FC2ブログ

SATIAN/39 -頽廃放浪記-

廃墟/旧共産圏/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル頽廃放浪記。

ト或鉱山・再来/参 - 持越鉱山 -

2010
03
所詮自らを取り囲む世界など、「そんなもの」、だ。
当たり前は、当たり前のように足下から崩れ去る。








motimoti200911_12.jpg








明日が明日の侭続くとは限らない。
歪曲の序章はたった一粒の種、たった1mmの傷、たったの一言に








motimoti200911_15.jpg








大義に名分。
理由など何でも、知らないだけで誰でも良いのです。








motimoti200911_28.jpg








融点53℃沸点174℃常温昇華に見えぬ雲へ叫ぶ。








motimoti200911_35-1.jpg








続続続続続続




ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



2 Comments

赤い弾丸  

No title

本当だね。
我々は‘所詮’鉄筋もしっくいもない細い石積みの上を歩いてるんだろうね。

だから必死にバランスを取ろうとするし、一たび崩れれば誰かの所為にした
りと過ちも犯すしね。

だからこそカッコよく歩きたいよね。周りがひやひやしても華やかなステップ
踏んでみたり♪
崩れちまったら無言で苦笑いすりゃいいんだ(笑)

2010/02/03 (Wed) 21:45 | EDIT | REPLY |   

U1  

No title

赤い弾丸さん>
鉄筋もなんもな、不安定な足場かどうかすら分からない上を、
手探りしながら歩いている、よふな感じですよぬ。
年を取れば取る程、どれだけ自分達が明日の見えない世界で
生きているか、痛い程感じます故辛いでする。

崩れてもまた美しく、ありたいものです…!
苦笑いしても、きっとカラカラ笑い飛ばしてくれる人がいますよ。
お空飛びたいですねー。

2010/02/05 (Fri) 12:19 | EDIT | REPLY |   

Add your comment