SATIAN/39 -廃墟の影片-

廃墟/旧ソ連/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル頽廃放浪記。

螺子巻き紐解き今宵もアリスは讃美崩玉 6

仄かな衣擦れ 青い眇めの見る夢か跪いてお捧ぎなさいな灰被り何時か醒める悲しい夢なら 醒めなければいいと眠りを選ぶ残像を追うが儘踊る仮面舞踏狭間のリデルは久遠の少女指をのばしても 攫むのは風ばかりさらうのは 心ばかり...

2011
01

螺子巻き紐解き今宵もアリスは讃美崩玉 5

月明かりのルーベンス 柔らかなテノール静かなるティ・タイム 枯れ葉の紅茶に赤錆のシフォンケーキ愁い横顔 甘やかなネロリは曖昧に薫る月明かりのティ・タイム 砂糖は媚薬 誘う眠りは棺へのいざない目を塞げばわかる、その意味を続...

2011
28

螺子巻き紐解き今宵もアリスは讃美崩玉 4

ランタンパンプキン 瓶詰めの亡霊炎帝の眠りは未だ醒めず見上げる王座は闇より遠くおねかせしましょう 石榴を口に 耳薊暗闇嗜好の少女游侠蕩ける夜空は蜜の味続...

2011
27

螺子巻き紐解き今宵もアリスは讃美崩玉 3

彷徨の回廊 一条の光群青の月夜に導かれ リデルは足を踏み出しました震える唇 さめざめとした月夜に揃いの青白い肌金糸の如くすべらかな髪を携えて蛍袋を灯火に 眠り鼠を従卒に廃墟が怖ければメキブのタルトを齧ればいいのよタルト・タタンにカスタァドヴァニラビーンズにオレンジピール朽ち無し色のお菓子たち続。...

2011
26

螺子巻き紐解き今宵もアリスは讃美崩玉 2

開かずの扉の甘い秘め事銀のスプンで水銀を掬うの翡翠の卵 樫のボウルにふたつ落として錆の王杓で掻き混ぜませう月詠の秘め事 骨のカンテラ魂宿る黒曜纏う乙女のため息続。...

2011
25

螺子巻き紐解き今宵もアリスは讃美崩玉

手鏡ハンプティン此処は何処の時間の國迷宮アリス何処も此処も黄泉詠み咽せますアルヘイトウ闇に黒薔薇携えて、夜見讀み目覚めの嬉遊曲螺子巻き紐解き今宵果つるの新しい時間なの続くの...

2011
24

白華霧

柔らかな煙霧、白に抱かれる朝も在る眸こすりさぁネグリジェの侭幻夢の園を歩こうぞ続...

2011
05

摩耶末期/よ

黄昏に塗り潰そう、終焉の時は近い奏でる叙事詩、上辺片辺糸巻きG線上の片腕マリア燭杯要らず、汚濁の塩生成引き摺り眉唾は三つ叉の矛             ―――摩耶末期―――別れの時はいつだって、寂しい**************************他の末期色(真っ黄色)シリーズはこちら…松尾鉱山~末期色に染まれ~壱松尾鉱山~末期色に染まれ~弐松尾鉱山~末期色に染まれ~参松尾鉱山~末期色に染まれ~四松尾...

2009
12

摩耶末期/み

ここで偶然あった出会いも、別れも、一生忘れない。夕凪に橙。ゆっくりと沈む太陽を背に伸びる影、薄暗がりでかろかろ笑う。同士達を強く強く、惹き付けた。             ―――摩耶末期―――続きます。**************************他の末期色(真っ黄色)シリーズはこちら…松尾鉱山~末期色に染まれ~壱松尾鉱山~末期色に染まれ~弐松尾鉱山~末期色に染まれ~参松尾鉱山~末期色に染まれ~四...

2009
09

摩耶末期/ふ

響き渡るのは、蜩の啼く声だけだった。あれだけ暑かったのに、瀧のような汗も、其のすゞやかな声に、シンと静まる厳かな空気に、すぅっと引いた。彼は、笑った。「是には、本当に神様がいるんだね」           ―――摩耶末期―――続きます。**************************他の末期色(真っ黄色)シリーズはこちら…松尾鉱山~末期色に染まれ~壱松尾鉱山~末期色に染まれ~弐松尾鉱山~末期色に染ま...

2009
08

摩耶末期/ひ

…最近、我がサティアンの写真の黄色率がやたら高いわけですが。まぁ、気にしないと言う事で…マヤカンにて、末期色大作戦。レッドスケール、決行で御座います。危険なお色遊び、暫しご覧あれ。                ―――摩耶末期―――続きます。**************************他の末期色(真っ黄色)シリーズはこちら…松尾鉱山~末期色に染まれ~壱松尾鉱山~末期色に染まれ~弐松尾鉱山~末期...

2009
07

摩耶観光ホテル 其の四

水鏡さんは真実しか映しません。揺らいでもまた其れも真実なのです。壊れてもいいから守りたいと云う感情は、愛と云う脆弱な情から生じる感情ではありますが、壊れてもいい等と云う陶酔しきった自己犠牲では本当に大切なもの等何一つ守れません。「おわかりですか、ナイト君?」四人のアリスは言いました。「今回は仕方ないから帰ってきてあげる。夏休みを終わらせない方法、彼方自身で考えてよ」窓越しにほっぺを膨らませるお姫様...

2009
24

摩耶観光ホテル 其の参

空へ飛んだら、もう戻らないと約束してくれればいいのに。そうすれば、どんなに楽な事だろう。宝の地図から始まる冒険なんて実に在り来たりで、よくある童話の茶番二番煎じかと思っていた。始まりは、書庫に埋もれた虫食いだらけの曽祖父の日記。世界地図逆さに見た世界。天上の染み鐘洛の灯は扉の鍵。続。……連休は、ダラダラバタバタ、忙しないけどまったりゆったりな、よく分からない多分癒し8割の日々でした。廃墟も行ってみま...

2009
24

摩耶観光ホテル 其の弐

迷いは宮か己の心か。四人目のアリスは言いました。諦めなさいな木漏れ日にも為れない脆弱君。希望に為れるとでも思っていた?灰色の肋骨なんて誰もいらないのよ。そうですね。確かに確かに木漏れ日にも為れない脆弱です。フォークは苦手です。スプーンも苦手です。ナイフだって苦手な堕落者です。だけど、こう見えてスキュアだけは得意なんですよ。まぁ、何て事ファランクス。聞いていなくってよお姫様。なんだ、やっぱり来ちゃっ...

2009
17