FC2ブログ

SATIAN/39 -頽廃放浪記-

廃墟/旧共産圏/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル頽廃放浪記。

参・清越金山 よ

2010
06
コンプレッサ箱買い(間違いです







seigoshi.jpg








200911sei_19.jpg








200911sei_18.jpg








yuuyakesei.jpg








空飛びたいと思った時、誰が手を繋いだ侭でいてくれるだろうか。
続く限り誰にも等しく夕刻は訪れる。

少しだけ、懐かしい。
少しだけ、戻りたい。

嘘だけど。








にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へにほんブログ村 写真ブログ アート写真へ

スポンサーサイト



2 Comments

赤い弾丸  

No title

U1さんの作品みてて“廃墟に絡むツタ”ってすごく好きなんだよね☆

前にも同じコメントしたんだけど、ツタが暗に物語る長~い長い時の流れ。

ツタが伸び続けて、建物の内外問わず自由に絡み続けたのって、
それを阻む要素が長い間なんら加わらなかったって事じゃん?

そんで遠い昔に「動きを止めた」ものが今もなお「動き続ける」ものを
無言で静かに受け入れている、そんな気がしてねえ・・。

好きですね。

2010/04/06 (Tue) 13:36 | EDIT | REPLY |   

U1  

No title

赤い弾丸さん>
どんもですー。
廃墟×蔦は、自分も大の大好物です。
廃墟の写真見ているだけの時は、あまりピンとこなかったと言うか
興味なかったのですが、実際撮り始めるとんもぅたまらない存在と
なりました(笑
蔦以外にも碧や花々がからんでくると、弔いの花なのか、再び生きる
証なのか、何やら思い起こされるものが沢山ありまする。

2010/04/07 (Wed) 12:14 | EDIT | REPLY |   

Add your comment