SATIAN/39 -廃墟の影片-

廃墟/旧ソ連/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル写真ブログ。

桜舞い

2015
21



儚いからこそ、美しい。
だが、それは原発という現実を目の前に突きつけられた時、果たして肯定出来るものなのだろうか。




2014_tmok69_59.jpg






2014_tmok69_169.jpg






2014_tmok69_102.jpg






2014_tmok69_93.jpg






2014_tmok69_69.jpg









私事ではあるが、前日、祖母が亡くなった。
所用の為丁度福島へ帰省していた所だった。
危篤の電話を受け、病院へ行くと、そこには呼吸の止まった祖母が横たわっていた。
心臓はまだ小さく脈打っていた。
身体はまだ温かかったが、次第に、冷たくなっていった。
左じゃなくて、右の首の方から、冷たくなっていった。
まるで、祖母に呼ばれたような帰省だった。


「女はね、背筋をピンと伸ばして、一本の線を歩くように真っ直ぐに歩くのよ」
7歳の時に言われたこの言葉に、私は強い感銘を受け、今もずっとそれを守り続けています。
文武両道に秀で、詩吟の 總傳(総伝)である、立派な方でした。
機嫌がいい時はいつも歌っておりました。笑顔がとても眩しい人でした。
どうか、安らかに。



にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へにほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
スポンサーサイト

 3.11 震災 福島 富岡 夜ノ森 ぬるん

0 Comments

Add your comment