FC2ブログ

SATIAN/39 -頽廃放浪記-

廃墟/旧共産圏/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル頽廃放浪記。

峰の沢鉱山住宅跡 伍

三つ眼は床から覗き上げる漫に続...

2010
30

峰の沢鉱山住宅跡 四

水晶体に映る景色結晶のようにまゆばい光退廃に見ゆる煌螺を或るが儘に閉じ込められたらどんなに幸せな事か漫に続...

2010
27

峰の沢鉱山住宅跡 参

盲目の挫漠昇華した水の囁き枯れ朽ちたるも其は化石水の化石石は語る時の重なりだけ重く重く漫に続...

2010
26

大北海道(ハイキョ)展

さて。きのふから始まっております。北海道の冒険を共にした同志の1人・腐肉狼氏の。写真展で御座います。...

2010
25

峰の沢鉱山住宅跡 弐

覘くぞなもし直ぐさま視線向かうの足元転がる漫ろ 抜けた魂嗚呼情も感も在りません是非も亡し漫に続...

2010
25

峰の沢鉱山住宅跡 壱

汝に告ぐ 晩久為る朝焼けと共に逆さ般若 蜜多味触人を呪わば 穴二つ漫に続...

2010
24

きのこのもり

。うん、まともに撮っていないんです(腐キノコをモサモサしていた場所みたいだよ。肺に菌付着しそふだヽ(´ー`)ノちぃと暑さで脳みそダダ漏れですが明日はきちんと更新します。...

2010
23

アナダラケ ニ

*******************************************...

2010
22

K小学校 お

そう遠くも無い明日に華と共に散るさよならを云うには遅すぎるだからせめて……今もまだ、残ってはいるでしょうけど、そう遠くない日に、ダムに沈む小学校。寂しさは覚える、けど。…せめて、忘れないでいる事が、餞になるのかもしれない。...

2010
19

K小学校 え

いがぐりあたまに  たわしあたまわしわしがしがし  なでくりまわすにぃとわらう  すきっぱめんこいがくどうのえがお  まんまにたいようつづく...

2010
18

K小学校 う

目に見える世界だけが、全てになってしまった子供の頃は、そうじゃなかった、そうじゃなかった筈だ忘れるもなにもすでに無いそんなおとなは、「大人」じゃない、「オトナ」だ残念ながら大多数。失笑言うだけなら簡単だぬねぃ(´ω`)つづく...

2010
17

K小学校 い

白墨に塗りつぶされる青い、青い思い出今では忘れ白い雲に隠れるように何かに追われながら毎日を生きているつづく...

2010
16

奔別炭鉱跡 八

花刳退廃 最期に色を覚え散り際にもう一華 咲かせませうの百の昼 億の夜更けますの 東雲ですの栄枯渇水故味は蜜終幕...

2010
15

奔別炭鉱跡 七

翳すら見えぬ足音反芻ざわり耳残りぞわり肌は鮫立ち口に覚えるあらめざらめの鼈甲色満ち足りぬ日々に寄り添うは仄蒼鼠続...

2010
10

奔別炭鉱跡 六

天上の光 天華の享楽白妙ちりぬる跫知らず不味入れますわ愚か優か続...

2010
09

K小学校 あ

ぼやけまなこではなつおねむあ続くといきははらへったつぢゅく。...

2010
06

奔別炭鉱跡 伍

尊ふべきも塵に埋み嗚呼無常情すら湧かぬ穢れは不本世は無常続...

2010
05

白き村 伺

久遠にも眠れぬ道祖神のみぞ知る行く末果て明日また捲り世は無常情け容赦生し老いの輪廻合掌...

2010
03

白き村 参

あもうも対話もなさるなら、支離に滅裂長いだけ絡まる呂律に止まらぬ手櫛、毛玉だらけの髪は真黒くまぁ不気味ここのつとうも過ぎ行きいつしか父も母もやや子を隠し閉じ込めた先は黴臭い屋根裏だとかまぁあの家はね最初からそうですから一の年には爪を捧ぎ二の年には髪を捧ぎ三の年には皮を捧ぎ焦点外れは始まりも糞も無いでしょう仏の道を外す等とはね畜生外道微塵の情けも無い四角車を回しませう続...

2010
02

白き村 貳

吊るし上げられ安っぺっちなんもだべぼろっちまんまでなんもねのおっかねもう、おっかねからかえろえなになんだってそこにいっぺしさえなんもきこえない続...

2010
01