SATIAN/39 -廃墟の影片-

廃墟/旧ソ連/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル写真ブログ。

満州国は黄金郷の夢を見たか 2

2016
29




「俺も行くから君も行け、狭い日本にゃ住み飽きた。
海の彼方にゃ支那がある、支那にゃ四億の民が待つ。」



201601_tantou_3.jpg



大正から昭和にかけて日本全国青年の満州大陸への憧れの血潮を咲かせた革命歌。
大志を抱き満州へ渡った若者たちが、どれだけいた事だろう。



201601_tantou_9.jpg





201601_tantou_8.jpg





201601_tantou_12.jpg





201601_tantou_25.jpg



当時日本は米国から石油・屑鉄、工作機械などを買入れて備蓄するための決済手段として「金」が必要だった。
朝鮮北部の山岳地帯には金鉱の埋蔵量が多かった為、大企業の日本鉱業や中企業の小林鉱業などの鉱山会社が進出し、金やタングステン採掘を競い合ったという。



201601_tantou_22.jpg



満州国の忘れられし遺産の対岸には、



201601_tantou_20.jpg



北朝鮮。



201601_tantou_26.jpg



ここは朝鮮北端の
二百里余りの鴨緑江
渡れば広漠南満州

極寒零下三十余度
四月半ばに雪消えて
夏は水沸く百度余ぞ


(朝鮮北境警備隊の歌(鴨緑江節)より)





201601_tantou_17.jpg










にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へにほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
スポンサーサイト

 鉱山 廃鉱山 廃選鉱所 金山跡 廃墟 海外旅行 中国 満州時代

0 Comments

Add your comment