FC2ブログ

SATIAN/39 -頽廃放浪記-

廃墟/旧共産圏/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル頽廃放浪記。

田老鉱山/其ノ六

全六回でお届け致しました、田老鉱山も、本日で幕をおろしまする。最後は、「嗚呼田老鉱山!」と、わかりやすい、田老鉱山を、こう、どかんどかんと、載せていこうかと。人の体温よりも、コンクリートの冷ややかさと鋼鉄の機能美故生まれる造形美の方が、愛しく感じます(笑)田老鉱山の概要は、もう言わずもがなな感じですが、岩手に御座います硫化鉱を採掘していた銅山でした。1919年(大正8年)にラサ島燐鉱(現在のラサ工業)...

2009
31

田老鉱山/其ノ伍

拒まずとも駆け上がろうか、未知への探求心高鳴る方向へ退廃に溺れた奇縁のパルテノン偶発為らぬ自明必至口の中で甘く溶ける白双糖よろしく檳榔骨に寄り添い空を目指す細木賊足折り枯丁子、桝目を覗く二重瞼で一際意地悪続きます故。...

2009
30

田老鉱山/其ノ四

君が生きているなら、君はいずれ死ぬ時にしがみついて永遠に生きることはない潮の満ち引き、寄せてはかえす君は彼女を見付けるために、それを真実としておかなければならない全ては叶わぬ儘…ソナタ・アークティカも、非常にいいですね(爆U1さん、ヘヴィメタ大好きなのです……物心つく前から、家ではローリングストーンズやレッドツェッペリンが流れていて、日曜の朝は、ロックに母さんの焼いたスペイン風に似たほっこりしたオムレ...

2009
29

田老鉱山/其ノ参

弛みを知らない純然たる滅びに恍惚を覚える。切り取る場所全てが絵になるなんて、何て贅沢な。肉よりも、骨の方が、贅沢なのですよ。だって、本質ですもの。シャッター音が、吸い込まれるよふ。無機質為る儘受け入れる。有りしも無しも、此処には全てが或る。続きます。...

2009
28

田老鉱山/其ノ弐

柵に囚われし撃墜王よ、孤独になりとも空高く飛べ田老鉱山/其の弐足枷泥濘天には重蓋在りしとも突き進め、飛ぶ為に生き生きるために飛べ回り舵を切り死角を手に入れろ、遂行か死だ羽を骨を折られても飛べ、追撃せよ……アイアンメイデンの、撃墜王の孤独(Aces High)は、最強の、名曲です。硬派だ。非の打ち所の無いツイン・リード・ギターに燃え過ぎて心果ててしまいます。さて。続きます。...

2009
27

田老鉱山/其ノ壱

時に蝕まれるが儘朽ちるその身に常磐を這わせ。霊験為る此の場所に、言の葉等正直無用で御座います。肌で感じろ、ただただそれだけ。呑まれに飲まれ、退廃に酔い痴れる此の場所で。暫し深縹お戯れ遊ばせ。続きます故。...

2009
24

新潟R村_6

ソナタを奏でるには遅すぎた劈くピッチカートは戦乙女の真白き腿を裂き天上の光、届かぬ想い似而非純潔をせせら嗤うコシチェイどちらが椅子の脚よ鶏骨滑稽色とりどりの鼈甲飴味は一緒の鼈甲飴見掛け倒しの本質倒錯弾きますか?弾きませんか?歴世に為れぬ浅はかな信仰写真を撮る事我が秘跡蒼范の刹那を口遊み振り向かず、去る。++++++++++++++++++++++++++次は田老鉱山です。やっとこ、載せまする。...

2009
23

新潟R村_5

昨日に引き続き、マンモスさん見参。しかしこちら打って変わってホネホネロック。きっと見えない所で踊っているんです。贅沢な骨なこったで。離れたあんよがひとりあるき。陽気な場所だよ、ほっこりと。自分達以外に、小さなお子さんを連れたご家族が見に来ていらしたり。お父さんかお母さんが、遠い日の想い出を垣間見たかったのかも、しれませんね。自分にとっての、高子沼グリーンランドみたいなもんなんだろうなぁ。最も、自分...

