SATIAN/39 -廃墟の影片-

廃墟/旧ソ連/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル退廃放浪記。

死して尚弄ばれる - 廃火葬場 -

2016
24



人間の死体のにおい。というものは、独特だ。
例え葬儀の為の防腐処理を施したとしても、5日も経てば頬は重力に負け、遺体は全体的に水分が抜けたかのように「ぺっそり。」としている。肌は土色となり「ああ、いよいよだな。」としみじみ思ったものだ。
穴に詰めた脱脂綿は体液の色に染まり、気にすればにおいも感じ取れる。
動物。とは違う、人間。のにおい。
それ自体には、何の感傷も抱かなかった。祖母の葬儀。

祖母は、私がたまたま帰郷したその日に、亡くなった。
危篤の連絡を受け、病院に駆けつけた時には心肺停止した直後だった。まだ、生のぬくもりが残っていた。
「あいちゃんの事を呼んだのかもね」叔母は言った。
祖母は、誇り高い女性だった。凛と、毅然としたハンサムな女性だった。
だからきっと、「上へあがってしまったら。」下の事など気にせず己の道を更にまっすぐに、歩んでいったのではないだろうか。
私が廃墟に行っている事は、知らずに祖母は死んだけど、知ったら知ったで「あれまぁ天晴れ。」などとカラッと笑うに違い無い。
夏空の真っ赤な太陽すら素手で吹き飛ばしてしまいそうな強い女性だった。



20161119_abandoned_crematorium_5.jpg



20161119_abandoned_crematorium_3.jpg



20161119_abandoned_crematorium_7.jpg



20161119_abandoned_crematorium_16.jpg



20161119_abandoned_crematorium_6.jpg



20161119_abandoned_crematorium_10.jpg



20161119_abandoned_crematorium_15.jpg



20161119_abandoned_crematorium_13.jpg



20161119_abandoned_crematorium_18.jpg








にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へにほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
スポンサーサイト

 廃墟 廃火葬場 ぬるん AbandonedCrematorium

0 Comments

Add your comment