SATIAN/39 -廃墟の影片-

廃墟/旧ソ連/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル頽廃放浪記。

トルコの東の果て、アルメニアとの国境の街・カルス - Kars -

2016
11


前日まで、猛吹雪のナゴルノ=カラバフにいたなんて。
前日までの国境越えが、すでに夢のようだった。
遠いようで近い。近いようで遠い。
トルコはアルメニアのすぐ隣だ。だけど国境は、全て断絶されている。越えられる事はまずない。
アルメニア国境地帯にあるトルコ最大の都市、トルコの東の果て・カルスという街に私はいた。



201609_kars_1.jpg



ホテルに着いてすぐ、シャワーを浴びた。あたたかい。約3日ぶりに、あたたかいシャワーを浴びた気がする。
ナゴルノ=カラバフのホテルは、外が氷点下10度以下でもシャワーはほぼ水、という具合だった。あゝ当たり前に当たり前の事が存在するって素晴らしい。



201609_kars_6.jpg



街については特になにも調べていなかった。アニ遺跡に行くという目的さえ遂行出来ればあとはなんとかなるかな、と。
アニ遺跡は別途ブログに掲載しているので、是非ご覧ください。私が、人生の中で行きたいと心の奥から渇望し足を運んだ場所ベスト3のひとつです(なんだそれは



201609_kars_20.jpg



トルコについても、この時は殆ど何も調べていなかった。そういえばアゼルバイジャンの国旗があったな。アゼルバイジャンとトルコは兄弟なんだよ、と、アゼルバイジャンで出会った女の子が言っていた。



201609_kars_18.jpg



201609_kars_12.jpg



カルスは再開発?もしている様子のある、古い、古い街だった。



201609_kars_24.jpg



201609_kars_25.jpg



人は皆懐っこく優しく、ロシア建築も残っている。トルコ語は全くわからないけど不思議と意思の疎通は出来る。大人っぽいけどたぶん彼らは中学生くらい。すんごい、囲まれた。日本人、やはり珍しいらしい。
アルメニアでは「キタイ?」と言われたけどこちらでは「チナ?」だ。「ヤポーニェ」ではなく「ジャポネ」で返す。



201609_kars_38.jpg



1月のカルスは、あっという間に日が暮れる。4時半にはもう真っ暗だ。
唐突に町中のモスクからコーランが流れる。
イスラム圏では何処でもそうなのだが、こんなにも壮麗に流れているのを聞いたのは初めてだった。
自然と、厳かな気持ちになる。



201609_kars_41.jpg



モスクをぼぅっと眺めていると、優しそうなおじさんに話しかけられた。
彼は運転手兼観光案内を生業としていた。
翌日アニ遺跡への案内を、料金もリーズナブルでなんだか面白いので彼に頼んだ。



201609_kars_47.jpg



暫し、夜の散歩が続く。







にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へにほんブログ村 写真ブログへ
スポンサーサイト

 海外旅行 スナップ トルコ カルス 一人旅 中東 街歩き

2 Comments

MAXY  

初めまして

初めまして マニアマニアルを見ました。特に廃墟は撮った事はありませんが、オールドレンズが好きなので星野さんの使われているレンズが気になり調べてみました。

放送中の写真もシフトレンズで撮ったようなジオラマ風写真が有り、色合いも良くイイネ!を押したくなる感じでした。

ペンタコン6用のMC ARSAT 30mm F3.5なんですね。何か意図して使われているかと思いますが、差し支えなければ、お聞かせ下さい。

 

2016/11/13 (Sun) 08:59 | EDIT | REPLY |   

星野  

To MAXYさん

初めまして、こんにちは。
マニアまにあるを見てくださりありがとうございます!
化女沼は昔から行く時にARSATばかりを使っていたので、今回のロケでも持って行きました。猿島ではしょこたんさんと千秋さんのお写真も撮るので、シグマのズームレンズを持って行きました。
ARSAT、大好きなのです。
一時期オールドレンズを買いあさっている、所謂レンズ沼にはまっていた時期がありその時に購入しました(笑
頭で考えず感覚でこれだ!と思ったものをポーンと買っていたのですが、自分の感覚に合ったレンズで、直感的に気持ちいいなぁー…と使っています。ふわり、と夢見心地の遊園地を切り取るのにとても向いているのではないかと思います。

2016/11/14 (Mon) 16:17 | EDIT | REPLY |   

Add your comment