SATIAN/39 -廃墟の影片-

廃墟/旧ソ連/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル頽廃放浪記。

彼の地 3

2013
04



彼の握る鉛筆は4Bだった
彼の筆圧は頬を撫でる風より優しかった
描く線走る筆迹形象化する輪郭見えぬ世界を肯定する

死ぬ事は、失う事だけど、与える事でもあるんだ
この世の果ての言葉は極彩の無彩色




201305_skth_3_1.jpg













201305_skth_3_2.jpg













201305_skth_3_3.jpg













201305_skth_3_4.jpg













201305_skth_4_1.jpg













201305_skth_3_5.jpg













201305_skth_3_6.jpg
















〔合掌〕
…いつも、私の書く文章は意味が分からないと定評ですが(笑)実は色々、含まれている意味はあったりします。
ないと言ったのは嘘。その後付け加えるように、ないようである、と答えたのはその為であり。
ただ、別にそれは誰かに知られる事でもないし、私事の中でも秘め事である事象のひとつなので、曖昧な粘液甘味に包み舐り消して構わない事なのです。

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へにほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ
スポンサーサイト

 廃墟 彼の地 真空地帯 何も無い 風車 この世の果て 終焉

0 Comments

Add your comment