SATIAN/39 -廃墟の影片-

廃墟/旧ソ連/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル頽廃放浪記。

恋のトンネル  …木枯らし編。2。

2014
15



恋のトンネルウクライナのクレヴァニ村(「村と町の間くらい」の地域という地区名)に現存する線路。



201402_chomishi_hsc_53.jpg



廃線に見えるこちら、何と現役であります。
チェルノブイリから直線で約360Kmに位置しており、元は冷戦時代旧ソ連でロケットを作る為の物資を工場に運ぶ為作られた私鉄なのだそうです。
衛星から情報をキャッチされないように、木々で囲いトンネルのようにしたとの事。
緑豊かな季節は本当にトンネルのように見えるものの、木枯らしの季節は如何せんトンネル感も薄れます。
現在でも一日にほんの数回、運搬用路線として電車が走っているそうです。
「the Tunnel of Love(恋のトンネル)」と地元の方からは呼ばれています。
トンネルの入り口では露天商がいて、謎のお土産を売っていました。最寄り駅からも遠い田舎にありますが、観光に訪れる人は絶えません。



201402_chomishi_hsc_36.jpg









201402_chomishi_hsc_41.jpg









201402_chomishi_hsc_17.jpg









201402_chomishi_hsc_23.jpg









201402_chomishi_hsc_48.jpg








また、緑の季節に行けたらいいな。



[ 終幕 ]



にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へにほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
スポンサーサイト

 鉄分 恋のトンネル ウクライナ 海外旅行 緑のトンネル クレベン

0 Comments

Add your comment