FC2ブログ

SATIAN/39 -頽廃放浪記-

廃墟/旧共産圏/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル頽廃放浪記。

聖ポール天主堂跡 - Ruínas da Antiga Catedral de São Paulo -

2019
03


ジリジリと肌焦がす陽の下、マカオを練り歩く。
カジノの煌びやかなイメージばかりあったが、一本路地裏に入ると懐かしさを覚える景色が広がる街に親近感を抱く。


20191125_Macao-100.jpg


街歩きの様子は次の回にて。


20191125_Macao-101.jpg


折角マカオに来たからには代表的な観光地・聖ポール天主堂跡は抑えておこうと思った。
ネットや本で見る限り壁しか残っていないようだし正直ショボそうではあるな…と思っていたが。


20191125_Macao-102.jpg


あ、いい感じ。人多いけど。
思っていたよりもカッコいい。


20191125_Macao-103.jpg


思っていたよりも迫力がある。


20191125_Macao-104.jpg


装飾も細かい。いいじゃないか。


20191125_Macao-105.jpg


聖ポール天主堂跡は、2005年に公式にユネスコの世界遺産マカオ歴史地区の一部として登録された。
1582年から長い期間をかけてイエズス会士によって建てられたこの天主堂は当時アジア最大、そしてローマ以東で1番美しいカトリック教会だった。
日本からも画工や職人を含む多くのキリスト教徒がマカオへ辿りつき、彫刻作成の作業に取り組んだ。
1640年に完成するも1835年の台風時の火事によって焼失。現在正面部分と階段のみが残っている。


20191125_Macao-106.jpg


正面裏側にも行く事が出来る。ちょっとした遺構見学の時間。


20191125_Macao-107.jpg


20191125_Macao-108.jpg


地下の納骨堂も見学する事が出来る。
人骨に驚き写真を撮る方が多かった。


20191125_Macao-109.jpg


正面の彫刻の意味も事前に調べてもっとじっくり見学すればよかった。


20191125_Macao-110.jpg


またいつか行くような気がするから、まぁいいか。
と、のんびりと街並みを見下ろしながら歩いていく。





CREA Traveller Autumn 2019 (新しさと懐かしさと 香港・
マカオ)
スポンサーサイト



 海外旅行 マカオ 澳門 世界遺産 アジア urbex Macao 中国 一人旅 教会

0 Comments

Add your comment