SATIAN/39 -廃墟の影片-

廃墟/旧ソ連/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル頽廃放浪記。

不思議な飛び地・ナヒチェバン自治共和国 - Nakhichevan - オルドゥバド

2017
13



オルドゥバド県。
ウィキペディアではそう表記されているが、正式にはオルドゥバド区(地区)、ではないのだろうか…と思いつつ。



20161105_nakhichevan_158.jpg



ここは世界遺産候補に挙がっている街だ。嘗てはシルクロードの重要な貿易都市として賑わい中国、ヨーロッパ、インドからの隊商が往き来した。



20161105_nakhichevan_154.jpg



アゼルバイジャンとトルコは兄弟国の為、言葉も、文化も、そしてお茶も似ている。
トルコで飲んだお茶は世界一美味しいと感じたが、オルドゥバドのお茶はそれらを更に凌駕した。



20161105_nakhichevan_165.jpg



茶屋の前の木陰にテーブルと椅子が並べられ、おじ様方がお喋りを愉しみながらお茶を嗜んでいる。
「オルドゥバドのお茶が一番美味しいよ」
タクシーのおっちゃんは言った。何処までも澄んで、何処までも深い。喉に、腹に、心に沁み渡るお茶。



20161105_nakhichevan_170.jpg



たった一杯のお茶にこんなにも感動させられるとは…衝撃だった。



20161105_nakhichevan_67.jpg



20161105_nakhichevan_47.jpg



古い町並みをぶらりと歩く。
すぐそこに、イランがあるんだよな…この広大な景色が国境の向こう側まで続くのだろう。
いつか、必ず行こう。



20161105_nakhichevan_59.jpg



20161105_nakhichevan_54.jpg



20161105_nakhichevan_83.jpg







にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へにほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
スポンサーサイト

 アゼルバイジャン 海外旅行 ナヒチェヴァン 飛び地 旧ソ連 スナップ 廃墟 azerbaijan バックパッカー ordubad

0 Comments

Add your comment