FC2ブログ

SATIAN/39 -頽廃放浪記-

廃墟/旧共産圏/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル頽廃放浪記。

足尾銅山周辺・廃村落・其の壱

2009
02
粉雪舞う寒空の下、キシキシと寒さで痛む膝を抱え踏み入れし地は
過去の栄華。


寒いと膝痛いとか………orz
アレかな、中学時代バカみたいにスキーやりまくったからかな…かな…
自重しないで錐揉み回転とかしたからかな…かな…
交通事故でぶっ飛んだからかな…かな…
体中の間接がバキバキと骨折したような音を立てるので(特に首やばい)
よく色々な方に心配されます。
大丈夫、ありがとう、もう駄目だから、だいじょ、う、ぶ!!1












asio200812_.jpg











寂しい街に寒さも忘れるぬくいにゃんこ。












asio200812_5.jpg











遠巻きに見ゆる果てゆく過去。













asio200812_9.jpg











禿げ山にちらぢら粉砂糖。













asio_haioku_13.jpg











カーナビに表示はされるもののすでに
役目を終えた生協。なんだかなぁ…













asio_haioku_1.jpg











サイレントヒル。
ちょっぴり小高い処にあります廃村落部分。












asio_haioku_2.jpg











絵に描いたような廃屋。
風に身を任せ朽ち果てるがままに。












asio_haioku_3.jpg











ぬるん!













asio_haioku_5.jpg











外から窓を覗くは過去を覗く行為ですが
内側から窓越しに外を覗くと未来を覗く行為ですね。廃墟と云うものに
おける概念として。
だから、廃墟の窓から見える景色てのは、妙に胸が高鳴る、かも。
置いていかなければならない、と云う絶対的な時の前提、絶対的な寂しさは、
涙に打ち震える高揚感に繋がるのです。














続きます。



ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



2 Comments

赤い弾丸  

なーるほどね!
外からは過去、中からの景色は未来かあ。。

そういう捉え方はしてなかったなー

サイレントヒル・・・観ましたよ~あの監督は正真正銘のヘンタイですな。
あれは今までにない不気味さだったなー

今回の写真ですごーーく思い出すのがバイオ4(笑) 景色激似。

2009/04/04 (Sat) 00:46 | EDIT | REPLY |   

U1  

空間の中における建築、ではなく、廃墟と云うものは、時間の中における建築、なのだなと思うのです。


サイレントヒル、映画はなっかなかフェティッシュですよね~
エロイ!クリーチャーのエロースがたまりませぬ。
バイオ4、確かに…!あの不気味な村、おっかないですよね…
まだクリアしてないです。。何処迄プレイしたっけ…忘れてしまいました。

2009/04/06 (Mon) 16:23 | EDIT | REPLY |   

Add your comment