2009
22

新潟R村_4

明日への旅路を一歩踏み出し。しかし阻むは鉄の柵。嗚呼無常、マンモスちゃん。彼方は篭の中の鳥に等しく。もののあはれなり。うんとこどっこいしょなんでもできちゃうはずなん、だーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーまさか廃墟にこんな立派なマンモスちゃんが残っているなんて。R村、場所によっては相当に荒らされているのですが、こちらマンモス至極の状態と言っても良いものかと。何かもう、それだけでテンショ...

2009
21

新潟R村_3

今回はネタ要素も交えつつなお写真公開で。北斗の拳に出てくる、「でかいババァ」を初めて見た時の衝撃。と、似たような衝撃を、此処で、覚えた(何ばばぁこわいよばばぁKA・KU・DA・I(はぁとこういう類の人形等を見ると、とても悲しい気持ちになります。壊さないであげて…そっとしてあげて…R村は、ここ近年で一気に荒らされたと云う話しを聞きましたが、確かに、他サイトさんの数年前のお写真と比較してみると、かなり荒らされて...

2009
17

新潟R村_2

魔女ヤガーは言いました。さて、そろそろ時間だね。ベロボーグの馬は天駆け空割き雨を抜ける。燃える眸に映るチェルノボーグ叙事詩に刻もう彼の死をいってらっしゃいませシチェーク様祈りまするは彼方の息災そして勝利心の臓に乾いた制裁を続きまする。...

2009
16

新潟R村

ブルーな雨月に晴れ目を見つけ。天気も気持ちもいいこんな日に。やってきましたは新潟の異国。なんだかとってもファンタジィ。こっそりと草むらのヒーローさんもこちらを伺っていらっしゃいます。ようこそです。おこんぬつわ。メルヘンお屋根が心を弾ませます。今日は素敵な廃日和。うだるような暑い日が続きますね。帝都はだるーんと溶けそうな毎日です。。だけど、だからこそ、廃墟ですよ(何...

2009
15

ハリアナずっきゅん

たまには廃墟以外の写真でも。その昔トイカメラにどっぷりとはまっておりまして。その時買いました自分で組み立てるピンホールカメラ・シャラン。時折廃墟でも使っておりまする完全お遊びカメラさん。パンフォーカスの夢心地ふわりふわふわな世界は、一眼には無い魅力を持っております。…お値段980円也。安い!お手頃!簡単!楽しい!多重露光もとっても簡単。二重三重四重お好きなだけ。思い出の1ページを刻むのも、たまにはこん...

2009
14

日本粘土鉱業岩手鉱業所/参

さて本日でとりあえずおしまいの、日本粘土工業。彼はとんでもない伏兵です。侮ると、ヤられます。骨抜きにされます。電気ブランよりビリビリの味覚視覚聴覚全ての感覚で感動を覚える廃墟さんです。時間が無くって行けなかったのだけど、上の方にも、もりもり、残っているようです、色々と。魅惑のレィルさん。よそ見するとヤケドスルワヨとな。木造。日本の建築は、基本、木造。日本の廃墟は、朽ちる事が前提。古い木のにほひは、...

2009
14

日本粘土鉱業岩手鉱業所/弐

煙突色香責め三本立て。他ではお目に掛かれない実に珍しい色物構造。至極。この煙突さんが本当に、でっかいんです…この感動は、どうやって伝えたらいいのだろうか…(…失敗写真だけどいいや載せちゃえ。/腐↓この子。某ISO1600フィルムはいい時はいいがよろしく無い時はちょっと、アンニュイ…使い勝手が、悪くはないが、良くも、ない。難しいです。)あとちょっとだけ続きます。...

