SATIAN/39 -廃墟の影片-

廃墟/旧ソ連/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル頽廃放浪記。

現在ゴリラクリニックdigさんに寄稿させて頂いております - Articles on other media -

2017
31


今年の夏辺りから『ゴリラクリニックdig』という「オトコの“気になる”を刺激するメディア」にて記事を書かせて頂いております。
当ブログの趣旨とは違う記事をもりもりと書かせて頂いているので、興味がありましたら是非チェックしてみてください。
今回は今まで書いた記事を紹介させて頂きます。

※中には刺激が強い記事もございます、くれぐれも読む際は自己責任でお願い致します。





【閲覧注意】富士の樹海は想像以上に美しく、発見した死体は想像以上に……。GPS持参で青木ヶ原樹海を探索した話


201606_aokigaraha-forest_9-500x260.jpg

初っ端から樹海です。
初めて樹海を探索した時の記録。
美しい森かと思いきや、最後………
閲覧注意です。




【ハプバー事件簿】人妻に連れられてハプニングバーに行ったら、期待を裏切らず無事『ハプニング』に遭遇した話


いやもう、事故でした。
人妻の友人に騙されました。
おっかなびっくりの初体験の別世界へ…
一皮剥けました(謎




【7月26日は幽霊の日】女性廃墟カメラマンが語る、廃墟であった怖い話 「終わらない葬式の家」「温泉街のソープランド廃ホテル」


廃墟で本当にあった怖い話。
これだけ廃墟を巡っていれば、色んな意味で、色々ありますよね…。




【夏の怪談】廃墟カメラマン星野藍の「一人旅であった怖い話」~足音~


初めての一人旅。ワクワクとドキドキが詰まった終わらない卒業旅行。
キラキラまばゆい青春の甘酸っぱさ………で、私の思い出が終わる訳がない。
あれ以来、一人で民宿に泊まるのが密かに怖いです。




【戦車が残る街】女性写真家『星野藍』が見た、旧ソ連の秘境・未承認国家「ナゴルノ・カラバフ」の廃墟と戦争の爪痕


3f024b15786525d50fc2154c450f14aa-500x260.jpg

未承認国家との鮮烈な出会い。ここから、新たな旅は幕を開けたのかもしれない。
ナゴルノ・カラバフに関しては著書幽幻廃墟にも写真と文章を掲載しております。是非、お手に取ってご覧ください。




【激渋】君は旧ソ連を知っているか? ロトチェンコ・デザインから『コーカサス3国』へ~女性写真家「星野藍」の風景~


8c0c3027e3cfc3d644caab3847a505b01-500x260.jpg

アルメニア、グルジア(ジョージア)、アゼルバイジャン。
コーカサス3国に骨抜きになった2016年、そして未だその想いは費える事がありません。
今年はキヤノンギャラリーにて巡回展を開催させて頂きました。
来年は名古屋のキヤノンギャラリーにて開催します。
会期は2018年1月5日(金)~1月17日(水)、それでキヤノンギャラリーの巡回は最後となります。
また別な場所で、写真を展示する事も考えているので、その時は告知します。宜しくお願い致します。




【都市伝説】ホルマリンプールってマジで実在するの?「死体洗いのアルバイト」の 妙にリアルな体験談を父親から聞いてしまった話


死体洗いのアルバイト。
それは都市伝説などではなく、実在した!?
父上のリアルな体験談を持って、お届けします。




【エロとかじゃない】女性の私がとてもカジュアルな「SMバー」に行き、気が付いたら普通に鞭打ちしていた話


うっかり好奇心で、SMバーへと繰り出してしまいました。
初めて触れるSMの世界、少しだけ理解出来たような気がします…。




【常磐線開通】変わらぬゴーストタウンと変わりゆく「フクシマ」 ~女性写真家「星野藍」が見た福島県浪江町と富岡町の現在


048fa671e93ae242fff6b08485c44d4b-500x260.jpg

常磐線開通と共に、久々に訪れた“フクシマ”。
そこは死の街などではない、地に足をつけ確実な一歩を踏み出す生きた街がある。




【樹海都市伝説】 樹海歴15年「樹海マニアK氏」に聞く! コンパスや謎の集落や死体など樹海の話、そして樹海の今昔について


9-500x260.jpg

私を樹海にいざなった“ K氏 ”へインタビューを試みた!
面白い話をたくさん聞かせてくださいました。
ライトな内容なのでグロ耐性がない方でもサクサク読める…はず……。




今後も、ブログじゃ展開出来ない面白い話、刺激的な話、興味深い話などを記事にしていきたいと思います。
今年はこの記事を持ってブログの更新は終わりです。
来年は何処の記事から書こうか…未定です。
今年も一年、読んでくださりありがとうございました。来年も宜しくお願い致します。
良いお年をお過ごしくださいませ。


スポンサーサイト

 廃墟 樹海 海外旅行 旧ソ連 未承認国家 urbex abandoned コーカサス 福島 ノンフィクション

0 Comments

Add your comment