SATIAN/39 -廃墟の影片-

廃墟/旧ソ連/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル頽廃放浪記。

星を見に行く約束なんてとっくに忘れたさ / 第一回 平成24年度、廃校夏祭り

2012
15
二十歳で死んだロック・スターがいた。
彼は死して『英雄』となった。

奴は言った
「ハタチでしにゃ英雄になれるってんなら、
俺は今すぐでも死んでやったさ」

ハタチで死んだら英雄。

自殺なら英雄。
他殺なら同情お涙劇場。
事故ならうつけ者。
エイズならアスホール。

同じく奴は言った
「45歳でセミ・リタイア、糖分の海に溺れて死んでやる」









suzuri_19.jpg









「ねぇ、ほんとに45で死ぬの?」









suzuri_26.jpg









「ああ本当さ、俺に二言は無い」
「彼は自殺で死んだけど言ったけど、貴方は何で死ぬの?」









suzuri_17.jpg









「糖尿病」
「?」
「糖分の海に溺れて死んでやる」
「貴方は本当にナチュラル・ボーン・バカ」









suzuri_6.jpg









「私、星が好き」
「は?」
「ねぇ、貴方ってね、将来絶対結婚出来ないと思うの。
顔はいいかもしれないけど性格クズで口も悪くて勉強は出来るけどいつも人を見下していているでしょ」
「バーカそれは俺が天才だからだよ」
「努力しない天才はね、ただの人なんだよ。
貴方はそれ以下。
それに天才は、人を認めた上で乗り越えていくから、天才なの」









suzuri_5.jpg









「お前見てろよ今度のテストで5教科全部100点取ってやっからな。
俺が努力しなくても天才でい続けられる事を証明してやる」
「あら楽しみ。じゃ、全部100点取れなかったら、どうしてくれるのかしら?」
「お前の言う事なんでも聞いてやんよ!」
「ふーん」



「なんだよ」
「じゃぁ、全部100点取れなかったらね。
一緒に星を見に行こう」
「…は?」
「私、来年から東京の学校に行くの。進学校なんだって。うっかり受かっちゃった。
だから、もうあんまり会えなくなるかも」
「…」









suzuri_14.jpg









「貴方がもし10年経っても一人だったら、私お嫁さんになってあげる。
この村のこの場所で、この星を一緒に見よう」









suzuri_13.jpg









「…なんだそれ、ばっかじゃねーの」
「貴方みたいな性格ブッサイクは多分一人だろうから、
別に5教科100点じゃなくてもお嫁さんになってあげていいのよ」
「うるせーブス!」
「あらなによ腐れポンチ」









suzuri_18.jpg









バーカバーカ

近しい昔の遠い笑い話。
遠い昔の遠い笑い話。









suzuri_23.jpg









奴の遺影は、清々しい程舐め腐り切っていた。
モノクローム、両手中指突き立て喋りさえしなければ端整な
その顏を小憎らしく歪ませる。

いつ撮ったのよ。


奴の葬儀には、奴の両親と私、
そして大学時代の唯一の親友ケイスケの四人しか、いなかった。


どんな悪党でも、葬式に10人くりゃ救いがある。
ミリ分の100でも1000でも情けをかける余地がある。
だけど、10人もこなけりゃ情けの余地も無い、
救いも無い本当のロクデナシだ。
と云う父の言葉を思い出した。

口減らずの殺しても飽き足りないようなボンクラだったが、
骨になればナンも一緒だった。
拍子抜けする程、真っ白。
摘まむと軽く、カロンと音を鳴らし壺に転がる。


あれだけ糖分を摂っていたのに口に含んだ奴の骨は、
ただただに無色透明な灰の味しかしなかった。

なんだ、残念。
窩糸糖幾千万溶かしたグレナンデンシロップみたいに
どす黒い甘さだと信じて疑っていなかったのに。

裸以上の裸になった彼奴は、
ただただに、
ただただの、
何のヘンテツも無いただの、
蛋白質だった。

何だか分からないけど何かを期待していたのに、
ホトホト鵐に、残念。
泣きもしないわ、余りにアホらしい。
だからせめて、餞に笑うわ。
鍍金みたいに。









suzuri_24.jpg










***************************


昔の話しに肉付けしました。。
どれか分かった人がいたら、うん、ちょっぴり、嬉しい。
本当にいた人の、話し。
たぶん、まだギリギリ生きていると思う。
生きていると、信じたい。
世の中、愛すべきゴミクズばかりだ。

努力しない天才は、本当は天才なんかじゃない。
「それに天才は、人を認めた上で乗り越えていくから、天才なの」
ここ八ヶ月で、間近でそれを、見させて貰って心底感じた事です。
いいもの見させて貰った…アタイも頑張るの…。
これからもずっと見ていたいな…。



第一回 平成24年度、廃校夏祭り
と云う企画に参加させて頂きました。
企画者様の山下氏には感謝!ありがとう!
他の参加者様はここで見れるのかな?
多種多様な廃校表現が貴方を待つ、はず。


S中学校、合掌。







にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へにほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
スポンサーサイト

 廃墟 廃校 フィルム カラーフィルム 銀塩

2 Comments

赤い弾丸  

No title

努力の天才なんて言葉がありますね。
天才と呼ばれる人は努力の仕方も人とちがうことをやらかして持つ才能を最大限に生かせるのでしょう。加えて尋常ならざる根性を行使する。

しかしまー才能というのもファジーな言葉だと思います。生まれついての素材がちがうのは当たり前。
恵まれた素材だけで生きるのもよし。素材を錬金するもよし。

ただの石コロに生まれついても後者の方がはるかに楽しい気はしますけどね♪


2012/08/16 (Thu) 13:38 | EDIT | REPLY |   

星野  

No title

赤い弾丸さん>
こんばんわです。
言葉では分かっていても、「本物」をこの目で間近で見ると、
世界が、見る世界がなんだか変わった気がします。
写真やデザインの世界ではなく、全く自分の知らなかった世界の人なのですが。
きっとこれからも、ずっと見続けていけるだろうけど、
彼の、それ故の孤独との戦いはまだ始まったばかりだと思うと、
心底震えます。

錬金の方が絶対楽しい!わくわく!

2012/08/17 (Fri) 22:33 | EDIT | REPLY |   

Add your comment