fc2ブログ

SATIAN/39 -頽廃放浪記-

廃墟/旧共産圏/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル頽廃放浪記。

2020年 西成を徘徊した時のお話し4 - NISHINARI in OSAKA -

2023
04


西成へ訪れた際、どうしても絶対行きたいお店があった。


20230325_nishinari_2000-145.jpg


ホルモンうどんの名店、きらく。


20230325_nishinari_2000-144.jpg


この店構えである。


20230325_nishinari_2000-146.jpg


入り口が閉まっている状態だと廃墟に見えなくもない。
昭和のまま時が止まったような味わい深い店である。


20230325_nishinari_2000-136.jpg


この安さ、この雰囲気、ここで空気を吸えるだけで幸せだ…。


20230325_nishinari_2000-134.jpg


お母さんがおひとりで営業なさっている。


20230325_nishinari_2000-137.jpg


ホルモンうどん。


20230325_nishinari_2000-138.jpg


想像よりもずっとワイルドなビジュアルをしている。匂いもかなり、ワイルドだ。
ひとくち食べて「!!!」脳天にダイレクトにクる味に驚く。


20230325_nishinari_2000-143.jpg


そしてワイルドな感じに粉末唐辛子が置いてあるので、容赦無く味変を楽しむのが吉。


20230325_nishinari_2000-142.jpg


見た目よりは辛くない。凄い…生きているって感じがする…。
ホルモン好きでも結構好き嫌いが分かれる味ではあるので、それを理解した上で訪れる事をススメる。


20230325_nishinari_2000-149.jpg


次に訪れたのは南自由軒。
先代が営業していた頃訪れた事があり、その時食べたオムライスの味が忘れられなかった。


20230325_nishinari_2000-150.jpg


二代目になり一度は西成を離れたらしいが紆余曲折あり再び戻ってきたらしい。
内装が綺麗になっていた。昔は昭和の町中華のような佇まいをしていた。
初めて一人旅をした時宿泊したのが西成で、その時たまたま南自由軒を見つけて入ったのだ。


20230325_nishinari_2000-147.jpg


20230325_nishinari_2000-148.jpg


あの時と味は勿論変わっていたけど、でも美味しいオムライスを堪能する事が出来た。


20230325_nishinari_2000-151.jpg


この日は食べ歩きの日。串カツも食べたいな…と思い串かつだるまへ。


20230325_nishinari_2000-152.jpg


味の濃ゆいモツの煮込み、嗚呼良い、正直白米が欲しい。


20230325_nishinari_2000-153.jpg


脳内麻薬が出る美味しさ…幸せ…ふふ…


20230325_nishinari_2000-154.jpg


西成徘徊食べ歩き、またしたい。


20230325_nishinari_2000-156.jpg


50円の自販機そういえばまだ購入した事がない。

スポンサーサイト



 大阪西成ホルモンうどん串かつオムライス食い倒れきらくurbex