SATIAN/39 -廃墟の影片-

廃墟/旧ソ連/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル写真ブログ。

松尾鉱山~末期色に染まれ~四

終焉は唐突として訪れる。静かに、そして残酷に。時は止まる。黄昏だけが知っている。窓から手を伸ばしても、届かない。知っている。腰を覆う黒髪を垂らしても逃げられない。知っている。あの時、逃げていれば良かった、と。口の中が灰で乾く。放つ言葉は樺茶に煤け、逸らす瞳に映える頬だけが素直に真赭。優しい嘘は朽ちても枯れぬ、動かぬ足は蜈蚣足。猩々緋に甘え過去を貪る。荒野に果つ日は、断じて近い。続きます。...

2009
29

鹿島海軍航空隊跡…回帰/壱

2009年、3月。鹿島海軍航空隊跡。なんやかんやで、4回訪問致しました。思い入れのある場所です。廃墟を美の被写体として捉えたのは、3回目からなのですが。とてもとても、好きな場所です。(前のお写真は、こちらからどうぞ。)ただただに澄み渡る青空に、ただただに伸びる煙突が気持ち良い。会うたんびに、違う、新しい発見があるのです。時間帯によって、光の入り方も違いますしね。この度は、午前中。前回は、午後。なるほろり...

2009
26

千葉辺り…ちょこっと廃墟。

松尾さんの、閑話休題口直しなど如何でせう。2009年3月に、ついでに見ようかと回りました廃墟さんを。ちょこっと。裏は海、辺りには風車が連なり。煙突が目印の某廃墟。浜辺を目の前にすると、ムショーに、両手を広げて走りたくなります。高い高い、煙突。のぼりたいなぁ…もやすのー水平線目指して、何処までも何処までも、走り続けたいです。...

2009
25

松尾鉱山~末期色に染まれ~参

松尾鉱山~末期色に染まれ~参乾き砕け散る壁の為れ果ての上。何を思うか、錆鉄御納戸床の蓋。為す術を失い、やがて訪れる神々の黄昏、絶望の光が差し込み……(…実際は、夕焼けのような光が差し込んでいるわけではなく、時折気紛れに空が覗く、曇りの天気でした。)どうでもいいけどU1さんは某七號棟出身(謎)窓から首を出す、思いもしない素敵なこんにちは。黄櫨に泣く、泪の色は死人にクチナシ。続くのです。...

2009
24

松尾鉱山~末期色に染まれ~弐

松尾鉱山~末期色に染まれ~弐末期色、と云うのは。元来、「真っ黄色」。其の黄色過ぎる色味から生まれました当方の造語(造色?)…で、御座います。神々の「黄昏」終焉を顕すかのような、闇で覆い尽くされる直前のような、この黄色に寄せる感慨深いデカダンスは、焦がした鼈甲飴のように甘く、苦いものであります。此のお色に順次お染まり在らば、至福の極みで御座います。続きます。...

2009
23

松尾鉱山~末期色に染まれ~壱

かつて、「雲上の楽園」と呼ばれた其処は、幾何の遷ろう時の流れるまま、荒れるに任せ荒野に果つ、無機質な虚無黄昏に染まる、絶望とも取れる夕闇の色に寄せるは望郷純然為る望郷暫し游侠たる孤高をお楽しみ頂ければ、幸いです。松尾鉱山~末期色に染まれ~開幕。*こう云ったお色を出す、珍しいフィルムを使用致しました。...

2009
22

田老第二小学校 四

落とし穴は幾何の中に唐突に在る。呑まれていると気がついた時、其れはもう這っても足掻いても出られないとっても素敵な蟻地獄。朗らか笑顔は魔法の仮面嘘に息吹き心に棘が咲く。細足重なる燿劫牢従。傷を負わないモノだけが全てを忘れる。現世に縋り付く御心こそ愚道、如何にもヒトに相応しい。とてもとても、温かい。モノには記憶が宿ると云う。此処には無いけどよくある話しが、石の記憶。石は本当に強い。色濃い記憶を宿す。此...

