SATIAN/39 -廃墟の影片-

廃墟/旧ソ連/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル写真ブログ。

何度交わしたさよならか

2011
07


何度でも、言っていいような言葉ではない。





sayonaranokaigan_1.jpg





にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へにほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
スポンサーサイト

2 Comments

赤い弾丸  

No title

YouTubeで長渕剛の詩を聞きました。 涙出ました。

何もなかったように今日も穏やかを装っている、、、 ほんとそんな景色ですね。

昔から思ってましたが、人間と自然の関係ってなんなんでしょう?
自然は絶対だといいます。だけど人間と自然を相対的にみる事は愚かなのだろうか? 自然に憎しみを持つことは無意味なんだろうか? 感謝をするように。

力の大小は、悪意があるかないかは、いや、そういう次元で考える事自体がちがうのか?

ただやっぱり長渕氏と同じく「享受」という言葉に否定ができない。
なんだろう、負けを認めるのともちがう、それをしなければ、自分がみえなくなるからかもしれないですね。

2011/06/09 (Thu) 09:03 | EDIT | REPLY |   

星野  

No title

こんばんわです。
本当に、ね、何もなかったように今日も穏やかを装っている…しっくりきます。
穏やかな海でした。信じられない海でした。
コンテナから漂うキツいゴム臭が一瞬だけ現実に引き戻すような。

やはり、自分も自然は絶対的なものなんじゃないかな、と思います。
だって全ての命ですもの。それを否定し憎しむ事は、己を否定し憎む事では
ないのだろうか、と。大げさかもしれないけれど。
共存・共生の関係が理想なんだろうけど、なかなかそうも、
いきませんね…

2011/06/10 (Fri) 01:54 | EDIT | REPLY |   

Add your comment