FC2ブログ

SATIAN/39 -頽廃放浪記-

廃墟/旧共産圏/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル頽廃放浪記。

東大島

2011
26

「あなたはなめらかな、うわのそら」

「この御守りは君に返します。ありがとう」

「本当は、怒鳴りたい。いつも我慢して、我慢して、我慢して、殴りたい」

「遊びだよね」

「嬉しいよ、受け入れてくれるから」
「ばかなんじゃないの」

「誰なんですか」
「誰なんでしょうね」
「バカにしているんですか」
「バカなんでしょうね、あなたが」

「最初からそう言っていたよね」

「顔のだらしなさは、おっぱいに出るんだって」

「だって」

「この空は何処迄も繋がっているから」

「見ているだけなんですね、いつも」

「もし、もしもの事があったら、お前だけは逃げろ。生き抜いてくれ」

「次言ったらぶん殴る」

「怖いんでしょ、本当の事が。離れて行く事が。一人になる事が」

「その“さよなら”に、覚悟はあるの?」

「あの時のあんかけ、ハムスターの味がしたよ」





komatsu201102_10.jpg





「知っているくせに知らないふり。見ているくせに見てないふり。
頭いいくせに本当にバカなんだね」

「きもちわるい」

「でも、村田君の手は温かかったよ」

「信じてくれないんですか」
「うそつく男程よくそういう事言うよね」

「トンソクみたいな顔しやがって」

「今となっては冗談だけどあの時は一家心中するかーなんて本気で言ってたんだよ」

「ぶんなげた」

「いつでもきなよ。たぶん、気まぐれにアボカドパイなんか焼いていたり、
すると思うからさ」

「もう少し生き方が近かったらね」

「この橋を渡る時、9割方職務質問されるんだ」

「味噌ラーメンにお酢、普通じゃないですか」

「なんでもかんでも粉チーズかけるその神経が分からない」

「愛情を相手に同化する事で表現する女、最っ高に嫌い」

「ポッキリ2万」

「顔面偏差値28」

「とりあえず、明日12時原宿竹下口抜けたところで」







嗚呼なんて、人間交差点。







にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へにほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
スポンサーサイト



0 Comments

Add your comment