2009
19

田老第二小学校 参

置き去りの小部屋で何を思うか反省起立の濃茜滑稽起立、足は棒っこ見下ろすバケツはカロカロ笑う白墨の記憶遠くに霞み常磐の板が繰り出す言葉はエンドレスリターン斑に染まる暗がりの教室噂の蝙蝠いずこへ消えた彼方を置いて何処へ行きましょう何処へでも、いいえ何処へもひとりぼっちの放課後教室永遠に続く居残り勉強続くのです。...

2009
17

田老第二小学校 弐

ぽやぽやと、曇りのお空に陽がさした。日だまりの中、こっくりと。格段明るいと云うわけではないけれど。しっとりとしていて。静かで普遍的な優しさ。そんな天気が、ここには似合う。時の流れは、とても、ゆるやかだった。自分が通っていた小学校の旧校舎は、とても古く、老朽化が進んだ事もあり、自分が小学五年生の時に解体する事となりました。その最後、旧校舎とのお別れの日。有り難うの気持ち、今までお世話になりました、旧...

2009
16

田老第二小学校

田老鉱山にゆきましたついでと云ってはなんですが。自分にとって初めてと為りました小学校廃墟。です。鉱山施設と小学校は切っても切り離せない関係だとチラリと伺い。廃墟さんしていると、今まで自分の中で結びつきもしなかった様々な関連性が見えてきて、非常に面白いです。わっしわっし。わっしわっしわっし。草まみれ。曇りのお空じゃなくて青いお空が良かったな。ひょこ。おこんにちはです。やわらかなお色が気持ちをほぐす、...

2009
15

【つはものどもは、ゆめのあと】佐野レジャーランド/佐波ヘルスセンター【解体残念】

此処最近の東北三大鉱山から閑話休題。2008年、12月、だった、たぶん。それか2009年2月辺り。に、赴きました、佐野レジャーランド又の名を佐波ヘルスセンター。バトルロワイヤルや仮面ライダーのロケ場所としても有名、サバゲーのフィールドとしても使われていた(らしい)、とても美しい廃墟。1度お目に掛かりたい、と思い。足を運んでみました所。………………すでに更地っ…!!!1回目、探した時は、見付からなくて、2回目の探索、仕...

2009
11

尾去沢鉱山 其ノ六

嘆きの国の協奏曲積み重ねられし歴史を踏みしめる度地に沈むスタッカート心に残る充足感と、それに入り交じる高麗納戸の虚無感勿忘いでしょう、譬えこの先何があっても水鏡は嘘を吐けない愚と為すか卓と為すか、答えは常流離う儘君次第彼方の散り際に華咲く時、再び相見えるでしょう散る楢ば、孤高に聳える霊験為る剣と成れ滅びとは、創造のはじまり...

2009
08

尾去沢鉱山 其ノ伍

白と黒に塗れた、形容し難いビザールな此の気持ち。尾去沢鉱山、取り敢えず次ぎの更新でラストで御座います故。次回予告は…某小学校の前に某廃墟の更地と化した切ない姿でも載せます候。刻は流動的、有りも無しも残酷な儘。コンテナ浪漫す。ぼんやり遷ろう錠前破りの記憶。…煙突迄繋がるあの道を、まさか歩いただなんて。夢の中だけだと思っていた場所に、来てしまったなんて。正直、現実味が無い。…膝丈お靴が土煙で赤々しい。…在...

2009
04

尾去沢鉱山 其ノ四

此処の見所の、一つでも御座いますは、…モリモリと、朽ちたコンクリートに空いた穴から侵入し、突き進む、煙道で、御座います。写真だとちょっと伝わりにくいかもしれませんが、こちらの大きさも、これまた廃墟の大きさの概念を覆すものが。天井に、ジャンプしたって手なんて届きません。アタイの身長(160cm)の倍以上高い…筈。所々と云うか壁はボコボコに穴空いているので、時折顔出してチラリズム景色。カナリ急な傾斜を登り続...

2009
03