FC2ブログ

SATIAN/39 -頽廃放浪記-

廃墟/旧共産圏/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル頽廃放浪記。

ダムに沈んだ村・大荒沢 - 湖に沈む村 3

霜華 天末に浄く山間から吹き下ろす烈風が容赦無く身体を打ち付ける。ふと、遠くに人影が見えた。最初に出逢ったアマチュアカメラマンの男性とは、別の男性のようだ。大荒沢駅ホーム跡付近で、相見える。村がダムに沈む頃、当時小学3年生だったという男性だ。こうして村々が水面から顔を出す時期になると、町から毎週末やって来ては様子を見るのだそうだ。懐かしそうに、束の間思い出を、語ってくださった。自分達が孫や次世代に...

2014
13

ダムに沈んだ村・大荒沢 - 湖に沈む村 2

土の起源に足音覚ゆ秋田と岩手の境目。何時の日もこの地の空は、鉛色だと言う。風は強く吹き晒し、寒さは厳しい、生きるには過酷な土地だ。寒々しくもそこに大自然の尊大さを覚えずにはいられない。雄大なV字峡に、錦秋湖と云う湖がある。この湖は、人工湖だ。時は50年以上遡る。湯田ダムを建造するに辺り、この地一帯は大規模な移転をする事となった。幾つもの村々が、湖の底に沈んだ。10年に一度姿を現すも、木造の家々は基...

2014
12

ダムに沈んだ村・大荒沢 - 湖に沈む村 1

10年に一度、其れは姿を現す。「10年に一度、姿を現す廃村がある」友人らからそう話しを聞き、いてもたってもいられなくなった。丁度別の友人が一時帰国し、北国へ行く約束をしていた。「ついでに、行かないかい?寧ろ私、ここに凄まじく行きたいんだ」と、振ると。「勿論だよ!」返事は軽快に。3週間引き続ける風邪を長々ズリズリ引き摺り、彼の地へと向かった。[ 続 ]...

2014
11

白き村 伺

久遠にも眠れぬ道祖神のみぞ知る行く末果て明日また捲り世は無常情け容赦生し老いの輪廻合掌...

2010
03

白き村 参

あもうも対話もなさるなら、支離に滅裂長いだけ絡まる呂律に止まらぬ手櫛、毛玉だらけの髪は真黒くまぁ不気味ここのつとうも過ぎ行きいつしか父も母もやや子を隠し閉じ込めた先は黴臭い屋根裏だとかまぁあの家はね最初からそうですから一の年には爪を捧ぎ二の年には髪を捧ぎ三の年には皮を捧ぎ焦点外れは始まりも糞も無いでしょう仏の道を外す等とはね畜生外道微塵の情けも無い四角車を回しませう続...

2010
02

白き村 貳

吊るし上げられ安っぺっちなんもだべぼろっちまんまでなんもねのおっかねもう、おっかねからかえろえなになんだってそこにいっぺしさえなんもきこえない続...

2010
01

白き村 壱

迷いに込んだら此処は何処も細道じゃ瘡蓋剥がし剥がして喰らう続...

2010
31

白き村 零

しじまの向こう人知れぬ山奥でむかしむかしそうむかしでもないようでむかしむかし幾多に満たぬ小さな小さな日々の積み重ね小さな小さな幸せは唐突に…続や、あまりに暑いので、捻くれて真冬の写真を、もってきてみた、です。いやはや…溶ける……orz...

2010
28