2009
10

日本粘土鉱業岩手鉱業所

夜が明ける。彼誰時の薄曇りに重たい瞼を擦り、横に見ゆるは……廃墟也。微睡みから一気に、覚醒した。余りに唐突に現れた其れに三半規管が無限反芻状態至極の木造論理回路連なるリビドーにジークムントも思わずダダモレ…続きます。...

2009
09

松尾鉱山~終焉ノ痕・序曲~其の参

終わりだけど、終わりじゃないのです。隙間から覗く、と云う行為。枝から、木々の影から覗くと、いじらしい髪靡かぬラプンツェルか待ち人来ずの棘姫か。影はのびる。空に駆け上がる。風が強い。嬉しくなる。勇侠を彼方に見ゆ。凍てつく炎を心に灯し、ここからなら、本当に飛べそうだ。松尾鉱山~終焉ノ痕・序曲~終幕。松尾鉱山は、おNEWのちょっと素敵なポジフィルムでも撮ったので、そちらも、追って、掲載していきまする。松尾...

2009
08

松尾鉱山~終焉ノ痕・序曲~其の弐

廃墟の写真を載せがてら、今まで此処でも何度か書いた、廃墟写真を撮るきっかけや、目的だった事等含め、話していこうかと。此の話しをブログ内でするのは、これで最後にするつもり。誰かにして、って言われたらするけど(笑…そう云った意味も含め、終焉ノ痕・序曲、でもあります。私は元々、イラスト描きでした。年に何度か個展やらデザフェス出展、GEISAIに出したり、そんな活動をしていました。けど、描けなくなってしまいまし...

2009
07

加治川/廃橋

廃橋…ってジャンルは、あるのかな、かな、きっとあるよね… って事で。新潟県に御座います、赤谷鉱山跡の産物、加治川の廃橋です。向かいましたはつい先月、何週間前か。青々強い緑が目に優しく肺に染みこむ。鉄山専用鉄道を走らせていた此の鉄橋。そそられるものがあります。自分たち以外にも見に来ていらっしゃる方々がおりました。お近くに住むご夫婦で、旦那様は其の昔此の橋を渡られたご経験があるとの事…!耐久性がかなり危...

2009
06

松尾鉱山~終焉ノ痕・序曲~其の壱

嘗ての楽園は泪すら枯渇し、現世に留まる其の理由、なけなしの情か断ち切れぬ脆弱か夕刻は浅縹に染まり、何時しか見た黄昏等まるで上の空気紛れのように時折聞こえる足音に息を殺し見計らうは、一斤微笑む躑躅の夢詰まる言葉は流します朽ちても尚、此処は楽園松尾鉱山~終焉ノ痕・序曲~開幕。続きます故。...

2009
03

鹿島海軍航空隊跡…回帰/弐

彼方は心を固く閉ざし、そう其れは恋を忘れた小綬鶏の如く。…分院跡は、入りたくても、入れないのです…(涙がっちりと、固い扉、頑丈な鍵。素直に諦めます。泣く亡く鳴く。遠くで聞こえる轍の音。風に揺れる背高のっぽの草の音。心地よいお天道が入る工場跡は、いつ来ても静かにこっくりと、あるがままに受け入れてくれるような温かみを感じる。やっぱり好きな場所だなぁ…此処で、体育座りしてぽやーっと、一日していても、飽きな...

2009
02

松尾鉱山~末期色に染まれ~伍

黄昏。終焉の先に在るものは。再生か、完全なる死か。此処に在るのは。死を厭わぬ、死。世の憂きにつけて、眸に突き刺さる棘に黄色い涙。過去と云う名の足枷外せぬ儘、窓から見揺る空に馳せるは永劫。天地玄黄。確かに其処は、楽園だった。松尾鉱山~末期色に染まれ~終幕*****************松尾鉱山は、他のフィルムで別な表現もりっとまるっと此からも登場。飽く無きデカタンス、滅びの儘に。お楽しみに…...

2009
01