FC2ブログ

SATIAN/39 -頽廃放浪記-

廃墟/旧共産圏/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル頽廃放浪記。

東京爆心地 ~初夏の幻~

2011
28
そういえば次で最後ですと言いながらずっと載せていなかった、
電波住宅の続きを…


前にアップしたものども…
東京爆心地 ~ほっこり~
東京爆心地 ~ぬっほり~
東京爆心地 ~げっそり~
東京爆心地 ~まっほり~
東京爆心地 ~むっふり~






bakushinchi201105_031.jpg



しかし、この前千葉県某所をうろうろしていたら、
これまたヘビィな電波住宅(ゴミ屋敷)を発見しました。
(電波住宅は、ここではゴミ屋敷の類いとしております)
集めに集めた山のようなガラクタの数々、奇天烈な貼り紙(?)。
ガラクタは、一見売り物のようにも見える配置の仕方、
ゴミゴミとはしているけどそのレイアウトには家主の美学を感じ…
………たくはないですね。
写真は撮りませんでしたが、家主が家の目の前に座って、
何やら近所の方とお話ししておりました。
見た目は、普通のおじいちゃんでした。






bakushinchi201105_029.jpg




bakushinchi201105_028.jpg



マンホールを開けてもびっちり貼り紙されてそう(笑






bakushinchi201105_020.jpg



ゴミ屋敷を造りあげる人間は、一体どう云う心理をしているのか。
ちょこっと調べてみたら次のような点があげられていました。
・ゴミ屋敷の主は年配それも定年後の方が多く、特に男性の割合が多い。
・また、家族がおらず一人暮らしをしている人が殆どである。
・老齢になり失ったものへ代償行為(若さ・元気・友達など)
・財産及び生活への不安感の払拭(本人にとっては、価値のあるものに見える)
・孤独の代償行為や気を引くため(話題になればテレビがやってきます)
・痴呆などの疾患

………
てか、病気ですよね(腐






bakushinchi201105_027.jpg



なんとなく千葉県にはゴミ屋敷・電波住宅の類いが多いような気がします…
さっきあげた例とは別の物件も、少しだけ撮っているので、
それはまた別の機会……にもしなくていいかな。美しくないし…





bakushinchi201105_024.jpg



そんなわけで終わります。







にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へにほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
スポンサーサイト



2 Comments

赤い弾丸  

No title

いやー、何なんでしょうねー、 まあ美や芸術とはかけ離れてはいると思いますが、
創作活動ではありますよねー。歪曲した原動力に基づいて行われている・・。カルトな念は感じます。

また支離滅裂なのわかってて読んじゃうw なんだこりゃあとか思ってもつい・・読んじゃうw んーくやしいw

これね、まわりもみんなやっちゃいましょう!自由な発想で各々が。町内全域。
これ本舗は悲しいですよ~~ 主張が埋もれるんですから。二次的行動に出ますよきっと。 どうすんだろ?

2011/07/28 (Thu) 14:14 | EDIT | REPLY |   

星野  

No title

赤い弾丸さん>
世に言うアウトサイダーアートってやつですかね。。カテゴリ分けするなら。
埼玉にも確かこんな感じの家あったはず。真っ黒い家が確か。
ついつい妙な中毒性にやられて、読んじゃいますよね。笑。
家主がどういう人生歩んだのか気になるところです。

2011/08/01 (Mon) 02:39 | EDIT | REPLY |   

Add your comment