SATIAN/39 -廃墟の影片-

廃墟/旧ソ連/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル写真ブログ。

廃歯医者

私の父は、在りし日の「九龍城」に、足を運んだ事のある人間だ。大学時代、日本に留学してきたイラン人と彼は仲良くなった。留学を終えたイラン人の友人は、香港へと移り住んだ。「遊びに来ないか?」帰りの切符は購入せず、父は香港へ飛んだ。美食を鱈腹娯しみ、そして当時完全なる無法地帯・魔窟であった其処へ足を運んだのだ。ただただ一言、羨ましい。そして彼は、カジノで全財産を失い帰国の資金も失う。が。イラン人の友人は...

2016
29

死して尚弄ばれる - 廃火葬場 -

人間の死体のにおい。というものは、独特だ。例え葬儀の為の防腐処理を施したとしても、5日も経てば頬は重力に負け、遺体は全体的に水分が抜けたかのように「ぺっそり。」としている。肌は土色となり「ああ、いよいよだな。」としみじみ思ったものだ。穴に詰めた脱脂綿は体液の色に染まり、気にすればにおいも感じ取れる。動物。とは違う、人間。のにおい。それ自体には、何の感傷も抱かなかった。祖母の葬儀。祖母は、私がたまた...

2016
24

トヲリスガリノザコブッケン

宮廷の選ばれし者、遠きじゃぽんで何を憶う夏の日に。草が、蚊が。凄まじ過ぎて撮影にならなかった。割と街中にあるこの場所、どうやらルンのつく住人さんもいたようだ。秋冬の頃、何かのついでにまた足を運んでみたい。...

2016
01

零咒 - 廃納骨堂 -

白霖の果てに明滅す歹と匕と[ 合掌 ]チェルノブイリから閑話休題…冬休み明けましたら再開します。年末の写真は2011枚…現在の遠征は…何枚に…なるのかな…かな…...

2014
05

フェスティバルゲート

此処がまだ、かろうじてHP残り10位で営業していた、2004年…初めて足を運んだ大阪、最初の観光場所、でした。当時まだ、廃墟写真は撮っていなくて、写真自体も授業で習う位で、寧ろまだ絵を描いている頃でした。だけど、その時感じた何とも言えない隙間感と云うか、退廃感に、沸々と好奇心と冒険心を覚えました。真っ赤な夏。砂色の街に見えたその場所で、クリームソーダを飲みながらぽっくらぽっくら、日傘を差してお散歩しました...

2010
10

春日鉱山

2009年3月頭。買い立てホヤホヤレンズに翻弄されまくり…いい写真ほっとんど全然撮れなかったけど、フォルダの肥やしにするのも可哀想なので、ちょこっとだけ出土ー。被写体としてはとても良いです。しかしきちんと対話が出来なかったっ…!嗚呼。 あとやっぱりソラリス800は苦手なんだ。リベンジ確定です。...

2009
05

長崎県・セメント工場跡・其の弐

さて。軍艦島を観た後ではだいぶパンチは弱いけど、近くにあるセメント工場跡其の弐。撮影はしなかったけど、そこから更に離れたところに小火騒動があった廃ラブホなんかもあります。内部真っ暗で空気も悪いからそんなにおもしろくはないかと。色べったーん粗い石から細かい石迄。詳しい工程はよく分からないけど段々細かくしていくよふな。下を覗く。おまけ。軍艦島から戻ってくる事には朝も明けお目覚め時。たくさんのにゃんこに...

2008
28

長崎県・セメント工場跡

T精神病院の道路はさんで向かい側、小規模な廃墟が御座います。寂しそうに打ち捨てられたストーブさんが心此処に在らず佇んでおります。セメント工場跡の敷地内。離れてあるのは元事務所か。遮光のシートでも捲れたのかすらこのお色具合。…この事務所内部何が厭かって、床一面、干からびた、フナ虫だらけ。…歩くたび。避けて通れぬ乾いた音が。サク、サクッ。スナック菓子を食べるような軽やかなその音フナ虫を踏んでる音ですから...

2008
27

長崎県・T精神病院

ここもまた有名所(だと思う)廃墟・T精神病院。屋上から、軍艦島を眺めることが出来ます。廃墟としては、多分そんなに面白くないと思う。お風呂。雰囲気は暗い。こちらは離れにある建物。1階は散乱しております。2階はカラオケルームがあったりと、なんだか色々、あります。本当に精神病院なのかな。友人は、「この写真、嫌い。気持ち悪い」んだそう。植物とかが。糖尿病や、高血圧に関するパンフレット。老人介護施設とかじゃ、...

2008
26

長崎県某所・廃道

軍艦島の帰り道見つけた廃道。どうやら、旧国道のようです。(未確認。アシカラズ長崎の海は綺麗。透明度が東日本の海とは違いますね。塩風も臭くない。心地よい。現在使われている道路をちょいと外れると、すぐ見つかります。今ではすっかり朽ち果て、波に削られ崖崩でも崩壊し、荒れるに任されているような感じです。柔らかく、だけど残酷な朝焼けがぼうっと夢から醒めない体に沁み込みます。軍艦島は、そう思わせるような場所だ...

2008
22

直島・家プロジェクト、はいしゃ(見た目が廃墟っぽいだけで、廃墟ではありません)

高松よりフェリーで渡る離島・直島。島全体をアートでプロデュースの罠。はいしゃ、とタイトル付けられた建築物。中より外観が、やはり面白かった。廃墟っぽくていいですね(腐...

2008
03

佐世保は味のある素敵な廃墟が多いかも

ハウステンボス駅。かなり、物悲しい気持ちになって、いい、感じ、です。思いのほかガラン、としていたかも。ハウステンボスそのもののイメージが強いから。駅のすぐ近くに放置されていた、タンク。ガスタンク???素敵に朽ち果てる道を歩んでいるオブジェさんでした。佐世保駅近くの廃屋。…初老っぽい男性の霊がいます。ここから、動けないみたい。縛られてると云うか。無害なので大丈夫です。なんだか、寂しそう。スケジウルが...

2008
02

佐世保の旅

軍艦島ついでに、佐世保も行った去年の旅行。白黒アグファでシャッターぱっしゃん。です。かっこよく見えます白黒ハウステンボス。初めて行ったのですがその町並みの精巧さに吃驚!オランダから実際に持ってきた石やら何やらをきちんと使用しオランダの町並みを再現したそうです。お金掛かっているだけあります。バラのお庭、美しかったです。季節がもっと暖かい頃だったらもっと綺麗だったろうに。11月の暮れだったので、本来チュ...

2008
29