FC2ブログ

SATIAN/39 -頽廃放浪記-

廃墟/旧共産圏/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル頽廃放浪記。

秩父・日窒鉱山・其の参(内部編

2008
01

更に調べたところ、現在、廃校の見学も禁止になってしまったそうです(前までは、事前に申し出れば見学させていただけたみたいです)。
瓦礫の山と化した山奥の街。物悲しいです。
壊したところで誰が得するのかしら。






20081128_22.jpg


窓からひょっこり失礼します。






20081128_16.jpg


巧みに放置プレイ。






20081128_20.jpg


埃塗れ布団。






20081128_17.jpg


モノトーンに還る。







20081128_19.jpg


渡り廊下。
その昔、親戚が経営していた学生寮も、こんな感じだったな。
ボロっちくて冬は寒そうでポットン便所。雰囲気が暗くて好きじゃなかった。






20081128_18.jpg


道行く先は崩落の成れ。






20081128_21.jpg


琥珀色にもなれない色の無い過去程悲しい物はない。
ただただに物悲しく、忘却の彼方へ。






20081128_43.jpg






20081128_42.jpg




では、さようなら。




1室だけ、入れない部屋がありました。
女人を模る日本人形がガラスケースに入れられ、放置された部屋だったのですが。
よく皆入れたなぁ。
何かこう、結界、じゃないけど、来る者を拒む何かを、放っていた。
今じゃすっかり瓦礫の下でしょうけど…。
残念です。


スポンサーサイト



0 Comments

Add your comment