FC2ブログ

SATIAN/39 -頽廃放浪記-

廃墟/旧共産圏/未承認国家/国内外の”世界の果て”へ。ヒトノココロノスキマをキリトル頽廃放浪記。

松尾鉱山 薨去 弐

2010
13
想いは白妙と共に消えゆく熒火の如く






sirokuma2009_4.jpg






sirokuma2009_5.jpg






sirokuma2009_7.jpg














にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へにほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
スポンサーサイト



3 Comments

キワコ  

No title

一枚目・・・白い砂に埋もれているように見えました。

雪だったのですね。

さらさらと綺麗で・・・冷たさというより儚さを感じました。

2010/05/13 (Thu) 22:14 | EDIT | REPLY |   

ponichi  

No title

どうして廃墟と雪の組み合わせはこうも
刹那的な美しさを醸し出すのでしょう・・・!
朽ちた窓際に積もる雪・・・美しすぎます。ゾクゾクします^^;

2010/05/14 (Fri) 02:33 | EDIT | REPLY |   

星野  

No title

キワコさん>
こんにちはですー。
砂に埋もれた廃墟は、外国の廃墟のお写真で見たことがあります。
ただやはり砂漠の褐色の砂で、真白い砂に埋もれた廃墟は
見た事無いですね~。 何処かに無いかしら。。
春になってしまえば消えてしまう雪、一時の夢のよふな気がするです。



ponichiさん>
どもどもですー。
消えゆく事が前提…じゃないけど、廃墟の時間の刹那を更に
瞬の瞬きとさせるものがありますよね、雪さん。
寒くて仕方なかったけど、それ以上の美しさにやはり
魅了されまする…
引き続きお楽しみ頂ければ幸い也!

2010/05/14 (Fri) 17:03 | EDIT | REPLY |   

Add your comment