fc2ブログ

SATIAN/39 -頽廃放浪記-

廃墟/旧共産圏/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル頽廃放浪記。

東京ダンチズム ~青山北町団地3(+α)~

ぐでり独り言交えぷらり気の儘東京ダンチズム。…気がつけば、廃墟や工場、そして建築物ばかり……を、追ってばかりな日々。そう遠く無いけど遠い日をぽやーんと振り返る。(…“デート”って、一体、何をするんだ?定義が、分からん。いや、あの頃は、きちんと、出来ていた筈なんだ。きちんと。きちんと。…なんだ、ただの義務だったんじゃないか。)思考は再び、無機質なコンクリートへと移行される。(不感症な日々に、乾杯。 僕、完...

2009
30

旧八穂排水機場/参

ぶわんと遠くで時々聞こえるような聞こえないような走行音以外は、ほんのり埃臭いだけで物言わぬ、静かな廃墟。おみなえしに、ぬればをたたえませう。川の翡は、首を吊っても文句は言いません。この時すでに夕刻、夢のような参日間にもいもい。夕闇は寂しい泪すら掻き消してくれる、優しいですね。今夏に行った、関西廃墟遠征、最後に立ち寄ったのが、此処でした。数日かけて、マヤカン→弁柄→ストリップ劇場→ロープウェー→発電所→...

2009
27

旧八穂排水機場/弐

ぽっかりと、浮島のようにぽっかりとした其の場所は、田んぼと川、遠くに工場の見える、やっぱりぽっかりした場所でした。ちらのリズム、引っ張れば芋づる式。彼らはモノを言いません。彼らはナニも在りません。ただただに、虚ろな器だけが虚勢の存在感だけを残し、転がっておりました。虫も這わぬ地は渇いた儘、続くのでしょう。其れで良いのなら、良いのでしょう。お次でラストなのです。クロス現像は楽しいけど、やっぱりもう1...

2009
26

旧八穂排水機場

此処もまた、そう遠くない日に忘却の彼方へ向こう岸に行くのですね、もいもい主題命題、「もいもい・わんでるんぐ」其れは魂の高潔を保つ為行われる退廃か、否、退廃と表裏一体の栄華、全ては紙一重。悪しきか良しきか知りませぬが、夢で或る事だけは、確かのようです。願わくば有平糖のように。時に歯をしばみ黒蟻笑む。続きます。クロスプロセス廃墟さん、第貳弾は旧八穂排水機場で。やんぐごーごー...

2009
24

小さな廃紡績工場 - 山奥に眠る糸紡/ み

ほっぺたに、なんだかながい、白い毛がはえていました。ながさにして約5センチメートル。あれ、こんな毛、あったかな…そりのこしの産毛の類だとおもい、抜こうとひっぱってみました。するり。その感覚はほほの裏側をつたいました。白い毛は、ながく、なりました。あれ?なんだろう。白い毛を引っ張ると、ほほの裏側だけではなく、その感覚が鼻をつたい更にそのおくをくすぐるようなかんじがします。するする、するする、糸はのびま...

2009
08

小さな廃紡績工場 - 山奥に眠る糸紡/ふ

こそりと切り取る1ページ。岡の山の繊維工場、其の貳。これは紙芝居、見て、讀む物語。真の讀み手は私に非ず、貴方で御座います故。撮り手で讀み手では此処では御座いますが、廃墟と云う被写体に面した時、それはすり替わりまする。いえ、写真を見ている此の時でも、何を私が讀もうとも、結局何を感じるかは、貴方次第。物語は紡がれます幾許の時であろうと。続きます。...

2009
05

小さな廃紡績工場 - 山奥に眠る糸紡/ひ

柔らかな陽の羽衣、猛暑も忘れる深い山で出逢いましたは糸紡。緑も優しく微笑みかけます。状態至極、ゆるやかな時の流れに添い、逆らう事無く従順に朽ちゆくようです。見失う事無く、有りの儘其の儘に朽ちてゆけるのは、嗚呼何て幸せな、永久の眠り。続きます。...

2009
04