SATIAN/39 -廃墟の影片-

廃墟/旧ソ連/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル写真ブログ。

うつろいゆく大都市・大連 -消え去るロシア人街-

2016
01



此処も、時と共に消えるのか。



20160226kakidashi_18.jpg



大連駅の北側に位置する、旧ロシア街。
帝政ロシア時代の行政区跡地で、多くのロシア人が住んだことからそう呼ばれている。
ロシア風情街の一番奥のロータリーのど真ん中に構えるは、満州資源館。
当初はこの付近を建築したロシアの会社である東清鉄道事務所が1902年に初代の大連市役所となった。



20160226kakidashi_21.jpg



そして日本統治後の1907年に東京から移転した満鉄の本社となり、満鉄の本社が1908年に現在の魯迅路に移転後は二代目大和ホテルとなった。なんとあの日本を代表する文豪・夏目漱石も宿泊した事がある。
その後、満州物質参考館、満蒙資源館、満州資源館と次々と転身し、終戦を迎える。



20160226kakidashi_20.jpg



金帆ホテル、満州資源館と並ぶ。朽ちても尚威厳は失われるどころか、燻し銀のように味のある姿となっている。
しかし、ここも取り壊されるのは時間の問題かもしれない。



20160226kakidashi_29.jpg



20160226kakidashi_32.jpg








20160226kakidashi_19.jpg



作られた観光地的観光地は、余りにものっぺりとしていて、シャッターを切る気にもなれなかった。
あの先に、本来の大連がある。人の生ける”ナマ“の場の方が、私は好きだ。



20160226kakidashi_1.jpg



20160226kakidashi_2.jpg



20160226kakidashi_4.jpg



20160226kakidashi_5.jpg



20160226kakidashi_6.jpg



20160226kakidashi_8.jpg



20160226kakidashi_12.jpg



20160226kakidashi_14.jpg








にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へにほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
スポンサーサイト

 中国 海外旅行 大連 遼寧省 スナップ ロシア人街 満州時代 旧日本 一人旅

0 Comments

Add your comment