FC2ブログ

SATIAN/39 -頽廃放浪記-

廃墟/旧共産圏/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル頽廃放浪記。

ルーマニアの黒海リゾート・コンスタンツァ - Resort facing the Black Sea " Constanta " in Rumania -

2020
05


黒海に面するルーマニアリゾートコンスタンツァ
美しい廃墟と化したカジノを撮影する為に訪れたこの街だが、
カジノの撮影日数よりゆっくり過ごす日数の方が多かった街だ。


20200404_Rumania-1.jpg


黒海と旧市街地をミナレットから一望出来るオスマントルコ領時代に建てられたマフムード2世モスク。


20200404_Rumania-2.jpg


ミナレットは47mあり、ぐるぐると狭い階段をひたすら登っていく。
モスク内では頭をスカーフなどで覆う指示も特になかった。


20200404_Rumania-3.jpg


気持ちのいい海風。


20200404_Rumania-4.jpg


コンスタンツァはロマが多いのでスリに気を付けろと言われたが見かけなかった。
とても心地の良い街だった。


20200404_Rumania-5.jpg


トルコ系の人々が多く、イスラム教徒が多いのもコンスタンツァの特徴かもしれない。
人懐こい子供達。貫禄のある少年は今どのように成長したのか非常に気になる。


20200404_Rumania-6.jpg


フラフラと散歩していたらたまたま遭遇した共産チックなデザインの建築物。


20200404_Rumania-7.jpg


こうした偶然の出会いが嬉しい。


20200404_Rumania-8.jpg


可愛い猫。


20200404_Rumania-10.jpg


20200404_Rumania-11.jpg


食べ物も、何を食べても美味しい。


20200404_Rumania-12.jpg


レモネード。
旧ソ連や東欧界隈のレモネードだと、洋梨味でもアプリコット味でも“レモネード”だったりする。
が、こちらは生搾りレモンのきちんとしたレモネードだった。


20200404_Rumania-13.jpg


ルーマニア郷土料理ママリガはコーンミールを粥状に煮た食べ物で、
同じ黒海でも東部に面するアブハジアでもママリンガという殆ど同じの食べ物がある。
こちらでは魚のスープがかかったママリガを食した。スープを吸ってしっとりと美味しい。
ママリガはクスクスやパスタのように、様々な食べ方をする。
クリームソース、トマトソース、スープ、チーズ、はたまたママリガでボールを作り中に具を入れるなど。
お隣モルドバでもママリガを食す事が出来る。
イタリアのポレンタという食べ物にも似ているらしい。こちらはまだ未食だ。
ルーマニア料理は、18世紀にオスマン帝国領からハプスブルク家のハンガリー王国領となった為
隣国の旧ユーゴスラビアやブルガリアと比べトルコ料理の影響が比較的少ないことが特徴である。






ルーマニアを知るための60章
スポンサーサイト



 ルーマニア コンスタンツァ 黒海 東欧 ルーマニア料理 海外旅行 一人旅 郷土料理 港町 リゾート

0 Comments

Add your comment