SATIAN/39 -廃墟の影片-

廃墟/旧ソ連/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル写真ブログ。

田老鉱山・再/星紡ぐ夜・三夜目

夢痕を食い潰す 行為に背徳闇に溶け込む 朝焼け迄の刹那甘えよう 其の夜に…闇鬱におはようございます。...

2010
30

田老鉱山・再/星紡ぐ夜・二夜目

色めく風雲夜を纏う一夜かどわす風見鶏 首の回らぬ麝香猫瞳は硝子 まんまる硝子水晶体に反芻 仄暗い音色続きます。...

2010
29

田老鉱山・再/星紡ぐ夜

彼の地にてまたも夢現まどろみに身を任せ星紡ぐ夜続きます。...

2010
26

みちのく廃バス浪漫

This・is・マイ・故郷・うつくしま・ふくしま。盆地よろしく夏は暑く冬は厳しい寒さにこんもりお雪に理不尽を感じずにはいられず。家のお庭・駐車場一面60センチも積もる雪で埋め尽くされた日は半泣きで早朝雪かきに勤しんだものです。夏は夏で、母さんに500円玉握らされ一心不乱に草を毟ります。あなやー!地元に帰るたんび会いに行く此の廃バスちゃん。我が愛犬のお散歩コースにあるのですが、自分が知るだけでもう15年は其処に...

2010
24

さよならまつおちゃん 六

過去を見据え胎動を抱き指先で感じる心を辿り明日へと続く久遠の旅路にほんブログ村にほんブログ村...

2010
23

さよならまつおちゃん 伍

愚にも付かぬ愛想笑いよりも、足音立てぬ滑らかな上の空を。白菫のヨヲコ。一月早かったが、壱拾六の祝いにと彼はヨヲコにアールヌーボー調の金細工を施したミーアシャムの環を贈った。冬生まれのヨヲコに似つかわしい白妙を湛える覗き込むもの全てを真白に吸い込んでしまいそうな、環だった。ヨヲコは曖昧な表情の儘、環を左薬指にはめた。ぴったり。ぽつりと呟き。有り難う、ナトリさん。有り難う。ヨヲコが嬉しいのか哀しいのか...

2010
18

さよならまつおちゃん 四

二重の羽衣軽やかな板飴をパリポリと、移ろう睛瞬かせヨヲコはかじる。そうだ、ヨヲコは飴もよく好んだ。彼はよとヨヲコと丘陵の上白い風車を見に行った。そこでもヨヲコは板飴をかじった。水筒にたっぽり冷やし飴、冬は其れを人肌に温め。肉桂の薫りが彼女と彼の唯一の繋がり。ヨヲコに他の周防の匂いは薄々感じていたが、彼は此れといいヨヲコを責める事は無かった。夢から醒めた時、其れは全て終わるだろうと云う事を、彼はよく...

2010
17

さよならまつおちゃん 参

白菫の鏡面世界。彼は、ヨヲコ程多面的な少女を他に知らない。佰も千も億すら越えて、ヨヲコは何処にもいなかった。ヨヲコは悉く餡菓子を好んだ。金鍔、石衣、羊羹。ヨヲコは彼によくカステイラを焼いた。南蛮よりもハイカラ風味、楓蜜と月桂樹の隠し味。珈琲と食べて。オオヤミノルじゃないと嫌よ。本物より本質を知りなさい。年に相そぐわない軽やかなダンディズムとも取れる装いを知るヨヲコは魔性だ。本人死して知らずの計算霧...

2010
16

さよならまつおちゃん 弐

墓標は硝子、卒塔はアルヘイ、華には紫陽、其の言の葉堪えるは。ヨヲコは莫迦だね。彼は云う。眸に紺碧を湛え潤みに一葉、シュミィズから伸びる幽の細足で絡むヨヲコ。莫迦で結構、馬でも鹿でも無いんでしょう。だから、莫迦なんだよ。彼は亦、云う。解れ掛け生成のトーションレースを手わすら、ヨヲコはむくれる。あなたは夏野菜に日照りる蟷螂よ。九醒宮の常しえ、醴千酩の築きし楷書のよふな芯強きしなやかさ。激流に崩れぬ緩流...

2010
15

さよならまつおちゃん 壱

……2009年。参回、足を運んだ、まつおちゃん。男はね、引き際が肝心なの。しつこい男は嫌われるわよ。………好きです!!暫し続く。にほんブログ村...

2010
12

続・マエカブ

前略、マエカブ。マエカブよろしく顔面エロス日本代表五本松。お風呂いっぱいにね、お湯を張ってね、そこに、ゼリーのモトを入れてね、あ、メロン味がいいな、きれいな、グリーン、そこに、女の子入れて固めて、そのゼリーを少しずつ舌で掬い取って、食べるのが、僕の、夢。マエカブよろしくほろ酔い営業職は社内トルコよろしく枕で客を取る奴さ。ああ、代理店?そうだな、イノツカさんは云う、中指突き立てて心から死ね。俺は仕事...

2010
12

東京末期 ~黄昏に見ゆる栄光~ 同潤会上野下アパート 5

ここの寿命も、あと3年程ではないだろうか、と、誰かが言っていた気がする。三ノ輪と同じ運命を、辿ってしまうのだろうか。そう言えば、九段下アパートは今、どうしているだろう。最後に足を運んだのが去年の秋。よく通っていた喫茶も閉店していた。ハンバーグとオムライス、とっても美味しかった。先輩に説教されたり、友人と話し込んだり、やっぱり先輩に説教されたり。思い出の中だけに、なってしまうのが、とてもさみしい。お...

2010
11

東京末期 ~黄昏に見ゆる栄光~ 同潤会上野下アパート 4

一見空ろな蝋紫黒、ポーカーフェイス宜しく悟りの境地金赤の鱗纏う其の御心仏陀だから、見ていてなのね最期迄。続きます。**************************他の末期色(真っ黄色)シリーズはこちら…松尾鉱山~末期色に染まれ~壱松尾鉱山~末期色に染まれ~弐松尾鉱山~末期色に染まれ~参松尾鉱山~末期色に染まれ~四松尾鉱山~末期色に染まれ~伍JFE 第5高炉/工場末期JFE 第5高炉/工場末期2JFE 第5高炉...

2010
10

廃ループ橋

…何やとかにや。もう、この場所を撮ってから、一年近く経ってしまいました。…早いなぁ…廃墟屋さんを初めて、2年と4ヵ月。ブログが廃墟化して2年位…??去年は、なんだか凄まじかったです。レンズ、7本増えてしまったし…東北に何度行ったか分からない…(実家が東北だと云う事もあり、何かと便利でした。)今年もまぁ…きっと凄まじい事になると思います(もうすでになってる)。よしなに。次はどのレンズ買おうかなー かなーおさん...

2010
09