶっ飛んだ感じの写真展を、大阪の画廊モモモグラにて開催します。365日の1日1旧ソ連未承認国家妄想濃厚接触旅行展〈 概要 〉写真家星野藍による未承認国家と旧ソ連写真展。共産圏特有の巨大建造物群、廃墟化した旧共産圏の風景には言い知れぬロマンと激情を感じざるを得ない。ひたすら圧倒的なその存在感に現代を生きる日本人である我々は何を感じるのだろうか。ナゴルノカラバフ、アブハジア、南オセチア、沿...

2020
09

特殊書店Bibliomaniaにて8/29~9/6『未承認国家写真展』開催します

独立の主張がありモンテビデオ条約が定める『国家』の資格…領域、住民、政府、外交能力を満たし得ると考えられるものの、国際政治的な諸事情により国際社会から広く国家として承認を得られぬ国際連合加盟国となれていない事実上独立した地域の事を『未承認国家』という。 旧ソ連、ジョージア(グルジア)の領土の一部と見なされるも独立を主張し続ける未承認国家・アブハジア共和国そして、南オセチア共和国。古代より争いの絶えぬ...

2020
23