SATIAN/39 -廃墟の影片-

廃墟/旧ソ連/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル頽廃放浪記。

新加坡共和国 -シンガポール旅行記 4

2012
27


続・二日目チャイナタウン。
わしわし進みます。








20121005_92.jpg



こちら翡翠色が美しいイスラム教の寺院、ジャマエ・モスク。
南インドからやってきたイスラム教徒が1826年に建立した国内最古のモスクです。
国内の重要記念建築物にも指定されています。








20121005_94.jpg



町中、カラフルな提灯で彩られていました。何かのお祭りだったのかしら。








20121005_46.jpg



表の裏、路地裏にやってきました。
路地裏に入った途端見慣れぬ様相… …なんだべさ…



20121005_47.jpg



なんと、路上の床屋さんでした。
初めて見る営業スタイルにわくわく。凄いな!男だったら試しに髪の毛切って貰ってたかも!








20121005_48.jpg



裏のこのゴミゴミしい感じ。ニヤリ。








20121005_51.jpg


可愛い三原色の配管にキュンと致します。
不意を突かれるこの感じ、良い。








20121005_49.jpg








20121005_53.jpg



こちらの仏教の道ばたにひょんと現れる神様達。
至る所にいらっしゃいます。



20121005_54.jpg



仏教は主に華僑系により、中国浄土教系が信仰され、全人口の32.5%を占めております。
華僑系は、道教の信仰者も多いみたいです(約8%)。








20121005_55.jpg



レストランで料理人をしているおにいちゃん達が、路地裏で賄い飯を食しておりました。
笑顔が素敵な明るいおにいちゃん達。



20121005_56.jpg



それなぁにー美味しそうー!とワキャワキャしていると、食べるかい?と、
一口くれました。…めっちゃ、んまい!
シンガポールのホッケンミーだよ、と教えてくれました。
ホッケンミー(福建麺)とは海老や野菜等と炒めたシンプルな炒麺で、シンガポール
定番料理の一つであります。








20121005_57.jpg



表通りには無い魅力満載の、路地裏。



20121005_59.jpg



20121005_58.jpg








20121005_60.jpg



別な床屋さん。
のんびりまったり、ずーっとお喋りなさっておりました。








続。



★前の記事…
新加坡共和国 -シンガポール旅行記 1
新加坡共和国 -シンガポール旅行記 2
新加坡共和国 -シンガポール旅行記 3



にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へにほんブログ村 写真ブログへ
スポンサーサイト

 海外旅行 シンガポール グルメ

2 Comments

赤い弾丸  

No title

うわっ 二枚目の提灯の写真はいいなあ ほんとに可愛らしいね~

撮ったタイミングがそうだったのかな?人も車も殆んどなく映画の撮影前みたいだ。
夜はどんなだったんだろうね♪

ワイルドな床屋w いや、星野さんそこは男じゃなくてもいきましょーよ!
やっぱそこは無表情で椅子に座って「おやじ、やってくれぃ!」って(笑)

2012/10/30 (Tue) 15:25 | EDIT | REPLY |   

星野  

信号が赤、車が来ないタイミングで撮ってみましたー。
青になるとブンブン車が走りますよ。
夜も行ってみたいですねー、きっと綺麗だったろうな…
夜は別な街を歩いていたのです。
ワイルド床屋、シンガポールの法律では唾吐くのも禁止だけど、
おっちゃんら路地裏ではぺっぺぺっぺ吐きまくっておりましたw

2012/10/30 (Tue) 17:47 | EDIT | REPLY |   

Add your comment