SATIAN/39 -廃墟の影片-

廃墟/旧ソ連/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル頽廃放浪記。

東京爆心地 ~むっふり~

呪い、と云うものは。念、との勝負といいます。よく、呪いをかける時、「知られてはいけない」、と聞きます。が、そうでも、ないみたいです。と、まぁプロでもないので言いきれませんが。こう云う狂気に取り付かれた人物なら、さぞかし強い念を持って呪えるだろう、いやいやいやとんでもないプロセスを理解しないだろうから到底呪いだなんて……分かりませんけどね。どんな人物かも、分かりませんから。知りません、知りません知れば...

2011
30

東京爆心地 ~まっほり~

とりあえ。ず。裏手に回ってみる事にしました。弛み無き裏切り無きクオリティですね。なんだかやたら火に怯えているようですが、ゴミ屋敷の類いって、家にワシワシ小汚いの色々溜め込んでそこからよろしくないガスがもりもり発生していそうですね。よく燃えるのかな。かな。電波 vs 街の図式のようです。続く。...

2011
29

東京爆心地 ~げっそり~

こちら、入り口の、上で御座います。黄色い縦長の物体は、どうやら靖国神社のオフダのようです。何故、黄色い紙?で包んで?る??英霊達も涙目です。パッチワークみたいですね。容赦無くナンバー晒し上げです。慈悲の欠片もありません。一体何の襲撃から身を守っているのか分かりませんが、やっぱり何処を見ても狂気なのです。近隣住人の方々は、普通(?)に暮らしてはいるのですが……近づくと、なんか、ね、くさい、んですよね。...

2011
27

東京爆心地 ~ぬっほり~

こんにちは、新世界。僕にはなにがなんだかわかりません。や。世に言う。電波住宅と、カテゴライズされる住宅が、この世界にはあります。いつ、どこで、だれが、始めたのかは知りませんがとりあえず狂気ただただその二文字に限るのではないかと思います。アンパン禁ジャムおじさん涙目です。まだ続くかもな予感。...

2011
26

東京爆心地 ~ほっこり~

ある日ある時ある曜日。初夏の頃太陽きらきら晴れの日に。今日も僕はカメラを片手にワンデルングよろしくまちさんぽ。きもちいいなぁー。その日僕はとても気分がよかったのでキチガイの家にいました。ちょっと続くよ。...

2011
25

あの日あの時あの場所で

何処だっけだれだっけずっと待っていてくれた事だけは覚えている...

2011
23

小日向ひかげ

すきまを歩く手つなぎ橋こえ見えるはのぞく日を見れば夕刻おうちへ帰る帰らない帰れない...

2011
22

夏に消えた地下帝国

秘密基地は皆知っている...

2011
21

空を埋める

人は見上げる事ばかり...

2011
20

ヒカリ

「           」...

2011
19

のぞき、はせる。

ほぅほけきょ。...

2011
17

ハイズリ、ウズム

地に這うは虫蟲颶足にあぶみ 膿み広がる...

2011
16

カトリ

なにやかにやと、うん、夏には着々と近づいていますね。夕立五月雨上がりのセンチメンタルな残り香、蜩鳴く啼く夕闇の幻と、何かと夏と云うと夜が更ける頃合いの情景ばかりを思い起こすものです。震災のあったあの日は、まだ肌寒く冬用のコートを着て、一時避難先の神社であんよに膝掛けくるんで震えていたのに、もう、二ヶ月。たったの二ヶ月、早いなぁ。我が地元は、未だ瓦屋根直らぬ儘ビニールシートがかぶせてある家々、田んぼ...

2011
13

円形トライアングラー

天気も気持ちもいいこんな日に待ち人来ずみくじの天気は雨模様しろしろみしろ追えば追う程逃げるよ白兎追えば追う程哀れよ扁平矮馬陸追えば追う程輝く鳶の観察眼...

2011
12