SATIAN/39 -廃墟の影片-

廃墟/旧ソ連/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル頽廃放浪記。

坂本小学校 - 斜陽の頃 五

2013
10



mojarikosms201302_79.jpg










mojarikosms201302_214.jpg










mojarikosms201302_172.jpg










mojarikosms201302_173.jpg










mojarikosms201302_219.jpg





[ 続 ]






ミステリー係のSちゃんとRちゃんは、カメラでボイラー室を撮りフィルムを現像に出した。
出来上がった写真は、今でも忘れられない。
ボイラー室の窓に写る無数の顔。
1枚だけではない。3枚撮れた。
一際目立つのは目を見開いたように見える赤くて大きな歪んだ顔。
3枚に、共通して写っていた。
それを取り巻くように写る、無数の白い顔。いずれも、目を大きく開けこちらを見ているように感じる。
暖かな日差し萌黄の頃、この季節ボイラー室は使われていない。誰もいない筈なのだ。
今迄数えきれない程心霊本の類いは見て来たけど、あの写真に勝る写真は…、未だに見た事がない。
「やった!撮れた!」
写真は翌日、『ミステリー新聞』に堂々掲載された。


ボイラー室の噂は本当だった!
記念すべきミステリー新聞第一号はおおいに話題を呼び、教室の外に貼られた事もあり他クラス、他学年の生徒達も集り休み時間毎に周囲を犇めかせた。
実際に、あんな写真、どんな「心霊本」の類いでも、見た事が無い。学校を卒業して数年経つ今でも…、あんなにも恐ろしい写真は、他に知らない。
噂が噂を呼び収束しない事態となり、流石に見兼ねた先生達が「この新聞をはずしなさい。そして写真も処分しなさい」とミステリー係のSちゃんとRちゃんに通告した。
「え、なんで?だって本当の事、本物の心霊写真ですよ!」
「だからだよ」

自分達の知らないところで、事態はもしかしたら、取り返しの付かない事に、なっていたのかもしれない。




続く






にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へにほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
スポンサーサイト

 廃墟 廃校 学校であった怖い話

0 Comments

Add your comment