FC2ブログ

SATIAN/39 -頽廃放浪記-

廃墟/旧共産圏/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル頽廃放浪記。

世 弌

ひのよきに、黄昏の刻経る十に百[ 続 ]...

2013
30

空谷跫音 貝

塵疎恢恢[ 続 ]...

2013
27

空谷跫音 一

夢渓幽悠[ 続 ]...

2013
26

ワンダーJAPAN 日本の不思議な《異空間》800、にょろっと記事掲載されました。

2013/9/23発売ワンダーJAPAN 日本の不思議な《異空間》800に、当方もちょこっと記事を載せて頂く事となりました。…廃墟ではなく、まさかの●●…!!(写真にはこっそり小ネタ仕込みw)一体何であるのか…気になる方も気にならない方も、是非。珍建築、珍スポ、巨大建造物、地下空間、戦争遺跡、珍寺珍神社、大仏大観音、B級グルメ、新宗教の巨大神殿、ダム、秘宝館、赤線跡…等等等異空カオスの魑魅魍魎な一冊です。何卒、宜しくお願い...

2013
25
2013
22

□□□□ #036

「美味しいモノ食べて美味しいモノの写真撮っているハズなのに、何食べて何撮ってもまずそうに見える奴いるよな。あれって、なんなんだろうな。」なんなんだろうね。個人的には、正気の沙汰ではない。感性の違い、で片付けていいものなのだろうか。と、ニラレバ炒めと出汁巻き玉子、ごはんにしめじとタマネギのみそ汁をこさえ(あ、あとアボカド+豆腐)、久々遥々やって来た某氏に振る舞いながら。そんな話しより目の前の飯だ。...

2013
21

AFO2013・夏

同じアフォなら踊らにゃソンソン...

2013
20

□□□□ #035

「ここは、都会の真空地帯だよ」一年半前、校了ままならないんだかなんだかとりあえず忙しそうだけど隙間がありそうなK氏を誘い真夜中忍び込んだ。星が綺麗な夜だった。そうでもなかったかな。記憶は曖昧だけどその場所は星空を丸ごと、吸い込んでしまいそう、そんな場所だった。もう、行けないけど。でも、もう一度だけ、星を吸い込んだあのお皿の上に、墜ちたい。明け方雨が降った。桜の花弁があっと云う間に散った。だから、K氏...

2013
19

全力で終わらなそうな夏も終わりそうな兆しが見えた頃で期待を裏切りギラギラ太陽そんなセオリー

夏の最後に大冒険たぶん秋も大冒険20何歳の夏休みだか知らんけど九十九里浜にはやってきてしまったよギアをあげていこうかファッキンアスホール写真はクリックするとでっかく見れて、にやっとするよ。...

2013
18

□□□□ #034

ある秋とも云えない暦の上では恐らく秋の昼下がり、出汁巻き玉子と漬け物とご飯とわかめの味噌汁に、タマネギの丸蒸し(バター醤油)をこさえモスモス食しながらぼんやりと。ようやく飛行機が飛んだ、午後、13時40分。台風、終わっちゃった。少しだけど、夏祭りが終わって、りんご飴の屋台の灯りが消えた時のような、少しだけ、そんな気分。と、云うと、非常に、不謹慎なのは、分かっている。あとは、早く晴れないかな。2013.0...

2013
16

悦懌晄礙連鎖偽曲 陸

者じ免のかたみ逢わせ忘失すたれをかも、しるひとにせむ尋常々禱之[ 終幕 ]...

2013
13

悦懌晄礙連鎖偽曲 伍

四辻めんぼまるいで退る[ 続 ]...

2013
11

悦懌晄礙連鎖偽曲 肆

煤と灰の凌霄花追躡浅墓 頞部陀の蟲々[ 続 ]...

2013
10

悦懌晄礙連鎖偽曲 参

あな心欝、昊言謂ふなりけり、ふるふるはなひる[ 続 ]...

2013
09

□□□□ #033

「貴方って風見鶏みたい」「なにそれ」「別に」「来たらいいじゃない」「今から?」「そう云う意味じゃない」「真っ白なマニキュアが欲しいんだ。何色にも染まらない白」「修正液でいいじゃん」「死ねばいいのに」「あーたしさくらんぼー」「干しぶどうみたいな顔しやがって」「元気?」「ぼちぼち」「大人になったな」「そうだね」「今となっては文字通り後悔しかしていない」「そっか」「ねぇ、今、君は幸せ?」瑣末な、思い出。...

2013
07

□□□□ #032

そうそれは余りにも瑣末で時間の経過と共に砂のように吹き荒び掻き消えてしまうものだ憶いとは墓標すら残らぬ...

2013
06

□□□□ #031

聴こえもしない鐘の音が聴こえる...

2013
05

□□□□ #030

天国に一番近い場所とか、地獄とか、じゃなくて、嗚呼此処は限りなく彼岸に近いこの世とあの世の境目なんだな、と思わせられるような、そんな、場所。...

2013
04

悦懌晄礙連鎖偽曲 貳

未宵蜘蛛線 やぐもたつ やぐもつまごめやえがきを小人国のスラメクサンやえがきつくる そのやえがき[ 続 ]...

2013
03