fc2ブログ

SATIAN/39 -頽廃放浪記-

廃墟/旧共産圏/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル頽廃放浪記。

トビリシの廃線跡 - Abandoned Railroad Tracks in Tbilisi -

2023
07

トビリシの街を散歩している時、ふと建物と建物の隙間が気になった。
「これは…廃線跡?」



20220907_Georgia-urbex-80.jpg



折角なので進める所まで進んでみよう。



20220907_Georgia-urbex-81.jpg



ゴミが捨てられ草が踏みしめられた様子を見ると日常的に近隣住人が通り道にしているのかな。



20220907_Georgia-urbex-83.jpg



こうした廃線跡散歩は川越の西武安比奈線跡を追いかけて歩いた時以来かもしれない。



20220907_Georgia-urbex-82.jpg



左側が工場で、右側が様々な施設やアパートがあるようなエリアだろうか。



20220907_Georgia-urbex-84.jpg



レバーを動かしたくなる衝動。



20220907_Georgia-urbex-85.jpg



年季は入っているが現役施設なので恐らく使用しているものだろう。



20220907_Georgia-urbex-86.jpg



廃線跡と書いてはいるが、実は使用されている現役の線路だったりしたら…とふと思う。ないとは思うが。
気がつかれた方や知っている方などがいましたら、是非教えてください。



20220907_Georgia-urbex-87.jpg



表通りは人通りも多く賑やかなのに、夕方の街の片隅廃線散歩はなんとも裏寂しい。



20220907_Georgia-urbex-88.jpg



壊れた壁。ゴールはまだだろうか。



20220907_Georgia-urbex-89.jpg



暫く歩くと身に覚えのある景色が。あ、ここは。



20220907_Georgia-urbex-90.jpg



使用されなくなった列車の墓場だ。数日前に見に行った場所だった。
現役施設があり作業員が普通に歩いているので、列車のある敷地内に入る事はやめた方がいいだろう。
なるほどここまで繋がっていたのか。
散歩が終わる頃天気も崩れ雨がちらつき始めた。宿へ帰ろう、日も暮れる。

スポンサーサイト



 旧ソ連ジョージア海外の廃墟世界の廃墟廃線Georgiaurbexabandoned-place